小学生ママ

カータンの昔は私も新米ママだった!?

楽しくなければ趣味じゃない?

次女が「ピアノを習いたい」と言ったとき、真っ先に頭に浮かんだのは長女とのピアノの練習をめぐる嫌な思い出。確かあのときも長女は言った。「私、ピアノが習いたい!」と。そう、目をキラキラさせて。

しかし、習い出してすぐに飽きて、まったく練習をしなくなった。そんな長女をなだめすかし続けさせたピアノ。嫌なら、辞めさせてあげればよかったのに。そのときの私はこう思っていた。

そんな状況のまま5年間、長女は嫌々ピアノを習い続けた。そして、今、長女はまったくピアノを弾かない。ピアノなんか大嫌いだという。

そんなことがトラウマになり、次女がピアノを習いたいと言ったとき、私は条件を出したのだった。
「練習は自分でする! それが守れるならいいよ!」「じゃもう少し考えてみる」

そして、4年生の夏。

次女はピアノを習い始めた。習い始めてからは、私との約束通り、毎日、1人でピアノの練習。ピアノは地下室にあるのだが、学校から帰ると、決まって地下に降りて行く。2階にいる私のところにその音が聞こえてくる。その音を聴きながら、私は思った。

発表会もあった。始めたのが遅かったのだから当然のことだけれど、自分より頭1つ分くらい小さな子と同じレベルの曲を弾く。でも、本人は恥ずかしがることもなく、とても楽しんで参加していた。

ところが、そんな状況が1年以上続いた頃、次女のピアノの練習がピタリと止んだ。そして、ある日、「ピアノに行きたくない」と言い出したのだった。理由を聞けば、だんだんと難しい曲になっていき、今までのように1人で練習していても、うまく弾くことができなくなった。行くたびに先生には「なんでこんなこともできないの?」と言われるようになり、「今日も行ったら、先生に怒られると思うから」と。

もしこれが長女のときなら、私はどうしていただろう?

きっとこんな風に叱咤していたに違いない(あぁ、長女よ、本当に第一子のあなたには、親の大きな期待を押し付けてしまいごめんなさい)。確かに、何か人より秀でた才能を開花させる人は、人の何倍も練習し、試練に耐えることも必要だとは思う。でも、次女はピアニストになりたいわけでもなく、楽しくピアノを弾きたいと思っているだけ。私は先生に連絡した。

なんて子供に甘い親、そんな甘いことを言っていたら、いつまで経っても上達しないわよ!と言われるかもしれない(昔の私なら間違いなくそう言ってた?)。でも、ピアノは、次女にとって趣味だもの。趣味は楽しく続けられるのが一番だもの。やっぱり、私は下の子には甘いのだろうか?

カータンプロフィール画像

プロフィール

  • カータン

元外資系航空会社の客室乗務員。現在大学1年生と小学5年生の女の子のママ。次女の出産を機に始めたブログ「あたし・主婦の頭の中」が人気を呼び、さまざまなメディアなどで活躍中。
あたし・主婦の頭の中

関連記事

関連記事

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。