子育て・しつけ

子どもへの絵本の読み聞かせ、していますか?
「小さいころに比べて、読む本の数が減ってしまった」というママもいるかもしれませんね。
しかし数をこなすことよりも、子どもと絵本を一緒に分かち合う「いっしょ読み」の姿勢が大切なのだそうです。
絵本との付き合い方を、「いっしょ読み」の視点から探っていきましょう。

お話を聞いたのは
秋田喜代美さん

東京大学大学院教育学研究科教授。教育心理学・発達心理学専攻。発達心理の観点から、子どもと絵本の関わりについてさまざまな研究を行っている。『絵本で子育て』(岩崎書店、共著)など、著書多数。

「いっしょ読み」とは絵本の本来の役割を表した言葉

「子どもに絵本を読んでも、最後まで集中して聞いてくれない」「途中で『これなぁに?』と質問されると、話が脱線してしまう」。ママたちからはこうした悩みをよく聞きます。「読み聞かせ」という言葉のイメージから、「しっかり読んで聞かせなきゃ」と思うのでしょう。
でも本来絵本の役割は「聞かせる」ことではなく、絵や言葉、世界観を「一緒に分かち合う」ことにあります。図書館司書など読み聞かせに携わる人の中には「絵本を読むとき、ママの視線の7割は子どもの表情に注いでほしい。話を追うのは残りの3割でいい」と言う人もいます。
幼児期はどうしても「やめなさい」という禁止の言葉と、「やりなさい」という要請の言葉が多くなりがち。でも絵本を読む時は、「◯◯ちゃんも、この絵本に出てくるくまさんみたいにブランコが大好きだよね」と話したり、笑い合ったり、うなずき合ったりする時間が自然と増えます。親子で同じものに目線を向けて楽しめるという役割に注目し、本来の絵本との向き合い方を表現したのが「いっしょ読み」という言葉なのです。

あんふぁん読者アンケートから

  • Q

    お子さんは絵本をどのように読んでいますか?(複数回答)

読み聞かせをしているかたにお聞きします

  • Q

    どのくらいの頻度で読み聞かせをしていますか?

  • アンケート実施期間:2018年7月4日~8月8日、有効回答数1228人

「いっしょ読み」の体験が子どもの一生を支えてくれる

読者アンケートでは8割以上の人が「親が読み聞かせをしている」と答えていますね。たいへん素晴らしい回答率です。
一方、少し気になるのは、年齢が上がるにつれて一緒に絵本を読む頻度が減っていること。幼児が一人で読むと、字を追うのに集中してお話の世界を想像する余裕がなくなります。小学校低学年くらいまでは親と読む時間を大切にしましょう。幼児期から中学生の時期までの間に「忘れられない絵本」との出合いがある人は、大人になっても読書好きだという調査もあります。いっしょ読みの体験は、その子の一生を支えるのです。
もう一つ大切にしてほしいのは、最後まで通して読むことにこだわり過ぎないこと。「子どもが絵に気を取られて話に集中してくれない」という悩みをよく聞きますが、そもそも「絵に言葉がついている」のが絵本。小説の挿絵とは違います。子どもの興味が絵に向かっているなら、その世界を丁寧に味わって。

学びに向かう力も「いっしょ読み」の中で育まれる

絵本を通して育まれる、代表的な力を紹介しましょう。

語彙力
同じ「ピンク」でも、「薄桃色」「桜色」など多様な表現に出合うことで、物に対しての認識も深まります。

想像力
挑戦や葛藤、友達とのけんかや仲直りのシーンを通じて、相手の気持ちを想像できます。

体験を秩序立てて語る力
過去の出来事やその時の自分の気持ちの語り方は、絵本を通して自然と身に付きます。

ただし、これらの力を身に付けさせようとして無理強いしたのでは意味がありません。まずは絵本の時間を楽しいものにすること。親子が安心して寄り添う空間の中で、学びの力も育まれていくのです。

「いっしょ読み」に大切な3カ条

子どもの表情を見るのが7割、話を追うのが3割

小学校低学年まではいっしょ読みをする

最後まで通して読むことよりも子どもの興味を大切にする

次のページは
うまくいかない!こんなときどうする? 絵本のいっしょ読みQ&A

関連記事

関連記事

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。