子育て・しつけ

祖父母との時間 じぃじ&ばぁばとの正しい付き合い方

祖父母との時間 じぃじ&ばぁばとの正しい付き合い方

祖父母はママの力強い子育てサポーター。子どもたちは祖父母とのゆったりした時間が大好きです。
今号では、子どもと祖父母との関係について読者の声を紹介。
園長先生には、「祖父母との付き合い方」についてアドバイスをいただきました。

特集監修西東桂子

※本文中などのママのコメントは「あんふぁん」12月号掲載「祖父母との関係」に関するアンケートに寄せられた回答から

祖父母との時間 じぃじ&ばぁばとの正しい付き合い方

祖父母は子どもにとっても親にとっても頼もしい存在。でも、ときには、祖父母の甘やかしすぎ、与えすぎがママのストレスになることも…。ご自身たちも年長さんのおじいちゃんとおばあちゃんである坂本洋園長と冨美子先生に聞いてみました。

祖父母との時間 じぃじ&ばぁばとの正しい付き合い方

長谷川将梧くん(年少)と
祖父の柴田皓介さん

昔遊び、伝統行事、礼儀…
教えてもらえることがいっぱい!

 じぃじ&ばぁばは、なんといっても、酸いも甘いも知り尽くした人生の大先輩です。生活習慣や、日々のリズムも、若い世代のママたちとは大分違います。それがまたメリットでもあり、ときにデメリットと感じることもありますが、大半のママは「一緒にいるだけで、学ぶところ大」と肯定モードのようです。
 回答では「おはじきやお手玉、けん玉の遊び方をじっくり教えてもらった」「竹とんぼを一緒に手作りした」など「昔遊び」を一緒に楽しめるというメリットを挙げている人が多数。
「日本の伝統的な季節の行事を一緒に祝う」「礼儀作法を教えてもらえる」といった声も。祖父母の、年長者としての常識や経験が存分に発揮されている様子がうかがえます。「親とは違った視点から子どもを見てくれる」「ゆったりと構えて接してくれる」ことをメリットとして挙げたママも。祖父母と接する機会をもったことで、それまで気づかなかったわが子の良い面を発見したという意見もありました。ワンクッション置いた対応が、子どもたちにもママたちにも発見や安心感、余裕を与えてくれているようです。

孫かわいさのあまり
言いなり、与えすぎは困りもの

 デメリットは、ずばり甘やかしすぎを指摘するママが大多数。
「おやつを欲しがるままに与えてしまう」「買い物に行き、ねだられるとすぐにおもちゃやお菓子を買ってしまう」「あれ見せて、これやって、といった子どもの要求に言いなり」などの回答が寄せられています。「食事の間隔や内容にはとくに気をつけているのに」「大人は自分の言いなりだと勘違いすると家に帰ったときに大変」「プレゼントはクリスマスやお誕生日のときと決めてあるのに」といったママたちの不満の声が聞こえてきます。
「叱っていると止められる」「自分が叱るときに『ママに怒られるよ』と言うので子どもが母を悪者扱い」という意見も。ママにとっては子育てを卒業した祖父母の「いいとこどり」に見えるのかもしれません。

大甘のじぃじ&ばぁばたちには何と伝えればよいの?

 孫かわいさのあまり、ついつい与えすぎ、やりすぎになってしまいがちなじぃじ&ばぁばと、ママたちはどう折り合いをつけているでしょうか。
「前もって自分たちの考えを伝えておく」あるいは、「その都度きっちり意見する」というママは少数。「ときどきしか会わないから」「唯一無条件に甘えられる存在だから」と目をつむるというママが大半のようです。ママたちとしては、祖父母はいろいろな面で頼れる存在なだけに、いつでも良い関係でいたいという気持ちが働くのかもしれません。
 子どもたちにとって、祖父母はどんな存在なのでしょう。祖父母と子どもたちがより良い時間を過ごすために、ママはどんなことに気をつけたらよいのでしょうか。

祖父母との時間 じぃじ&ばぁばとの正しい付き合い方

進藤桃子ちゃん(年少)と
おばあちゃん

祖父母との時間 じぃじ&ばぁばとの正しい付き合い方

関連記事

関連記事

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。