小学生ママ

お子さんの1年の成長を確かめるには?

11カ月でできるようになったこと、変化したことを書き出そう

お子さんの1年の成長を確かめるには?3月になりました。日差しもすっかり春めいて、早咲きの桜の花も見かけるようになりました。気分が自然とルンルンしますね。

さて、ここまで来るともうすぐ新学年。1年生のお子さんは、あと1ヶ月で下級生が入ってきて、学校ではお兄ちゃん、お姉ちゃんになります。思い返せば1年前、大きなランドセルが重そうだったお子さんたちも、すっかり背負う姿が板についてきたのではないでしょうか? 今月は1年を振り返ってお子さんがどんな成長をしたか、確認してみましょう!

まずは、この11カ月でできるようになったこと、変化したことを考えて書き出します。
 

・できるようになったこと(勉強、運動、日常生活、ゲームなど)
・作ってみたもの(図画工作、お料理など)
・できた友達の名前と数
・行ってみたところ(家族で、ひとりで)
・伸びた身長、増えた体重
・新しく始めたこと
・やめたこと(やめるという選択も大事な変化のひとつ)
・貯めたお小遣い
・買ってもらったもの
・もらったプレゼント、あげたプレゼント
 etc
 

こんな項目について、お子さんと一緒に思い出しながら書き出していってみましょう。書き出せたらお子さんに、それを見てどう思うかを聞いてください。そしてママからも、どう思ったかを伝えてあげてください。「こんなにたくさんできるようになったことや、やったことがあったのね!」と感激してあげてください。注意するのはきょうだいや、他の友達と比べないこと。あくまでその子ひとりの中での変化に注目すること。それはきっと、お子さんにとっても楽しくうれしい時間になるでしょう。

© milatas

子どものできるようになったこと、変化したことを認めていますか?

ここで、人の成長意欲を高める方法を語る時に、必ずと行っていいほど出てくる「マズローの五段階欲求」をお伝えしておきます。アメリカのアブラハム・マズロー氏が唱えた、人の欲求の生まれる順番の法則です。私たち人間の欲求は、最初に「生理的欲求」(食べたい、寝たいといった動物の本能的欲求)があり、それが満たされると2番目に「安全の欲求」(病気や危険から身を守りたい)が生まれ、それが満たされると3番目に「帰属の欲求」(家族やコミュニティなど、どこかの一員でいたい)が生まれ、さらにそれが満たれると「承認の欲求」(認められたい、ほめられたい)という欲求が生まれ、この承認の欲求が満たされて初めて、「自己実現の欲求」(こんな人になりたい)が生まれる、という法則です。日本人は「帰属の欲求」まではほぼ満たされていますので、あとは「承認の欲求」が満たされれば、成長意欲が高まるということです。

子どものできるようになったこと、変化したことを、こうやってひとつひとつ認めてあげること、つまり承認欲求を満たしてあげることが、お子さんの自信になり、成長意欲につながっていくのです。逆に承認しないで「もっとやる気になりなさい!」「なりたい自分を考えなさい! 夢を描きなさい!」と言っても無理だ、ということなのです。

自分でやる気になって、成長意欲の高いお子さんに育てるために、どうぞ小さな変化を一緒にひとつひとつ、認めてあげてくださいね。
 

プロフィール

谷 亜由未
谷 亜由未

プレシャス・マミー メンターコーチ
株式会社プレシャス・マミー 代表取締役。1児の母。
名古屋市立女子短期大学卒業後、富士通株式会社に勤務。26歳で出産、3年間の専業主婦の後、仕事に復帰。自宅にて学習教室の運営などを経た後、2006年6月、41歳で人と組織の活性化をサポートする株式会社ミュゼを設立。コーチング、インプロを使った企業研修の他、PTAセミナーや子育て講座で数多く講演。ひとり息子が塾なし、すべり止めなしで東京大学理科Ⅱ類1本受験で現役合格したのを機に、子育てのノウハウとコーチングをミックスしたプログラムを確立。2010年3月にママであることがキャリアになる日本を目指した株式会社プレシャス・マミーを設立。東京、大阪、名古屋にて、コーチ養成講座、トレーナー養成講座を開講。全国に認定プレシャス・マミーコーチを生み出す活動をしたのち、2016年1月、養成したトレーナーたちが講師を務める、パパとママが子育てと自分を学ぶ専門学校「プレシャス・カレッジ」の学長となる。2014年に開始したeラーニングも好評。2年間で240名の受講生を生み出す。またわかりやすく楽しい講演も人気があり、全国で講演を行う。2015年夏からは、逗子のリゾート地にて、ママの人生をきらめかせる講座を開講中。ママたちが楽しみながら自分を磨ける楽しいイベント、セミナーを随時企画している。

関連記事

関連記事

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。