子育て・しつけ

英会話にダンス、プログラミング、スポーツクライミングなど、親世代が子どものころにはあまりなじみのなかった習い事や遊びの数々。教育制度の改革で、「やらせた方が良いのかしら」と思う一方で、自分に知識がないジャンルは一歩踏み出しにくいですよね。
でももしかしたら、子どもの「好き」や「得意」がそこに隠れているかも。
未知のジャンルに飛び込むときの心構えとその世界、ちょっとのぞいてみました。

自分が子どものころに経験しなかった習い事や遊びで
子どもに“挑戦させた”もの、
これから“させてみたいもの”は?
(※複数回答)

1位 英会話…228人

●英語に緊張しないようにと思って始めましたが、狙い通りになっています。(39歳・4歳児のママ)

2位 体操…179人

●幼稚園のお遊戯でもひときわ目立ち存在感があります。曲が流れると勝手に踊り出し、「創作」ができるように。(42歳・5歳児のママ)

3位 ダンス…167人

●できないことに何度も挑戦する意欲が身に付き、集中力が上がりました。(33歳・4歳児のママ)

4位 プログラミング…153人

●打ち込むのにアルファベットが必要なので、自分でアルファベットを書く練習も始めました。(42歳・4歳児のママ)

5位 空手…95人

●マナーや礼儀、気遣い、力を付けることの目的などを学べています。(33歳・6歳児のママ)

※アンケートは2019年2月6日~3月5日、あんふぁんWebで実施。(有効回答数503)

挑戦させるときの考え方

ママが経験したことのない習い事や遊びにトライさせるときの心構えやポイントを、コーチングのプロ・谷亜由未さんに聞きました

Q 親が教えられないことを習わせても大丈夫?

A 分からないことを教えてくれるのが「先生」です

親が教えられないからこそ「習い事」。子どもが分からないことは、先生に聞けば良いのであって、それを心配する必要はありません。一方、「分からない」ことは、今やインターネットや書籍でいくらでも調べられます。「分からない」という思い込みの枠の外し方は簡単ですよ。

Q 将来、役に立つかを考えるべき?

A 生活力と結び付けてはダメ

親は「将来、それでお金を稼げるかしら?」と生活力に結び付けて考えがちですが、やりたいこと、好きなことは、その人にとって「生きる喜び」につながります。「将来」のゴールを就職で考えるのではなく、その後の子どもの人生まで見据えて、長いスパンで考えて。

Q いつまで続けさせるべき?

A 子どもの「続けたい」を優先しましょう

「やりたい」「好き」が見つかったら、子どもは「続けたい」というサインを出すもの。「まだ始めたばかり」「これをやらせたい」という親の執着心は捨て、次々と新しいことに挑戦させましょう。「コレだ」というものを早く見つけさせることこそが、大切だと思います。

Q させてみたいことが近所でできません

A まずはネットワーク作りを

今はインターネットで誰とでもつながれる時代。都会で刺激を受けさせたいと思う人もいれば、田舎で思い切り走り回らせたい、と考える人も。情報を多く持つ信頼できる人とつながることができれば、そのネットワークから情報を得たり、相互に行き来をすることも可能に。

価値観に縛られず子どもを信じて、「応援する」

これからは、何が生まれるか分からない時代。AIが発達すれば、仕事は減り、“遊びの時代”が来るといわれています。どこに住み、何をするかも自由。親は、いろいろな世界を子どもに見せてイメージを広げさせることが大切になってきます。「こうなってほしい」と願うのはいいけれど、その通りにはなかなかなりません。子どもは、思いもよらないものにハマることも。
これまでの価値観に縛られず、子どもを信じて、応援しましょう。

お話を聞いた人
谷亜由未さん

プレシャス・マミー代表取締役会長。学習教室の運営を経て、2006 年に起業。コーチング、インプロを使った企業研修のほか、PTA セミナーや子育て講座で講演。子どもが塾なしで東京大学に合格したのを機に、子育てのノウハウとコーチングをミックスしたプログラムを確立。2010 年同社を設立。ママの人生を考えるセミナーや講演に飛び回る

イラスト/柴田ケイコ

次のページは
「『分からない』から『一緒にやってみます』『見守っています』」

関連記事

関連記事

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。