子育て・しつけ

「エデュテイメント」とは、「エデュケーション(教育)」と「エンターテインメント(娯楽)」を合わせた造語。今年度のあんふぁんでは、子どもの心身を豊かに育む「学び」と「遊び」について考えていきます。

「成人後の経済状態や生活の質を高めるためには、就学前の教育が最も効率的である」ことが、ノーベル経済学賞受賞者・ヘックマン教授の研究により明らかにされています。“教育投資”という中長期的な視点から、幼児期に必要な働きかけは何でしょうか。発達心理学に詳しいお茶の水女子大学名誉教授の内田伸子さんに聞きました。

イラスト/柴田ケイコ

お話を聞いたのは
内田伸子さん

うちだ・のぶこ/環太平洋大学教授、お茶の水女子大学名誉教授。発達心理学、言語心理学、認知科学、保育学を専門とし、「おかあさんといっしょ」(NHK)の番組開発や「しまじろうパペット」(ベネッセコーポレーション)の開発に携わる。「子どもの見ている世界」(春秋社)など著書多数

人格の基礎となる重要な幼児期
“主体性”を大切にした関わりを

昨年4月に施行された子ども・子育て関連三法に共通して、改定された大きな特徴が「子ども一人ひとりの発達状況に配慮した保育を行う」こと。これからの社会を生き抜く子どもたちのために、親や保育者により求められているのが、未就学期の子どもの“主体性”を大切にした関わりです。
発達段階において、子どもの脳が成長するのは全部で3回。「第一次認知革命」と呼ばれる生後10カ月~3歳にイメージが誕生し、記憶機能が活発に働き始めます。5歳半ごろから小学1年生にかけて起こるのが「第二次認知革命」。ママに「なぜ?」と質問されると、理由や根拠を言葉で伝えることができるようになり、他人の気持ちを想像して思いやる心も育ちます。「第三次認知革命」は9~10歳ごろ。意志力や判断力、モラル、情緒、アイデンティティーが育まれます。脳はその後も、意志や判断力を担う前頭連合野は65歳ごろまで(コロンビア大学脳科学のチーム・2017年)、記憶を担う海馬(歯状回)も90歳ごろまで(ウェブスラ大学脳科学のチーム・2015年)、緩やかに発達し続けるという研究結果もあります。
第一次認知革命から第二次認知革命が始まるまでの3~5歳は子どもの成長にとても重要な時期。4歳ごろに自信の土台のようなものが築かれ、その後の人格に影響を及ぼすと言われています。

内田さんより

五感を使った直接体験が多いほど、豊かな想像力が身に付きます。私たちが人生で出合う課題で、答えが決まっているものはほとんどありません。絵本や図鑑といった疑似的な経験も含め、直接体験は見えない未来を思い描く材料となり、より良い解決につながるはずです。

幼児期の遊び体験が
未来の学力につながる

子どもの力を伸ばすアプローチの例をいくつか挙げてみましょう。アジアの5カ国合同で1万5000人に「幼児の読み書き能力調査」を行ったところ、読みと書きといった模写能力では5歳になると家庭の所得による差はなくなりますが、語彙力においての関連は見られました(※1)。そこで、さらに調べたところ、習い事をしていない子よりもしている子の方が語彙能力は好成績という結果に。芸術系、運動系、語学・学習系の塾に通っている子どもの語彙力には差がなく、習い事の数による差も見られませんでした。つまり、所得そのものや習い事の種類、数と語彙能力には因果関係がなく、習い事を通じた多様なコミュニケーションにより語彙は豊かになることが推測されます。
また、難関試験を突破した子を持つ親に、幼児期に意識して取り組んだことを調査(※2)したところ、「思いっ切り遊ばせた」「一緒に遊んだ」「趣味や好きなことに集中して取り組ませた」と答えた親が多く、絵本の読み聞かせも十分に行っていました。幼児期の遊びや熱中体験は、頭のいい子に育てるための大切な経験です。


次のページは
「子どものためになるしつけとは?」

関連記事

関連記事

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。