子育て・しつけ

親子のハグが心を育てる

親子のハグが心を育てる

親子のハグが心を育てる

スキンシップを増やしたら問題行動が減った

ある保育園の協力を得て、スキンシップの効果を調べたことがあります。まず、普段から友達とすぐにケンカをする、かんしゃくを起こしやすい、注意散漫であるなどの行動が多く見られる園児6人を対象児として選び、3人ずつA・Bグループに分けました。
Aグループは友達同士で手をつないで輪になって踊ったり、補助員が子どもたちの肩や手によく触れる遊びを取り入れました。Bグループはいつもと同じように遊びます。これを週に1回、3カ月間続けたところ、スキンシップを増やしたAグループではみるみるうちに望ましくない行動が減っていったのです。
また、0~5歳の子どもを持つ母親120人に、子どもとのスキンシップの量と子どもの性格について尋ねた調査でも、スキンシップが多いほどかんしゃくを起こさない、落ち着いているなど、子どもの情緒が安定しているという結果が出ました。
このようにスキンシップは子どもの情緒や社会性を養う上で欠かすことのできない大切なものなのです。

スキンシップをとると人への信頼感や愛情が湧いてくる

先述した例だけでなく、最近の研究では、スキンシップをとると人への信頼や愛情を感じるオキシトシンというホルモンが分泌されることが分かってきました。
オキシトシンは母親が出産をするときや母乳を出すときに分泌されるものとして昔からよく知られていますが、最近になって、信頼や愛情に基づいた絆が結ばれるときに脳の中で伝達物質として働いていることが分かってきたのです。
例えば、オキシトシンをネズミに注射すると、それまで子育てに興味のなかった母ネズミが急にかいがいしく子どもの世話をするようになったり、仲間と群れて行動するようになったりします。人間も同じで、オキシトシンを鼻孔に噴霧し吸収すると、相手への信頼や愛情が湧いてくる作用が確認されています。
このオキシトシンを一番簡単に体の中に作る方法がスキンシップなのです。長い時間でなくても構いません。1回5分間くらいスキンシップをとっていると、体内のオキシトシンの濃度が徐々に高まっていきます。下降は少しずつなので、1日に数回短時間のスキンシップをとれば、オキシトシンが高いレベルでキープできます。例えば、手をつないで通園したり、一緒にお風呂に入って体を洗ったり、日常生活の中でできることばかりです。
スキンシップの素晴らしい点は、双方にその効果が表れること。親が子どもに触れると、子どもの体の中だけでなく親の体の中にもオキシトシンが作られるのです。

親子のハグが心を育てる

お話を聞いたのは

山口創さん

やまぐち・はじめ 桜美林大学心理・教育学系准教授。2歳と8歳の女の子のパパ。身体動作によって心がどのように変化するかを研究する身体心理学が専門。「子供の『脳』は肌にある」(光文社新書)、「ふれる なでる さする―手の力で人はよみがえる(仮題)」(草思社/ 5月中旬発行予定)など著書多数。

親子のハグが心を育てる

関連記事

関連記事

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。