小学生ママ

何回も書けばいいものじゃない!低学年こそ押さえておきたい漢字の練習法

勉強好きを育てるツボ

2学期や後期が始まり、漢字の学習が進みはじめていると思います。お子さんは新しく習う漢字をひとつずつ、何度も書いて練習していることでしょう。

漢字を美しく書くポイントは「はね」「とめ」「はらい」

先生が子ども達に伝えているのは、漢字を
・きれいに書きなさい
・丁寧に書きなさい
ということですよね。

「きれいに」「丁寧に」というのは、「はね」「とめ」「はらい」をきちんと書くことです。ひとつずつお手本を見ながら、できるだけそれに近づけるように形を整えながら書いていきます。

この「はね」「とめ」「はらい」が正しくできていると、漢字を形よく、美しく書くことができます。さらに漢字を正しく書き進めていくと、「はね」「とめ」「はらい」がまちがっている漢字に違和感を覚えます。それまで習った、ひらがなの書き方でも同じことを教えてもらっています。それは丁寧に書く練習をしていたからです。

大人になると、正しく書くことよりも早く書こうとしてしまいます。書くことを目的にしたり、伝えたいという気持ちがないと、丁寧さはなくなり、形は崩れてしまいます。自分で書いたものが読めなかったり、いざ人に見せると恥ずかしかったり…、大人の漢字には反省も多いものです。

低学年の子ども達は、漢字を身に付けようと頑張っています。「漢字を読んで、書けるようになる」という目標に向かって意欲満々です。だから今のうちに正しい漢字を書く練習が必要なのです。

「はね」「とめ」「はらい」を正しく写して、自然と鉛筆が動くようになったらうれしいですよね。

漢字を覚えるにはパパやママのアドバイスが効く

でも「うちの子は毎日、宿題で漢字を書いているけど、ちっとも覚えられないし、きれいに書けないのです。どうしてですか?」という声も多いです。

国語の学者の中には「漢字を何度、練習しても、習得できない子どももいる」と言う人もいます。それは、漢字をくりかえし書けばそれでよし、としてしまうと、書いた漢字を振り返ったり、見直したりすることがないからです。子どもの多くは、「一度やったから大丈夫」と思ってしまいます。

「漢字の練習したの?」「早くやりなさい!「しっかりやるのよ!」というのは、よく聞く親の口グセです。小学校1年生や2年生にとって、この言葉は「やればいい」「一度、やればいい」というようにとらえる子が結構います。

ここで親が気をつけなくてはいけないのは、もっと具体的に勉強を促すことです。

例えば、
・漢字のお手本をよく見て同じように書いてね
・漢字を覚えるには何回書いたらいいかな?
と、具体的な内容を提示するとよいです。

そのためには、子どもの隣で一緒に教科書やノートを覗きこんだりしないと、子どもがどこがわからなくて、どう言ってあげたらいいのかわからないです。

漢字を正しく書くことも、覚えることも、低学年のうちはやはりパパやママがきちんとわが子の勉強を見ることが大事なのだと思います。

漢字を丁寧に書くことで、漢字に興味をもち、その意味や成り立ちを知りたいという子どもも多いです。

漢字の練習をしながら、パパやママがその漢字のエピソードや、知識を少しでも話すだけで、子どもの学びたいモードはアップします!

ぜひ、試してみてください。

いしびき きょうこ

いしびき きょうこ書籍・雑誌の編集者であり、編集者・知育アドバイザー。絵本をはじめ、子育て、知育、教育、学習など、乳幼児から親向けの雑誌や書籍の企画編集に携わる。また、知育アドバイザーとして幼児向けデジタルコンテンツ、幼児教室のカリキュラムづくり、キャラクタープロデュースも行う。学研教室、小学館ドラネットキッズデジタル学習システム、ベビーザらス会員向けおよび全国の産婦人科向け情報誌『babyco』プロデュースと企画編集やNHK「みんなのうた」イラストディレクション、NHK「みんなのうた ありがとうグラスホッパー!」舞台のキャラクターデザイン、及び ビジュアルデザインディレクションと幅広く活躍中。

関連記事

関連記事

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。