小学生ママ

「約束を守らない」場合のレッスン

東大脳育成コーチ谷亜由未の子どもを伸ばす親力強化レッスン

新学年になりました。ご入学ご進学、おめでとうございます!あっという間に1年が過ぎ、ついこの間生まれた、歩いた、しゃべった…と喜んでいたわが子が、もう小学生。成長するにつれて、ママのお悩みも都度変化してきていることでしょう。そんな悩みも、子どもが成長してしまえば、忘れてしまうものです。長いスパンで考えると、悩みも子育ての醍醐味の一つ、と思えますよね。

約束を守ること=子どもが我慢することになっていませんか?

さて4月1本目は「約束を守らない」場合のレッスンです。ゲームは1時間でやめる、と言ったのにやめない、テレビを見たら宿題をやる、といったのにやらない、今日は何も買わないと約束して連れて行ったのに駄々をこねる、習い事は休まず行くと決めたのに行きたくないと言う…。その他にも、守ってくれないと困る約束にはどんなことがあるでしょうか?おそらくこの年齢だとまだ、お友だちとの約束を守らない、というお悩みは少ない気がします。

守ってくれない約束を紙に書きだして、じっくり眺めてみていただきたいのですが、その約束を守ること=子どもが我慢する(やりたくないことをやる)ことになっていませんか?そうだとすると、守れないその気持ちもわかりますよね。我慢しなければならない約束ばかりでは、楽しくありません。子どもが望んでいるわけではない約束はたいてい、親が安心するための約束です。だから守らなくても不思議ではないんです。表現の形は違えど、指示命令とさして変わりありません。「子どもが自分で決めたんです」という場合もあるかもしれませんが、それはもしかしたら、親の見えない強制力がそうさせているのかもしれません。

しっかり話し合い納得のうえで約束事を決めよう

お子さんが約束を守らない、とお嘆きでしたら、約束をする時をもう一度見直してみてください。どういう意味があってその約束をするのか、約束を守ることでどんなメリットがあるのか、本当にお子さんがその約束の意味を理解して、自分で守りたいと思ったかどうか、それが問題です。

ですから、親が勝手に約束の条件を決めないことです。お子さんとしっかり話し合って納得のうえで約束事を決めてくださいね。守らなかったら罰則、我慢をさせるような冷たい約束ではなく、守れたらいいことがある、守りたくなる楽しく温かい約束を増やしてくださいね。そして、守れたときには「約束守れたね!守れる子だね!」とプラスのセルフイメージが入るように言葉をかけてあげてください。

それでもお子さんが約束を守らなかったとき、「どうして守らないの!」と感情的に怒るのではなく、「ママは○○がお約束を守ってくれないことが悲しい」というメッセージとともに、どうして守らなければいけない(守ってほしい)のかをしっかりと伝えてください。あとはそれを繰り返し根気強く伝えることが大切です。それが教育であり、しつけですから。

気をつけていただきたいのは、ママに「もっと愛をちょうだい」の裏表現として、わざと約束を守らない場合もある、ということです。日頃のスキンシップやコミュニケーションが少ないかな、いつも受け止めるより、正すことばかり伝えているかな、と思ったときは、まずしっかり話をうなずいて聞いてあげる、たっぷりスキンシップを取ってあげる、という、愛の注入が必須です。

そして子どもに約束を守らせる前に、まずは親が子どもとの約束を守っているかどうかを考えてみましょう。子どもとの約束でなくてもかまいません。自分のためのことでもいいのです。これをやる、こうする、と決めたことを、お子さんに宣言してください。そしてその決めたこと、つまりは自分との約束を守る姿を見せていってください。それも大事なことです。

親力強化レッスンの4つのポイント

「約束を守らない」場合のレッスンは

1. 子どもに我慢をさせる約束ばかりになっていないか見直す
2. 約束を一方的に決めていたら、話し合って納得のうえで決める
3. 守りたくなる約束をたくさんして、守れたら褒める
4. 親が我が子や自分との約束を守る姿を見せる

です。
 

大人でもしたくない約束はしませんものね。私も今約束することは、したいこと、あるいは守ったらいいことがある約束ばかりです♪

profile

谷 亜由未

プレシャス・マミー メンターコーチ
株式会社プレシャス・マミー 代表取締役。1児の母。
名古屋市立女子短期大学卒業後、富士通株式会社に勤務。26歳で出産、3年間の専業主婦の後、仕事に復帰。自宅にて学習教室の運営などを経た後、2006年6月、41歳で人と組織の活性化をサポートする株式会社ミュゼを設立。コーチング、インプロを使った企業研修の他、PTAセミナー や子育て講座で数多く講演。ひとり息子が塾なし、すべり止めなしで東京大学理科Ⅱ類1本受験で現役合格したのを機に、子育てのノウハウとコーチングをミックスしたプログラムを確立。2010年3月にママであることがキャリアになる日本を目指した株式会社プレシャス・マミーを設立。東京、大阪、名古屋にて、コーチ養成講座、トレーナー養成講座を開講。全国に認定プレシャス・マミーコーチ、トレーナーを生み出す活動をしている。現在は認定トレーナーたちが講座を引き継ぎ開講中。
認定トレーナーたちが講座を引き継ぎ開講中。2014年に開始したeラーニングも好評。3年間で300名の受講生を生み出している。2015年夏からは、逗子のリゾート地にて、ママの人生をきらめかせる講座を開講中。ママたちが楽しみながら自分を磨ける楽しいイベント、セミナーを随時企画している。またわかりやすく楽しい講演も人気があり、日本のみならず、海外でも積極的に講演を行う。

関連記事

関連記事

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。