1. あんふぁん
  2. 南仏アベンヌ☆水のチカラ体験記 温泉水で肌ケアって気持ちいい
南仏アベンヌ☆水のチカラ体験記 温泉水で肌ケアって気持ちいい
年間約2600人が世界中から訪れるという「アベンヌ テルマリズムセンター」。 そこは南仏アベンヌ村に昔から湧き続ける天然温泉水を利用した皮膚ケア施設です。 今回は肌がデリケートな心翔くんがママと一緒に現地でのプログラムを 体験してきました。
フランス南部、アベンヌ(イメージ)
清原さん親子
美しいアベンヌ村で肌も心もリフレッシュ!
 南フランスにある人口わずか100人ほどの小さな村、アベンヌ。そこには長年大切に守られてきた息をのむような美しい大自然が広がっています。澄んだ空気、きれいな土壌、心地よい香りを放つ草花に「ここにいるだけで肌がキレイになりそう!」と久美子さん。
 心翔くんは、ガラスのように透明でキラキラ輝く川を見つけるやいなや猛ダッシュ! サンダルを脱いで「気持ちいい〜」と水遊びに夢中です。もちろん、約270年前からこの地に湧き出る温泉水にも、アベンヌ村の自然の恵みがたっぷり含まれています。
 「テルマリズムセンター」はそんなアベンヌ温泉水を使った肌ケアプログラムを受けられる施設。3週間の滞在が基本ですが、今回は清原さん親子のために2週間の体験プログラムを組んでもらうことに。初日はドキドキしていた心翔くんも、すぐに慣れてプログラムをエンジョイ! 心も体もリフレッシュできた滞在中の様子を詳しく紹介します。
ママ清原久美子さん
元テレビ金沢アナウンサーで、現在は子育てをしながら、フリーのアナウンサーとしても活躍。仕事で忙しくしていたころは不規則な生活がたたって吹き出物に悩まされたことも
息子心翔(ここと)くん
運動が大好きな小学2年生。幼いころから肌が乾燥しがちで敏感。汗をかいた後や宿題をしているとき、無意識にかいてしまうクセが
アベンヌ温泉水とアベンヌ村
写真右/かわいらしい看板や建物が並ぶアベンヌ村 写真中央/ガラス張りの外観が印象的な「テルマリズムセンター」 写真左/現地ではアベンヌ温泉水を飲むこともプログラムの一つ
南仏アベンヌ村ってどんなところ?
大自然に囲まれたアベンヌ村では、1800年ごろから温泉水の分析が進み、スキンケアに適した水として世界に広く知られるように。村には温泉水を無菌状態でボトリングできる工場施設も。自然に配慮して建てられた「テルマリズムセンター」では、アベンヌ温泉水を入浴や飲泉に用いて、一人一人の肌状態に合わせたプログラムを実施しています。

心強い旅のサポーター
サイえんす君

ピエール ファーブル ジャポンの研究員。スキンケアのことなら何でもお任せ! 今回は旅先でとっておきの情報を教えてくれました
心強い旅のサポーター サイえんす君
山の頂上から見るアベンヌ村の美しさに二人とも感激。明日からのプログラム、頑張ります!
日本から大量のご飯を持ってきたママの心配をよそに、現地の食事にすぐ慣れちゃった心翔くん。おいしいものでパワーもチャージ!
アベンヌ村に到着~ 大自然にテンションマックス!
 飛行機とバスを乗り継いで、ついにアベンヌ村へ! 深い緑と真っ青な空。小道にはラベンダーの香り。のどかな自然とかわいい街並みにママはほっこり、心翔くんはハイテンション! 早速、村を一望できる山の頂上を目指しました。
現地の食事
いよいよプログラムスタート 肌も心も癒やされる~
 いよいよケアプログラムスタート! カウンセリングの後、心翔くん専用のプランが完成。まずは初体験のジェットバスから。お湯の温度は肌の刺激にならないように33~34度とちょっとぬるめで、泡がボコボコ。「気持ちいい~」と湯船でくつろぐ心翔くん。ママと遊びながらつかっていたらあっという間に20分経っちゃいました。
【ポイント】アベンヌ温泉水のミネラル成分はカルシウムとマグネシウムが2:1。 これは肌にとって絶妙なバランスなのだ
沐浴場
施設内には昔の人が使っていた沐浴(もくよく)場も
ママと遊びながらジェットバス
アベンヌ温泉水
きゃー、こんなの初めて! シャワー&ミストに 大はしゃぎ
 全身シャワーを立ったまま10分間。通常は入浴とシャワーの、この "基本ケア" を3週間続けます。横になって温泉水の優しいミストを浴びながら、全身マッサージ(写真右)も受けました。あれれ? いつも笑顔だった心翔くんの表情が気持ちよすぎてトロ~ン…。

クセがなくて子どもにも飲みやすい
アベンヌ温泉水。心翔くんも思わず
ゴクゴク

全身シャワー
昔の薬草瓶が陳列されているコーナー
昔の薬草瓶が陳列されているコーナーも。アベンヌ温泉水の歴史について
しっかり勉強
水の研究所
アベンヌ村の「水の研究所」で、雨が岩盤を溶かす音を聞きました。酸性の雨は50年かけてアベンヌ温泉水になるんだって
ピエール ファーブル社の植物園
ピエール ファーブル社の植物園では絶滅危惧種も育てていました
アベンヌ温泉水とお肌のこと しっかり勉強もしたよ!
 植物園や水の研究所を訪ねて、自然のチカラが肌に与える影響について学びました。熱心にメモをとるママ。心翔くんにはちょっと難しい内容ながらも、自然ってすごいんだ!ということを理解できました。
【ポイント】フランスの水は「水道水」「湧き水」「ミネラルウォーター」の3種類。 アベンヌ温泉水はPH7.5の“ミネラルウォーター” に分類されているよ
日本へ帰っても この調子で頑張るぞ!
 2週間、アベンヌ村でプログラムを体験した清原さん親子。今回学んだことを帰国後も続けていくために、テルマリズムセンターの専門家にアドバイスしてもらいました。
手のひらを使ってゆっくり優しく
自宅で保湿クリームを塗るときは、ママの手のひらを使ってゆっくり優しく
自分で保湿にチャレンジ
何といっても保湿が大事。「自分でもやってみる」と心翔くんもチャレンジ
清原さん親子の肌ケアプログラム体験記は アベンヌ公式サイトでも公開中
ここでは紹介しきれなかった2人の様子を大公開! お子さんにも使えるアベンヌ温泉水使用のスキンケアラインについても詳しくチェックできます。
親子の体験記
テルマリズムセンターでも使われている 保湿ケアをチェック
テルマリズムセンターで実際に使われている商品は、日本でも購入が可能。角層の隅々まで潤いを与え、化粧水のなじみを良くするスプレータイプの化粧水「アベンヌ ウオーター」(150g /写真左)。
滑らかな伸びとしっとり感が続く、全身用保湿クリーム「アベンヌ トリクセラプラス エモリエントクリーム」(194g /写真中央)。潤いが長時間続き、全身を乾燥スパイラルから守る"濃密バーム"の「アベンヌ トリクセラプラス エモリエントバーム」(200g /写真右)。いずれもアベンヌ温泉水(保湿成分)を使用しています。
アベンヌ化粧品
商品に関する問い合わせピエール ファーブル ジャポン お客さま窓口 
フリーダイヤル 0120-171-760 受付時間/ 9:00~17:00(土・日曜、祝日除く)
http://www.avene.co.jp/