子育て・しつけ

夏の過ごし方についての読者アンケートを読むと「子どもが夏休みで昼食に困る」「イライラが増える」など、悩んでいるママたちの声がたくさん聞こえてきました。そこで、今年の夏は気持ちがラクになるように、日本アンガーマネジメント協会の篠真希さんにハッピーに過ごすコツを教えてもらいます。

夏休みは「いつも通りができない」が当たり前!

子どもの夏休みが始まると、家事や買い物など、なかなかうまく進まずにストレスがたまります。ママのやることも多くなってどうしてもキャパオーバーになりがちに。なので、夏休みが始まったら「いつも通りにはできない」といい意味で割り切ることが大切です。
状況が違うのだから、家事に集中できないのは当たり前。いつもと同じように過ごそうとは思わずに、今の環境で自分が「できること」を明確にしましょう。例えば、時間はかかりますが、家事を子どもと一緒にやってみるのもいいでしょう。楽しい時間を共有することは親子の信頼関係を深めます。また、全てを完璧にやろうと思わないことも大切。子どもとの遊びを優先する日は、夕食を総菜で済ませるなど自分の中で優先順位を付けるとモヤモヤした気持ちを抱かなくなります。

子どもへの期待値のハードルは低く
褒めてやる気アップ

家事の次に「子どもが言うことを聞かない」という悩みも多いですが、子どもをコントロールするのは至難の業。なので、「そもそも子どもは言うことを聞かないもの」という前提でいると、子どもがちょっといい子にしてくれただけですごく感動します。必要以上に期待して子どもにプレッシャーをかけるより、褒めたほうが子どものやる気もアップ。「すごいね! やればできるもんね」と言えば、その気になってどんどんお手伝いしてくれますよ。できないことに目を向けるのではなくて、できたことに目を向けてたくさん褒めてあげてください。

自分の中の「○○べき」を一旦手放してみよう

では、なぜイライラしてしまうのでしょうか。それはきっと、自分が理想とする、“○○べき”にとらわれているから。「母はこうあるべき」「食事は栄養を考えるべき」という理想像を追いかけていると、できなかったときにネガティブな感情が膨らんで、「私の要領が悪いから」「子どもがわがまま言うから」などと考え、イライラの原因になります。だから夏休みは“べき”もお休みしてみましょう。
現代は、育児書やSNSから、常に理想がチラチラと目の前に見せられている状況。でも「自分らしく」てOK! こうやって悩んでいること自体が既に立派なママなのです。完璧を追い求めすぎずに、自分に自信を持って過ごしましょう。

怒りは氷山の一角

怒りは氷山の一角のようなもので、その陰にはさまざまなネガティブな感情が隠れています。子どもに怒鳴ってしまった後の自己嫌悪も、ネガティブな感情として怒りにつながることがあるので、必要以上に気に病まないようにしましょう。
©一般社団法人 日本アンガーマネジメント協会

発想の転換で毎日をハッピーに!

同じことでもポジティブに考えれば、ストレスフリー。読者から寄せられた夏の悩みに日本アンガーマネージメント協会の篠さんがポジティブに解答します。

  • Q

    子どもがなかなか寝てくれない
    生活リズムが乱れて心配

  • A

    現状に目を向けて 夏の終わりに子どもと約束を

気持ちが過去や未来に向くとイライラが増えます。夏休み明けの心配はありますが、先の不安のために叱るのではなく、目の前の時間を大切に、次の日の予定がなければまあいいか、と寛大な心を。夏休みの終わるころに子どもに幼稚園が始まることを伝えて徐々に戻していきましょう。

  • Q

    きょうだいげんかが絶えません
    毎日怒鳴って大変

  • A

    win-winを考えるけんかはあり
    コミュニケーションを学ぶ場

きょうだいげんかはルールを守れば大歓迎。お互いに気持ちや意見を伝え合うことで、問題解決能力が上がります。もちろん相手を打ちのめすような言動・傷付ける行動は絶対に駄目。「話し合って自分たちで解決してごらん」と言って傍観すると、子どもたちの成長が感じられるかも。

  • Q

    お昼ご飯を作るのが大変!
    毎日3 食考えることがストレスです

  • A

    レトルト、冷凍食品でもOK
    できる範囲のことをしよう

理想の母像をいったん横に置いて、ストレスを少なく回すことを考えましょう。一度に大量に作り置きしてもいいし、レトルト、冷凍食品など便利なものも上手に活用して、自分が犠牲にならない方法を見つけましょう。

  • Q

    ストレスがマックスに!
    噴火する前の対処法が知りたい

  • A

    ささいなことも「あ~幸せ~」と
    しみじみかみしめよう

小さなことでもイライラする時は、気分転換に好きなお茶を飲んで「あ~おいしい~」などささいなことにも幸せをじんわり感じるようにしましょう。プラスの感情を増やすことで、マイナス感情の割合を小さくすることができます。

ハッピーアドバイス
毎日小さなガッツポーズをしよう!


「子どもが残さず食べた」「車の駐車が一発でできた」など、小さなことに「よっし!」とガッツポーズすると、ポジティブ思考が習慣付きます。自分の良くできたことに目を向けて、気分を盛り上げましょう。

お話を聞いた人
篠真希さん

一般社団法人日本アンガーマネジメント協会アンガーマネジメントシニアファシリテーター。日本で初めて「母親のためのアンガーマネジメント入門講座」を開催。著書に「イラストでわかる 怒らずのばす育て方」(池田書店)など

イラスト/柴田ケイコ

こうやって乗り切った!読者の夏休み攻略法
はコチラ

関連記事

関連記事

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。