子育て・しつけ

働く小学生ママからアドバイス 小1の壁はこう乗り越えた! 

宿題や持ち物のフォロー

毎晩、宿題や持ち物を確認する時間を確保

宿題は学童でやってきますか?

基本的にやってくるけど、国語の音読は家。夕飯を作りながら聞くようにしています。

うちの学童は宿題をやる時間は設けてあるけど、やるかどうかは本人次第。丸付けとか、間違ったところを教えるのは親の役割なんですよね。

そうそう。ただ学童で宿題をやっても、全然集中できなくて結局やり直しになることが多くて。本人も大変だし、諦めて簡単な宿題以外は家でやらせることにしました。

うちは2年生になって、1年生の漢字を全然覚えてないことが分かって…(苦笑)。私が仕事をセーブして見ることにしたので、仕事量が保育園時代の6〜7割になりました。学校の様子がよく見えないから、コミュニケーションの時間も必要ですし。

連絡事項はプリントや連絡帳だし、保育園時代に比べて子どもの様子は見えにくくなりますよね。このギャップは大きいと感じます。

毎日のようにプリントが来て、うっかりしてると大事な連絡を見落としちゃったり。ランドセルの底でプリントがグシャグシャになってることもあって(笑)

忘れ物がないように明日の持ち物を確認してあげるのも、結構負担ですよね。

うちの学校は、給食用の箸やランチョンマットやマスクなどのセットを毎日持って帰ってくるので、5日分用意しています。持ち帰るのを忘れてきたり、洗うのが間に合わないとストレスだから。体操着は金曜に持って帰る決まりだけど、これも忘れてくるから2セット。ノートも全教科3冊ストックしています。

私は何をいつまでに用意するか、スマホのスケジュールに書き込んでます。「三角定規は何日に買う」とか、自分のToDoにしておかないと忘れちゃうので。


上沼さんの工夫 料理しながら音読チェック

入学前の準備

子ども自身がやるべきことの練習を

入学前の持ち物準備も大変だった〜!

特に算数セット! ネットで注文した名前シールを、つまようじで小さなおはじきに夜な夜な貼り付けて…(笑)。

文房具とか自分で買わなきゃいけないものも多いし。入学後も鍵盤ハーモニカや、絵の具を購入するから、その都度、名前付けがありましたね。

学校から入学式の日に文房具がそろったお道具箱が配られて、自分で用意したのは2Bの鉛筆とハサミくらい。名前付けで面倒くさかったのは色鉛筆とクレヨンぐらいかな。マスキングテープに名前を書いて貼りました。算数セットは学校の備品で、個人のものじゃないんです。

いいですねー、合理的!

入学前は手提げバッグとかの縫い物もありますね。手作りじゃなくてもいいけど、指定サイズのものは市販で見つからないし。実家に頼んで作ってもらっちゃいました(笑)。

子ども自身も、保育園時代から自分がやるべきことを自分でやる習慣ができているといいですよね。

そうですね。入学前に子どもにやらせておいてよかったと思うのは、家の鍵の使い方と、私に電話をかける練習。それと、家に帰ってきたら、汚れ物をバッグから出して席について日記を書く。その習慣が今は宿題に替わっています。男の子は時間がかかると思って、早めに教えました。

私は先輩ママに「雨の日にカッパや傘の片付けが一人でできなくて困る子が結構いる」と聞いたので練習しましたね。

確かに小1の壁は感じましたけど、子ども自身もどんどん成長してできることが増えていくし、親子で奮闘しているうちに、なんとか乗り越えちゃう。

乗り越えたと思ったら、また次の壁が来たりしますけど(笑)。

それもきっと、乗り越えちゃいますよね(笑)


高木さんの工夫 あらゆるものを多めにストック

まだまだあります!

読者アンケートで聞いた

先輩ママのアドバイス

■不安定な気持ちを愛情たっぷりに受け止める

小学校や学童は、保育園ほど一人一人をきめ細かく見てもらえないので、子どもが不安定になりやすかったです。「愛しているよ、大好きだよ」と抱き締めたり、自信を持たせるような前向きな言葉を掛けたりしました。(埼玉県のママ)

■困ったときはママ友に思い切って甘える

台風などで臨時休校や始業時間がずれるときに困り、ママ友に頼みました。以前はママ友って面倒くさそう…と思っていましたが、心を許せる人ができたし、思い切って甘えてみることも大事だと感じました。(東京都のママ)

■仕事を続ける理由や意義を子どもに理解してもらう

子どもが「働いていないお母さんもいる」ということを知り、「仕事を辞めてほしい」と言いました。辞めると家計的に生活がどう変わるか、分かりやすい例で具体的に話し、どちらがいいか選択してもらいました。(神奈川県のママ)

※あんふぁんぷらすアンケートより

関連記事

関連記事

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。