1. あんふぁんWeb
  2. 子どものやる気をはぐくもう わが子の意欲がアップした! ママの魔法の言葉

子どものやる気をはぐくもう わが子の意欲がアップした! 子どものやる気をはぐくもう! わが子の意欲がアップした!

ママの魔法の言葉 ママの魔法の言葉

わが子の頑張りを支えるのは、
いつも側で見守るママの声掛け。
子どものタイプ別に、やる気をぐっとアップさせたママの一言を紹介します。

illustration Togetoge.

あんふぁんWebから
資料請求すると

商品券1000円分が
15人に当たる!

1000円分商品券 応募はコチラ応募はコチラ 1000円分商品券 筆記用具
  • わが子はこんなタイプ 褒められて伸びる

    すごいね!ママびっくり!! エヘヘ

    魔法の言葉は…

    「ママ、びっくりした!」

    年中の娘には「ご飯を残しちゃって、ママ悲しかったな」「今日は、朝一人で起きられなくて残念だったね」と、できなかったことをはっきり伝えています。でも、褒められると伸びるタイプなので、できたときには「すごいね ! 今日はできてる。ママ、びっくりしたよ ! 」と、大げさに褒めます。(千葉県/内田友里香さん)

  • わが子はこんなタイプ マイペース

    大丈夫!

    魔法の言葉は…

    「あなたならできるよ!」

    スイミングの背面キックがうまくできなかった年中の息子。残念がっていたので、「鼻から水が入らないようにお口で息をしてみたら? 
    大丈夫、あなたならできるよ ! 」と背中を押しました。検定では見事成功 ! あれこれ指図せずに、優しく見守る姿勢がマイペースな息子には合っていたようです。(大阪府/津熊さおりさん)

  • わが子はこんなタイプ 完璧主義者

    手の振りかっこいいよ!

    魔法の言葉は…

    「いい失敗だね~」

    完璧主義で、うまくできないと落ち込みがちな4歳の息子。失敗したことを指摘すると逆効果なので、「次はそこに気を付ければいいから、いい失敗だね~」と明るく気持ちを盛り上げます。また、褒めるときは「この走り方がいいね」「手の振り方がかっこいいね」など、具体的に褒めています。(北海道/佐藤亜紀さん)

  • わが子はこんなタイプ 苦手なことをやりたがらない

    挑戦が大事!

    魔法の言葉は…

    「お友達と比べなくていいよ」

    縄跳びが苦手だった5歳の娘。無理強いするのではなく、「できるようになるスピードはそれぞれだからお友達と比べなくていい。でも挑戦する気持ちが大事なんだよ」と話したら、さっそく次の日から得意なお友達に教えてもらったそうで、少しずつですが跳べるようになりました。(滋賀県/三上弘子さん)

やる気アップのつもりが…逆効果!やる気アップのつもりが…逆効果!

  • 息子は褒められて伸びるタイプなのですが、褒めたすぐ後に「でもここはこうだよ」と
    間違いを指摘したら、一気にやる気ダウン。もっとタイミングを考えればよかった。
    (東京都/西山篤子さん)
  • 口出しされるのが嫌いな息子。縄跳びの練習をしているとき「こうやって構えて !」
    「大きく回して !」と言い過ぎたら、ヘソを曲げてしまいました。
    (奈良県/尾崎純子さん)
  • 慎重派な息子。「○○は何でもできちゃうこと、ママは知ってるよ !」と励ましたつもりが、
    「俺はできないんだ、ダメなんだ…」と卑屈になってしまいました。
    (埼玉県/高田奏子さん)
  • 娘は自分のペースで取り組むタイプ。つい「まだ○○やってないじゃん」と指摘したら
    「先に明日の準備をしてからやろうと思ったのに…」と落ち込んでしまいました。
    (愛知県/近藤美保さん)

クリップ