小学生ママ

「わが子がいじめられている…」ママの場合のレッスン

東大脳育成コーチ谷亜由未の子どもを伸ばす親力強化レッスン

9月になってもまだ蒸し暑い日が続いていますね。この蒸し暑さ、10年前にはなかったと思います。「日本が亜熱帯化している」と耳にしていましたが、そういうことでしょうか?早くカラリと涼しくなってもらいたいものです。

相手もわが子も「悪者」にしない

さて今月は「わが子がいじめられている…」場合のレッスンです。実は私の息子も、小学校時代いじめられていました。4年生のころから、触ると「谷菌がつく」と何人かから言われていたようです。それもリアルタイムにそのことを知ったのではなく、あとになって聞いたように記憶しています。

それから6年生の時には、特定の子からもっとひどい言葉を機関銃のように浴びせられるようになり、何をしても、他の誰かと話そうとしてもそうされるので、「学校に行きたくない」と言っていた時がありました。中学受験を控えていたので、ここはちょっと何とかせねばと、その子のお母さんと電話で話しました。私が「子どもの言うことだから、どこまで本当なのかはわからないのですが…」と気を使って遠慮がちに話したせいで、あちらのお母さんからは、「谷さん、息子さんの話をちゃんと聴いてあげて!」と逆に諭されてしまいました。

どうやらそのお母さんは、他の親御さんからも頻繁にそういった苦情(?)を言われていたようで、最初はそのたびにわが子を叱っていたけれど、ある時から、自分の子どもの話をよく聴いて、信じてみようと思ったのだそうです。今思えば、当時はそのお母さんの方が、母親としての軸があったなと思えます。

まだその先もあるのですが、前置きが長すぎますのでこの辺にして、この体験も踏まえて反省も含め、どうしたらよいのかを書いてみます。

わが子がいじめられていると知ると、親が陥りやすいのは、“相手を悪者に”または“わが子を悪者に”してしまうことです。

わが子をいじめた相手の子に腹を立てたり、いじめられてウジウジしているわが子が情けなくなったり、「あなたが何かしたんじゃないの?」などと、原因を追究しようとしたり…。でも子どものいじめの原因は、「出来事」ではなくて、もともと双方に潜んでいる心の奥の種です。出来事は引き金になって種同士を結びつけてしまっただけなのです。

ということは、どちらかの種が消えてしまえば、結びつきがなくなってしまうので、いじめがなくなる可能性も大です。

まずはわが子にできるだけのことをしてみよう

ではどうやってその種をなくすかといえば、愛情をたっぷり注ぐことです。具体的には、ひたすら話を聴いて、つらい気持ちに寄り添う、スキンシップをする。「誰が何と言おうと、ママはあなたのことが大好きよ」「ママの大事な、大事な宝物だから」「本当に生まれてきてくれてありがとう」「ママが守ってあげるからね」「何があっても大丈夫よ」「イヤなら学校に行かなくていいのだよ」といった言葉をかけて、親は絶対的な味方だと安心し、「生まれてきてよかった」と思えるようにしてあげることです。

ママの気持ちが心配や悲しみに覆われてしまうと、それが子どもに伝わって、さらによくない事態を招きかねません。ママはとにかく、ひたすら目の前のわが子に愛を注ぐこと。そのためにもわが子を授かったことに感謝し、ママ自身が心に明るいエネルギーをたっぷり補給しておくことが大事です。

外側に何か働きかけをする前に、まずはわが子にできるだけのことをする、それでも状況が変わらなかったら、学校の先生に伝えるなり、相手の親御さんに連絡するなりしてみたらよいと思います。

親力強化レッスンの4つのポイント

「わが子がいじめられている…」ママの場合のレッスンは、

1. 相手もわが子も悪者にしない
2. 子どもの気持ちに寄り添うよう、話を聴きスキンシップする
3. 子どもが「生まれてきてよかった」と安心できる言葉をたっぷりかける
4. ママ自身が明るくポジティブでいられるようにエネルギー補給する

です。

息子が小学生のころの私には、できていなかったことばかりです…。あの頃の私にアドバイスしているつもりで書きました。もしもひとりではエネルギー補給ができないと思ったら、どうぞまわりの人に助けてもらってくださいね。私もお手伝いします。

profile

谷 亜由未

プレシャス・マミー メンターコーチ
株式会社プレシャス・マミー 代表取締役。1児の母。
名古屋市立女子短期大学卒業後、富士通株式会社に勤務。26歳で出産、3年間の専業主婦の後、仕事に復帰。自宅にて学習教室の運営などを経た後、2006年6月、41歳で人と組織の活性化をサポートする株式会社ミュゼを設立。コーチング、インプロを使った企業研修の他、PTAセミナー や子育て講座で数多く講演。ひとり息子が塾なし、すべり止めなしで東京大学理科Ⅱ類1本受験で現役合格したのを機に、子育てのノウハウとコーチングをミックスしたプログラムを確立。2010年3月にママであることがキャリアになる日本を目指した株式会社プレシャス・マミーを設立。東京、大阪、名古屋にて、コーチ養成講座、トレーナー養成講座を開講。全国に認定プレシャス・マミーコーチ、トレーナーを生み出す活動をしている。現在は認定トレーナーたちが講座を引き継ぎ開講中。
認定トレーナーたちが講座を引き継ぎ開講中。2014年に開始したeラーニングも好評。3年間で300名の受講生を生み出している。2015年夏からは、逗子のリゾート地にて、ママの人生をきらめかせる講座を開講中。ママたちが楽しみながら自分を磨ける楽しいイベント、セミナーを随時企画している。またわかりやすく楽しい講演も人気があり、日本のみならず、海外でも積極的に講演を行う。

関連記事

関連記事

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。