子育て・しつけ

11月24日は「和食の日」。幼いうちに和食に親しんでほしいと思うママも多いですよね。
でも、箸の使い方や食べ方など、そのマナーは難しい…。
そこで、子どものための和食のポイントをレクチャー。マナーに自信がないママも一緒に!


教えてくれたのは
長島真理子さん

一般社団法人くっくるこんぺいと代表、NPO日本食育インストラクター1級。食育講座やイベントを開催。「食べる・育つ・つながる!」をコンセプトに、食育を伝えるおむすびカフェ「空と糸」を今秋オープンに向けて準備中。

和食もマナーも柔軟に考えよう

「和食」と聞くと、堅苦しいものをイメージしがちですが、和食には五味(甘味・辛味・酸味・苦味・塩味)、五色(白・黄・赤・青・黒)、五法(生・煮る・焼く・揚げる・蒸す)という言葉があり、一汁三菜がちょうど良い献立になります。また、四季折々の食材が食卓に並ぶのも特徴。ユネスコ無形文化遺産に登録されたのは、この食文化が評価されたからです。
これを意識して作れば、メインが子どもの好むメニューでもバランスの良い献立ができます。でも、必ず三菜にならなくても大丈夫。味と色と調理法が偏っていなければОKです。それは、マナーについても同じ。「〝上手にできない〞と〝やり方を知らない〞には大きな差があります。和食のマナーはおいしく、美しく食べるために長い年月の中で自然と生まれてきたものなので、意味のないマナーはないんです。ただ、子どもに徹底させるのは難しい。成長に合わせて教えてあげましょう」
幼児期は、味覚を形成する大切な時期。また、食に対する楽しい思い出が、その後の人生での食習慣のベースになります。マナーを守ることも大切ですが、まずは「楽しく食べること」が一番のマナーと思い、おおらかに見守ると、ママも子どもも豊かな食卓になりますよ。

マナー① 献立の基本

一汁三菜の置き方

和食は「一汁三菜(いちじゅうさんさい)」が基本のかたち。「菜」はおかずを意味し、基本の配膳(置き方)は写真のとおり。
まずは「ごはんは左、汁は右」と覚えましょう。

中川有美さん(40歳)・航希くん(6歳)親子、小林千恵さん(38歳)・かりなちゃん(6歳)親子がチャレンジしました

主食

和食の主役はごはん。「左側が尊い」という日本の習慣から、左に置きます。漬物がある場合は、ごはんの並びに置きます。

主菜

肉や魚などのメインのおかず。「汁」の奥に置きます。料理ごとに皿を分けるのが基本ですが、味が混ざらなければ一緒に盛っても問題なし

副菜

サブのおかず。「主食」の奥に置くのが基本。

みそ汁やお吸い物など。「主食」の右に置きます。

【秋の一汁三菜】

主食…ごはん
主菜…ブリの照り焼き
副菜…卵と鶏肉の炒り豆腐、切り干し大根のサラダ、
汁……きのことワカメのみそ汁

作ってみよう! 秋の一汁三菜レシピ

主食と副菜のレシピを紹介します。簡単だからぜひ作ってみて!

ブリの照り焼き

【材料】2人分

ブリ(切り身) … 2切れ
サラダ油    … 適量
【A】
しょうゆ … 大さじ1
みりん … 大さじ1
砂糖 … 大さじ1/2

【作り方】

① フライパンに油を熱し、ブリの表面を下にして並べ、焼き色がつくまで焼く。裏返して裏面も焼き色をつけ、蓋をして弱火にし、中まで火を通す。火が通ったら余分な油をふきとる。
② 【A】を入れて、中火でブリを焦がさないように絡めながら焼く。器にブリを盛りつけ、フライパンに残ったたれをかける。

卵と鶏肉の炒り豆腐

【材料】2人分

木綿豆腐 … 1丁(350g)
鶏もも肉 … 100g
ニンジン … 1/2本
干し椎茸 … 中サイズ2個
卵 … 1個
ねぎ(薬味用) … 1〜2本
ごま油 … 大さじ1
塩 … ひとつまみ
こしょう …少々
干し椎茸もどし汁 … 大さじ2
【A】
醤油(あれば薄口) … 大さじ1と1/2
みりん … 大さじ1
砂糖 … 小さじ2

【作り方】

① 鶏肉は皮ごと1cm角、ニンジンは4cm長さのせん切りにする。干し椎茸は水で戻して軸を切り落とし、薄切りにする。戻し汁は味付けで使うのでとっておく。ねぎを小口切りにする。豆腐は水切りをしておく。
② 鍋にごま油を入れて中火で熱し、鶏肉とニンジンを炒める。鶏肉の色が全体的に変わったら干し椎茸を加える。全体を炒め合わせ、塩・こしょうで下味をつけておく。
③ ②に豆腐を加え、ヘラで豆腐を食べやすい大きさにつぶしながら、炒め合わせる。 全体に油がまわったら、【A】を加え、弱めの中火で汁気を飛ばすように煮る。
④ 3〜4分煮て煮汁が少なくなったら、溶き卵を加える。卵を加える時は火を少し強め、全体に流し入れるようにする。ヘラで全体をやさしく混ぜ合わせ、卵が固まってきたら火を弱めてねぎを加える。

切り干し大根のサラダ

【材料】2人分

切干大根 … 20g
水菜 … 1/2株
【A】
マヨネーズ … 大3
白すり胡麻 … 大1
醤油 … 小1程
飾り胡麻(白すり胡麻) … 小1

【作り方】

① 切り干し大根は10〜15分水に浸けて戻し水気は絞り捨てます。水菜は4cmに切ります。
② ①を鍋で1〜2分茹でる。
③ ボールに【A】を入れて和える。味が薄ければ醤油を増やして調整する。
④ 器に盛り付け、飾り胡麻を飾る。

●もっと知りたい●

配膳は崩してもOK

食事中は、配膳をきっちり守らなくてもOK。食べやすさを優先して、奥の皿を手前に移動しても構いません。食べ始めたら、マナー良く食べられるよう置き方を変えてもOK。器を持って食べることが良しとされるのも和食の文化です。

主食が左が和の基本

「菜(おかず)」は煮物、焼き物、あえ物などバラエティー豊か。ごはんと一緒に味わいます。左手前に主食があるのは、左手で茶碗を持ちやすいことだけでなく、大切なお米を「ありがたく頂く」という心の表れです。

次のページは
「お箸と魚のマナーにチャレンジ!」

関連記事

関連記事

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。