子育て・しつけ

聞かせて!先生のホンネ

聞かせて!先生のホンネ

― 園にはいろいろな行事がありますが、秋の運動会、11月~2月ごろに行われるお遊戯会・発表会にはどんな目的があるのでしょうか。

聞かせて!先生のホンネ

運動会は体を動かす楽しさを体験しながら、自分の体に関心を持つこと。それから、集団で同じ動きをするなど、自分を律して人と合わせることも目的です

聞かせて!先生のホンネ

学年によって目的は違ってきますが、どの学年でも、「何をするにしても一人ではできないんだよ」ということを必ず伝えています。

聞かせて!先生のホンネ

うちの園の発表会では、年少組は踊りと打楽器を演奏。年中組は音に合わせて動く劇が加わって、それぞれが役について自分の出番の時に動きます。年長組はセリフが加わります

― 年長になると、セリフを間違っても言い直せるようになりますね。

聞かせて!先生のホンネ

セリフが苦手な子の隣には得意な子を並ばせて、「お友達がセリフを忘れたら小声で教えてあげてね」と言っておくと、フォローもできるようになります。その子が家に帰って「先生に、○○ちゃんがセリフ忘れたら教えてあげてって言われた」と話したら、お母さんも劇に一体感を持ってくれて、セリフが苦手な子の成長を一緒に見守ってくれたことがあります

― わが子だけでなく、クラスの成長を喜ぶ。いいお話ですね。

聞かせて!先生のホンネ

本番だけでなくプロセスが大切なんですよね。子どもたち自身で話し合って役を決めていくところから本番までに、相手を認めたり、自分の役割を理解したりして成長していきますから

聞かせて!先生のホンネ

以前、紙テープで波を表現したり、効果音を出すのが得意で裏方に徹したいと言い張った子がいて、担任が「1回も顔が見えないとおうちの人が寂しがるから、1回は出ようよ」と説得してしぶしぶ出た子がいます(笑)。

聞かせて!先生のホンネ

一人一人好きなことが違うから、やりたいことを引き出し応援することが私たちの役割ですね

聞かせて!先生のホンネ

運動会にしろ発表会にしろ、たぶん保護者の方は、当日のその場面だけを見て、いろいろ感じられると思いますが、そこに至るまでのプロセスにもぜひ目を向けていただきたいですね

 ― お母さんたちもプロセスを知りたいと思います。先生方も知らせる努力を続けていきましょうよ。

特集 聞かせて!先生のホンネ

聞かせて!先生のホンネ

聞かせて!先生のホンネ

聞かせて!先生のホンネ

お母さんは「かわいそう」と思って帰れないのだと思うんですが、子どものために早く帰ってあげてください。お母さんが離れないことが、一日の始まりの妨げになってしまいますから。

聞かせて!先生のホンネ

泣いている子もお母さんが帰ればケロッとしていますから、心配しなくて大丈夫。

聞かせて!先生のホンネ

子どもの背中を押してあげてほしいですね。もう一つ保護者の方にお願いしたいのが、早寝です。お父さんが帰ってくるまで起きているという子どもが増えています。気持ちは分かるのですが、夜更かしすると朝起きられずに朝食を抜いたりして、子どもの体調に良くないんです

聞かせて!先生のホンネ

朝食を食べてこないと、園でも元気がなかったり、イライラしたり。睡眠不足で朝からゴロゴロする子もいます。

聞かせて!先生のホンネ

以前、朝食を食べさせてほしいと保護者から言われたことがありますが、朝ごはんはきちんと家庭で食べさせていただきたい。

聞かせて!先生のホンネ

この時期の子どもは、体力的にも無理をしているので、大人の都合で生活のリズムを崩すことがないようにお願いします。

 ― 子どもが楽しく健康に園生活を送るために必要なことですね。今日はありがとうございました。

特集 聞かせて!先生のホンネ

関連記事

関連記事

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。