小学生ママ

10月のテーマ 2学期のヤマ場はどこ?

“きらいにさせない”さんすうのおしえ方

2学期はいろいろな新しい単元が次々と出てきます。ところが、祝日などが入って、思ったより休みが多く、そのうえ、運動会や校外学習などいろいろな行事が目白押しで、たいへん忙しい学期でもあります。

学校で習ったことをしっかりと理解することは大切ですが、すべてを完璧にマスターすることよりも、ポイントを絞って、絶対マスターしなければならない重要単元を繰り返し学習し、算数の基礎力の確立をめざしましょう。

10月のテーマ 2学期のヤマ場はどこ?

 
大迫 ちあき先生

教えてくれる先生
大迫 ちあき先生

大手個別指導塾で、中学受験算数担当の講師を10年以上勤めたあと独立。東京・世田谷で小・中学生への個別指導・算数教室「M&C Studyroom」主宰。就学前児童向けの算数指導にも力を入れており、「ファファキッズさんすうスクール」も開いている。この秋からは、「幼児向けさんすうインストラクター養成講座」も開講予定。
公益財団法人 日本数学検定協会認定・数学コーチャー研修中

ママはここをサポートしよう その①

運動会や校外学習などの行事が続くと子どもたちは疲れがたまってきますので、大切になってくるのは、時間のやりくりです。習い事などのスケジュール調整はママの腕の見せどころです。また、せっかくの行事に、お子さんが体調不良で参加できないなどということがないように、食事や睡眠など、健康管理には十分気をつけてあげてくださいね。

ママはここをサポートしよう その②

お子さんのノートをちょっと見てください。先生が黒板に書かれたことがちゃんと書けているでしょうか? 間違えた計算はきちんとやり直しができているでしょうか?
ノートをとる習慣、間違えた問題を解き直す習慣は小さいうちからつけておくといいですね。その時、ノートはあまり詰めて書かないように教えてあげてくださいね。

学年別アドバイス

1年生

いよいよ、2学期のヤマ場、繰り上がりのたし算・繰り下がりのひき算が出てきます。20までの数も登場します。ここは、ポイントである「10の補数」を復習しておくことが大切です。

苦手なお子さんは、100玉そろばんやおはじき、トランプなどを使って、1と9、2と8、3と7・・・などがすらすら言えるようにしておきましょう。

1年生
2年生

2学期のヤマ場は、ずばり、かけ算です。ただし、かけ算=九九の暗記にならないように注意しましょう。ポイントは3つ。

・「かけ算がたし算であらわされる」ということ

・3×4、4×3、2×6、6×2など、同じ答えになるかけ算がたくさんあること

・3×6 = 3×5 + 3 となること

を理解させてあげましょう。

2年生
3年生

お子さんの苦手なものの1つに、「□を使った計算」があります。
ポイントは、
「どんな式を立てればいいのか考えて、その式をもとに「逆算」ができるか?」
です。

高学年になっても出てきますので、ぜひがんばって基礎を身につけておきましょう。

式がわからないときは、簡単な数字に置き換えて考えてみるといいですよ。

3年生

【取材・企画協力】 公益財団法人 日本数学検定協会 http://www.su-gaku.net/
実用数学技能検定(算数検定)は、小学校入学前~小学生もチャレンジできます。
小学校入学前12級、小学校1年生11級、小学校2年生10級、小学校3年生9級

関連記事

関連記事

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。