小学生ママ

ママも立てましょう! 大きな目標設定のススメ

わが子を幸せにしたいなら、まずは自分が幸せになること

ママも立てましょう! 大きな目標設定のススメ年が明けたと思えばもう1月も終わりに近づいています。前回は楽しく達成しやすい目標設定の仕方をお伝えしました。今回は、直接子育てのことではないのですが、ママであるあなたにぜひ考えていただきたくて、もっと大きな視点での目標設定についてお伝えしたいと思います。

その前に、目標と目的の違いはわかりますか? 目的というのは「目指す的」、つまり最後に矢が刺さるところで、最終ゴールになります。言いかえると、「何のために」ということです。それに対して目標は、「目指す標(しるべ)」です。標は道案内、道しるべという意味なので、目標は的を射るために、つまり目的を果たすために通る道しるべのことです。具体的に言えば、「きれいなママになって、自信をつけたい」というのが目的。「そのために体重を5キロ落とす」というのが目標です。

さてここで、大きな大きな質問です。私たちは何のために生きているのでしょう? 人生の目的とは、何でしょう? すぐに答えられるでしょうか? 少し考えてみてから、読み進めてくださいね。

© BRAD

今ある幸せに気づけていますか?

「何のために生きているの?」と聞かれて、誰にでも共通の答えとしていえるのは「幸せになるため」ではないでしょうか? この世に不幸になるために生きている人はひとりもいないはずです。そうです、私たちの人生の目的は「幸せになること」なのです。

ではあなたにとっての幸せってなんでしょう? あなたはどういう状態になったら幸せなのでしょう? 子どもが賢くなって、いい大学に入って、いい会社に入って、いい結婚ができたら?でしょうか? お金持ちになって、世界一周旅行に行けたらでしょうか? 家事はアウトソーシング、そのうえで毎日エステ三昧できたらでしょうか? 値札を見ずにショッピングが好きなだけできるようになったらでしょうか? 想像して、ちょっとニヤニヤしてしまいましたか? もちろんそうなったらうれしいし、一見幸せに思えますよね。でもそうなったら本当に幸せなのでしょうか? お金持ちの中には、お金が減ってしまう恐怖と戦っている人がいるそうです。お金があっても、心許せる友達や、愛する人がいなかったらどうでしょう? わが子がいい大学に入って、いい会社に入って、いい結婚をすれば、自分は死ぬとき後悔しないのでしょうか? ということは、必ずしもお金があれば幸せということではありませんよね。そして子どもがこうなったら幸せ・・・というのは、子どもに自分の人生をゆだね、子どもに依存していることになります。「まわりがこうなったら」「誰かがこうしてくれたら」「状況がこうなったら」という幸せの基準は、もしも叶ったとしても、一瞬にしてなくなってしまう可能性もあります。何より人生のハンドルを、人や環境にゆだねているということになるのです。
 

では本当の幸せって何でしょう? それは、条件にかかわらず、心が満たされることです。心が満たされるというのは、あなたがあなた自身のことを好きになることです。プラスな面はもちろん、一見マイナスな面も含めて、「こんな私が好き」と思えることです。そうなると、日々の生活の中で、小さな満足や達成感を味わえるようになります。今ここに生きていることが幸せと思えるようになります。

幸せというのは「なる」ものではなく、ここに「ある」ことに気づくことなのです。人生の目的を果たすための目標があるとするなら、「自分を好きになること」「今ある幸せに気づけるようになること」ではないでしょうか?

あなたは今、自分のことが好きですか? 今ある幸せに日々、気付けていますか? もしもそうなれていないなら、今年は「自分を好きになる」を目標にしてみたらいかがでしょう? どうしたら、どうなったら自分を好きになれるのか、一度とことん考えてみませんか?

わが子を幸せにしたいと思っているのなら、まずは自分が幸せになることです。そのために、自分を好きになりましょう。自分を好きなママに育てられた子は、自然と自分を好きになります。そして幸せになります。よくいう「子は親の鏡」とはそういうことなのです。

今年は鏡に映る自分の姿をしっかり見つめて、磨いてみる年にしませんか? そうしていると必ずや、見える景色もまわりの人も変わってきますよ。ただし期待通りになるという意味ではないので、どう変わってくるのかはお楽しみ♪ でも必ずや、あなたが幸せになる方向に変わるはずです。楽しみですね。
 

プロフィール

谷 亜由未
谷 亜由未

プレシャス・マミー メンターコーチ
株式会社プレシャス・マミー 代表取締役。1児の母。
名古屋市立女子短期大学卒業後、富士通株式会社に勤務。26歳で出産、3年間の専業主婦の後、仕事に復帰。自宅にて学習教室の運営などを経た後、2006年6月、41歳で人と組織の活性化をサポートする株式会社ミュゼを設立。コーチング、インプロを使った企業研修の他、PTAセミナーや子育て講座で数多く講演。ひとり息子が塾なし、すべり止めなしで東京大学理科Ⅱ類1本受験で現役合格したのを機に、子育てのノウハウとコーチングをミックスしたプログラムを確立。2010年3月にママであることがキャリアになる日本を目指した株式会社プレシャス・マミーを設立。東京、大阪、名古屋にて、コーチ養成講座、トレーナー養成講座を開講。全国に認定プレシャス・マミーコーチを生み出す活動をしたのち、2016年1月、養成したトレーナーたちが講師を務める、パパとママが子育てと自分を学ぶ専門学校「プレシャス・カレッジ」の学長となる。2014年に開始したeラーニングも好評。2年間で240名の受講生を生み出す。またわかりやすく楽しい講演も人気があり、全国で講演を行う。2015年夏からは、逗子のリゾート地にて、ママの人生をきらめかせる講座を開講中。ママたちが楽しみながら自分を磨ける楽しいイベント、セミナーを随時企画している。

関連記事

関連記事

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。