小学生ママ

「父親の言うことをきかない」というお子さんの場合のレッスン

東大脳育成コーチ谷亜由未の子どもを伸ばす親力強化レッスン

2学期が始まりました。宿題にヤキモキした夏休みが終わって、ホッとしているママもいるかもしれません(笑)。ホント、日本のママたちは夏休みになると、いっせいに宿題に悩み始めるようです。でも、オーストラリアには宿題がありません。だから悩みもありません。「今、子どもたちに一律に与えられている学校の宿題って本当に必要なの?」「それ、悩む意味あるの?」と思っている私です。

昔のお父さんは「威厳」があった!?

今回は「父親の言うことをきかない」お子さんの場合のレッスンです。昔のお父さんはこわーい存在でした。「カミナリおやじ」なんていう言葉もあるくらい、怒らせたらもう口答えなんてとてもできない、言うことをきかないと外に出される、ご飯を食べさせてもらえない、そんなこともあったのではないでしょうか? 私の育ったころの話なので…、だいぶ古いですね(笑)。

そんなお父さんでも、外で一緒に遊んでくれたり、肩車をしてくれたり、膝に入れてくれたりすることがあれば、子どもも十分に愛情を感じることができますよね。昔のお父さんは一家の主、長として「威厳」がありました。今のパパたちは、昔と比べると優しくなりました。家事を分担してくれるパパも多いですし、子どもを怒ることも少なくなり、一緒に遊んだり、コミュニケーションをとる時間も増えています。それはとてもステキなことだと思います。ただ、家庭によっては、パパの「威厳」がなくなってしまっているようにも思います。そのため子どもにバカにされてしまって、言うことをきかないのかもしれませんね。

では、パパの「威厳」とは何なのでしょう? どこから感じるのでしょう? それは、ひとつはパパ自身が日頃、子どもにどんな姿を見せているかということ、もうひとつは、ママがパパの「威厳」を保っているかどうかです。子どもが日頃のパパを見て、頼りない、尊敬できないと感じていたら、言うことをきかなくなるかもしれません。またママが子どもの前で、パパの悪口を言ったり、バカにしたり、「頼りない人」、ヘタをしたら「いなくてもいい人」にしてしまっている場合も、言うことをきかなくなる可能性は大いにあるでしょう。どんなに優しくて怒らないパパでも、ママが一家の主としてパパの尊厳を保つ言動をしていたら、子どもたちはパパの言うことをきくのではないでしょうか?

わが息子の場合、父親は基本、優しい人でした。休みの日には一緒に遊び、めったに怒ることもありませんでした。息子が思春期になると、逆に息子の方がえらそうな口をきいていたときもありました。でもごくたまに「いい加減にしろ!」と真顔で怒るときがありました。1年に1回程度です。その時はそれまでえらそうな態度だった息子も、急に顔色を変えて、態度を改めていました。もうひとつ、自営業だったので、息子は小さいころから父親が働く姿を見ていました。それも威厳を保つために有効だったと思います。

夫婦間の父親的役割と母親的役割のバランス、どうなっていますか?

威厳が大事と言っても、いつも怒っている親のもとでは、子どもは常におびえて萎縮してしまい、大きくなってからもずっと、父親(男性)への恐怖心が消えない、自分の気持ちを尊重できず、自分らしく生きられないという支障が生まれます。かといってただ優しいだけで、叱ることができないという親では、単なるわがままな子どもを育ててしまうという可能性もあります。私は基本は優しいけれど、いざという時は厳しい、メリハリがある親がベストだと思っています。それは父親だけでなく、母親も同じことです。一般的な性の性質から考えると、母親の言うことをきかない時、力の強い性である父親が戒めて正す、という形が自然だと思います。ただ、男性・女性それぞれ、男性性も女性性も持ち合わせていて、その強さは人それぞれなので、要は夫婦間でどうバランスを取るかです。父親的役割と母親的役割のベストバランスは、それぞれの夫婦によって違ってよくて、それは相関関係にあるということを踏まえて、一度ご自分の家庭がどうなっているのか、パワーバランスを考えてみてはどうでしょうか? 父親の言うことをきかなくても、母親がビシッ!と締めるところを締めているのなら、それはそれでいいことです。

親力強化レッスンの4つのポイント

「父親の言うことをきかない」お子さんの場合のレッスンは、

1. ママがパパの尊厳を保つ言動をとっているか振り返り、改善点があれば改める
2. パパ自身も子どもから尊敬されるよう、日頃のふるまいを振り返り、改善点があれば改める
3. 親として基本優しく、いざという時は厳しくというメリハリをつける
4. 家庭内、夫婦間での役割、パワーバランスを客観的に見て、ベストバランスを見つける

です。

最後に父親・母親に関わらず、「子どもは親の言うことをきかなければならない」という思い込みのもとに、わが子に言うことをきかせようとしていたら、それは大変危険です。「言うことをきかない」となげく前に、その「言うこと」は本当に従わせる必要があることなのかを改めて考えてみていただきたいです。

profile

谷 亜由未

プレシャス・マミー メンターコーチ
株式会社プレシャス・マミー 代表取締役。1児の母。
名古屋市立女子短期大学卒業後、富士通株式会社に勤務。26歳で出産、3年間の専業主婦の後、仕事に復帰。自宅にて学習教室の運営などを経た後、2006年6月、41歳で人と組織の活性化をサポートする株式会社ミュゼを設立。コーチング、インプロを使った企業研修の他、PTAセミナー や子育て講座で数多く講演。ひとり息子が塾なし、すべり止めなしで東京大学理科Ⅱ類1本受験で現役合格したのを機に、子育てのノウハウとコーチングをミックスしたプログラムを確立。2010年3月にママであることがキャリアになる日本を目指した株式会社プレシャス・マミーを設立。東京、大阪、名古屋にて、コーチ養成講座、トレーナー養成講座を開講。全国に認定プレシャス・マミーコーチ、トレーナーを生み出す活動をしている。現在は認定トレーナーたちが講座を引き継ぎ開講中。
認定トレーナーたちが講座を引き継ぎ開講中。2014年に開始したeラーニングも好評。3年間で300名の受講生を生み出している。2015年夏からは、逗子のリゾート地にて、ママの人生をきらめかせる講座を開講中。ママたちが楽しみながら自分を磨ける楽しいイベント、セミナーを随時企画している。またわかりやすく楽しい講演も人気があり、日本のみならず、海外でも積極的に講演を行う。

関連記事

関連記事

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。