子育て・しつけ

多くの子どもにとって、幼稚園は初めての集団生活の場所。
楽しい思い出いっぱいの園生活を送ってほしいと、ママも先生もいろいろと試行錯誤しています。
そこで今回は、3人の先生たちによる座談会と、全国のママ・先生へのアンケートを実施。
すると、お互いの“子どもに対する真剣な思い”が見えてきました。

座談会開催

子どものためになるのか
そこを基準に互いが協力

幼稚園で子どもたちと日々向き合っている先生たちが、子どもと向き合うことと同じくらい大切にしているのが、ママとの関わり。子どもの園生活を楽しく充実したものにするにはママとの協力は不可欠、と先生たちは口をそろえて話していました。

―今のママたちに対する印象は?

花井先生 とても丁寧に子育てをしている、という印象です。園に対してもきちんと向き合ってくれるママが多いので、子どもの小さな変化を一緒に喜んでくれるのはありがたいですね。

葉山先生 気に掛かることがあったとき、きちんと伝えてくれるママが増えたように感じています。それはとてもありがたいことなので、どんどん伝えてほしいと思っています。ただ、要望に応えるかどうかは、子どものためになるかどうかで判断するようにしています。たとえ保護者の希望でも、子どものためにならないことは、勇気を持って「NO」と言うことも必要だと思うのです。

実川先生 以前あるママから、「〝失敗〟という表現を使わないでほしい」と言われたことがあります。園としては、失敗から成功体験へ導くことが大切なので、決してマイナスな意味で使ったわけではなかったのですが…。

葉山先生 子どもやママにとって本当にいいのか・必要なのかを吟味することが難しいのかな?と感じることはありますね。SNSなどで得た情報が保護者間で「これはいいらしい」と広まり、検討する前にどんどんみんながそれに続いてしまう。「いいらしい」が連鎖することは少し心配だな…と思います。

共に成長を喜べたときが
先生になって良かった!と思う瞬間

―園生活では、ママとの関わりがたくさんありますが、うれしかったことは何でしょう。

実川先生 やはり、子どもの成長を喜び合えたときですね。例えば、「うちの子はスキップができなくて」という悩みをママから受けたとして、園でさまざまなやり方を試して、成功したとします。そのことを一緒に感動して共感し合えたときなどは、この仕事をやっていて良かった!と心から思います。

花井先生 「子どものペースで、できるようになるのを信じて待ちましょう」とママと見守っていたことができるようになったとき、一緒に喜び合えるのは本当にうれしいですよね。

葉山先生 私の園では、卒園児のママたちが在園児ママに向けてその後の生活について話してくれる会があるのですが、なんと卒園児が高校生くらいのママも参加してくれるんです。だから在園児のママは、小学生~高校生の様子もイメージすることができる。本当に感謝しています。

トラブルは成長の好機
子どものペースでの解決を待って

―逆に、これはちょっと困るな、と思うことはありますか?

葉山先生 子ども同士のトラブルへの対応でしょうか。ほとんどの保護者は協力的ですが、中には「うちの子は悪くないから、周りをどうにかしてほしい」というママも。そういったケースの場合、わが子の話だけをうのみにしていることが多いのですが、自分の子ども時代を振り返ってみてください。子どもは自分の悪いことを親には言いたがらないもの。それだけで判断するのは待ってほしいです。

実川先生 生まれて3~6年しかたっていないのだから、トラブルはあって当然。それを子ども同士で解決することが、成長へとつながります。そして、成長には時間が必要です。最近の保護者はすぐに結果を出したがることが多いように感じます。子どもの力を信じて、ぜひ見守ってほしいです。

花井先生 トラブルがあったときに、わが子の悲しみや怒りを受け止めて「嫌だったね」と共感することは大切。でもその後に「もう〇〇くんとは遊んじゃダメ」など、親の価値観を伝えることはできれば避けてほしいです。ママの発言は子どもにとって大きな影響を与えます。子ども自身は思っていなかったことでもママに言われると従ってしまうので、子どもがどうしたいか、を大切にしてあげてほしいですね。

実川先生 子どもから嫌なことがあったと言われたら、園に伝えてもらいたいです。先生同士で共有して、きちんと対応します!
ママとは違う立場で、でもママと同じように子どもたちを大切に思い、その成長に一喜一憂していてくれる先生たち。〝子どもが生き生きできる〟ことを第一に考え、お互いにとってより良い関係を築いていきたいですね。

座談会に参加してくれたのは

花井先生(仮名) 300人規模の幼稚園に勤務。教諭歴13年目。学年主任

葉山先生(仮名) 270人規模の幼稚園に勤務。教諭歴20年目。主任

実川先生(仮名) 120人規模の幼稚園に勤務。教諭歴24年目。副園長

次のページは
「これはどうして? ママの疑問に先生が答えます」

関連記事

関連記事

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。