子育て・しつけ

ママが気になる歯のギモン

ママが気になる歯のギモン

ママが気になる歯のギモン

お話を聞いたのは

井上美津子さん

いのうえ・みつこ 昭和大学歯学部小児成育歯科学教室教授。子どもの歯や口の健康は、「食べる」「話す」という生活機能を育てる上でも重要なものという観点から、子どもの口の健康をサポートしている。著書「子どもの食の育て方」(共著、医歯薬出版)、「指しゃぶり、おしゃぶり Q&A」(医学情報社) など多数。

ママが気になる歯のギモン

ママが気になる歯のギモン

歯磨き粉を使うと虫歯になりやすいという話を聞いたのですが、本当でしょうか?

ママが気になる歯のギモン

間違いです。

 歯磨き粉を使うことで虫歯になりやすくなることはありません。歯磨き粉を使うと「歯が減る」と誤解されている方がいるので、それと混同されているのかもしれません。歯磨き粉を使うから歯が減るのではなく、乱暴に磨くことによって起こります。子ども向けに甘い成分が入っている歯磨き粉も、その甘みが虫歯をつくることはありません。
 歯磨き粉について付け加えると、小学校入学前の子どもは、歯磨き粉は使っても使わなくても構いません。

ママが気になる歯のギモン

茶渋などの汚れが気になるのですが、子どものうちから研磨剤入りの歯磨き粉を使うのは良くないですか?

ママが気になる歯のギモン

汚れが気になったときに使う程度なら問題ありません。

 前項でも触れましたが、歯磨きのたびに、研磨剤入りの歯磨き粉でガシガシ乱暴に磨いてしまうと、歯をすり減らす可能性があります。
 また、うがいが上手にできない子どもの場合、研磨剤入りの歯磨き粉を飲み込んでしまうことがあります。中には飲む込むとあまり良くない成分もあるので、毎回使うのではなく、茶渋などの汚れが気になったときに使うようにしましょう。

ママが気になる歯のギモン

子どものころからデンタルフロスを使った方がいいのでしょうか?

ママが気になる歯のギモン

歯ブラシで磨けない場所はフロスを使うのがベターです。

ママが気になる歯のギモン

 子どもの虫歯は減ってきていますが、歯ブラシが届かない歯と歯の間に虫歯ができるケースが多く見られます。特に奥歯の2本の間。また、前歯が重なっている場合は、そこにも虫歯ができやすいです。どちらもブラシが入らないので、フロスを使った方がいいですね。
 園児には糸ようじがおすすめです。のこぎりを引くように入れて間をきれいにして、歯の面に沿わせてかきあげます。ママが使い慣れてきたら、お子さんに教えてください。園児なら少しずつ自分でできるようになります。

ママが気になる歯のギモン

フッ素入り歯磨き粉、フッ素ジェルやスプレーなどいろいろな商品がありますが、園児にはどんなものを選ぶのがいいでしょうか?

ママが気になる歯のギモン

3歳以下ならスプレータイプをすすめています。

 スプレータイプは、夜、普通の歯磨きをした後に、歯に直接かけてそのまま寝て構いません。フッ素が長時間歯に付いて浸透しやすいという長所があり、1歳代から使えます。
 歯磨き粉やジェルは、4歳以上になってからがいいでしょう。使った後はうがいをさせますが、ある程度口の中に残した使い方をした方がフッ素の効果が期待できます。

ママが気になる歯のギモン

ママが気になる歯のギモン

子どもが自分で磨く時間はどのくらいがいいのでしょうか?

ママが気になる歯のギモン

時間ではなく、1カ所20回が理想です。

 ゆっくり磨く子どもと早く磨く子どもがいるので、時間ではなく磨く回数を目安にした方がいいですね。奥歯は、かむ面、内側、外側…、上の前歯の内側、外側…、というように順番を決めて、1カ所最低10回(理想は20回)は磨くようにしましょう。自分なりの順番を決めておけば、磨き残しを防げます。

ママが気になる歯のギモン

ママが気になる歯のギモン

仕上げ磨きは何歳まで続けるのがいいのでしょうか?

ママが気になる歯のギモン

永久歯に生え替わる途中までは、ママにフォローしてほしいです。

 子どもが一通り乳歯を磨けるようになると、仕上げ磨きはしなくていいと思いがちですが、実は永久歯の生え始めが重要な時期なのです。
 生え始めの歯は高さがないので、普通にブラッシングしても歯にブラシが当たりません。ブラシの向きや角度を変えて磨かないといけないのですが、子どもには難しいのです。永久歯への生え替わりの途中(8〜10歳くらい)までは、できればママに磨いてほしいのですが、それが難しいようなら、時々「磨けているかな?」と子どもの磨き方をチェックしてあげてください。
 3歳までは子ども自身の歯磨きはあくまで練習。ママがしっかり磨きましょう。4、5歳になったら子ども主体で、磨けていない所をママが。永久歯が生えてきたら乳歯は子どもに任せて、ママは永久歯に集中するといった具合に仕上げ磨きのウエイトを減らしていきましょう。

ママが気になる歯のギモン

下の奥歯の内側を磨くと、子どもがオエッとなります。どう磨くのがいいですか?

ママが気になる歯のギモン

できるだけ舌を刺激しない磨き方をしてみてください。

 舌側にちょっと物が入っただけで嘔吐してしまう子と、そうでない子がいます。嘔吐しやすい子の場合は、できるだけ歯ブラシが舌に当たらないように、少し斜めにして歯に当てて磨くようにしてみてください。

ママが気になる歯のギモン

ママが気になる歯のギモン

強く磨き過ぎていないか心配です。確かめるための良い方法は?

ママが気になる歯のギモン

子どもが痛がっていなければ心配ありません。

 キッチンスケールを使って強さを確認する方法もあります。キッチンスケールの上に歯ブラシを当てて、普段通りの強さで歯ブラシを押してみましょう。200〜300gが適当な強さです。

関連記事

関連記事

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。