小学生ママ

「どうしてウチの子は、みんなと同じことができないのか?と悩んでいる」ママの場合のレッスン

東大脳育成コーチ谷亜由未の子どもを伸ばす親力強化レッスン

桜のつぼみもふくらんで、開花ももうすぐです。私は昨年春から、桜は桜でも、桜貝拾いにはまっています。ウォーキングを兼ねて逗子海岸まで30分ほど歩き、浜辺に出てから約1時間、波音をBGMに桜貝拾いに没頭します。それからカフェでモーニングをいただき、また歩いて帰ります。とっても楽しくて、気持ちがいい時間です。

「みんなと同じこと」ができないとどんなデメリットがありますか?

さて3月2本目は、「どうしてウチの子は、みんなと同じことができないのか?と悩んでいる」ママの場合のレッスンです。今回はコーチングセッションふうに書いてみます。私ならまずこんな質問をします。
 

1. あなたの思い描いている「みんなと同じこと」とはどんなことですか?
2. それは誰によって、いつ、どのように作られたものですか?
3. 「みんなと同じこと」ができると、お子さんにはどんなメリットがありますか?
  できないとどんなデメリットがありますか?
4. 「みんなと同じこと」ができないことで得られるメリットには、何があると思いますか?
5. 「みんなと同じこと」ができることで、あなたが安心するとしたら、できなかった時にあなたが不安に思うことは
  何ですか?
6. みんなと同じことができないと悩んでしまう理由は何ですか?
 

この質問の答えによって、その後の問いかけや言葉がけが変わってくるので、これ以上書くのは難しいですが、私の推測で解説をしてみます。

まず、この「みんなと同じこと」の中には、「世間の目」つまり「普通に、無難に」という常識的なこと、または「親の理想像、親の敷いたレール」という考え方があると思います。

どちらもはっきりとした形のない、正解もない、親自身のこれまでの人生経験で作って来た思い込みや、期待であることがほとんどです。

「みんなと同じこと」がやれても、与えられる仕事がない未来

そしておそらく、「みんなと同じこと」ができるようになることで、わが子は苦労せず無難な人生を歩める、もしくは理想にあてはまることで、幸せな人生を歩めると考えているのだと思いますが、そもそも「みんなと同じこと」のイメージが、親の経験値という狭い範囲で作り上げたものです。また時代は刻々と変化し、価値あるものも、必要なものも確実に変わってきているので、それをそのまま子どもに適応すること自体、子どもの可能性にフタをしてしまう、あるいは幸せな未来の創造を邪魔することになってしまうかもしれません。

たとえば今まで、「これがよし!」と信じられてきた日本の教育ですが、AIが発達するこれからは、このままの教育を続けたのでは失業者を増やしてしまうことになるとの懸念から、2020年の教育改革があるのです。言い換えると「みんなと同じこと」をするのはAIの得意分野なので、それと同じことがやれても、与えられる仕事がないということです。

そして、あなたが悩んでしまう原因は、お子さんの行動にあるのではなく、実はあなたの中にあります。同じ状況にお子さんがいたとしても、悩むママと、悩まないママがいることがその証拠です。ですから、なぜ悩むのか、その奥にどんな感情があるのか、自分の中を見つめてみる作業が必要です。自分を癒していけば、不要な悩みはなくなる可能性大です。

最近のコラムでは「自分を癒す」という言葉をよく書きますが、今、本当に、未来を生きていく子どもたちを幸せにするために、子育てママたちの癒しと、意識改革が必要だと思っています。そういう時代が来ているのです。勘違いしないように解説しておきますが、癒し=ヒーリングとは、気持ちいいことをすることではありません。自分の内面と徹底的に向き合って、問題の根本原因を外していくことです。

親力強化レッスンの4つのポイント

「どうしてウチの子は、みんなと同じことができないのか?と悩んでいる」ママの場合のレッスンは

1. 「みんなと同じこと」の正体をはっきりさせる
2. 本当に「みんなと同じこと」ができる必要があるのかを自分に問い直す
3. 「みんなと同じこと」をしないからこそ、見える可能性にフォーカスする
4. 不安、心配、焦りなど、悩みの原因は自分にあると心得て、自分を癒す

です。

世の中を変えてきた偉人たちは、みな小さいころ、「みんなと同じこと」ができるような子ではありませんでした。それによって母親は苦労もしてきたでしょうが、母親がわが子を信じて、関わり続けたからこそ、偉人の卵たちは偉人として歴史に名を残しているのです。枠にはまらないわが子だからこそ、未来の姿にワクワクする!そんな思考も選べることを知ってくださいね。

そして自分を癒すことで、不要な感情を手放すこともできることを知ってくださいね。それでも悩み続けるかどうか、それはあなた次第です。

profile

谷 亜由未

プレシャス・マミー メンターコーチ
株式会社プレシャス・マミー 代表取締役。1児の母。
名古屋市立女子短期大学卒業後、富士通株式会社に勤務。26歳で出産、3年間の専業主婦の後、仕事に復帰。自宅にて学習教室の運営などを経た後、2006年6月、41歳で人と組織の活性化をサポートする株式会社ミュゼを設立。コーチング、インプロを使った企業研修の他、PTAセミナー や子育て講座で数多く講演。ひとり息子が塾なし、すべり止めなしで東京大学理科Ⅱ類1本受験で現役合格したのを機に、子育てのノウハウとコーチングをミックスしたプログラムを確立。2010年3月にママであることがキャリアになる日本を目指した株式会社プレシャス・マミーを設立。東京、大阪、名古屋にて、コーチ養成講座、トレーナー養成講座を開講。全国に認定プレシャス・マミーコーチ、トレーナーを生み出す活動をしている。現在は認定トレーナーたちが講座を引き継ぎ開講中。
認定トレーナーたちが講座を引き継ぎ開講中。2014年に開始したeラーニングも好評。3年間で300名の受講生を生み出している。2015年夏からは、逗子のリゾート地にて、ママの人生をきらめかせる講座を開講中。ママたちが楽しみながら自分を磨ける楽しいイベント、セミナーを随時企画している。またわかりやすく楽しい講演も人気があり、日本のみならず、海外でも積極的に講演を行う。

関連記事

関連記事

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。