小学生ママ

全国学力テスト歴代1位「秋田県」の他県との大きな違いはここ

勉強好きを育てるツボ

毎年、小学校6年生と中学3年生を対象に行われている、文科省の学力テスト。

2019年度は小学生約108万人、中学生約109万人が参加をしました。

「あ、そういえば、そんなテストがあったかも!」と思い出したママもいらっしゃるかもしれませんね。

小学校と中学校を合わせた都道府県別のランキングは、
1位 秋田県 
1位 石川県 
3位 福井県 
4位 富山県 
5位 東京都

これは昨年と同じランキングです。そしてここ数年の上位は秋田県、石川県、富山県、福井県が占めています。

 
同じ学習指導要領に沿って教育を受けているはずなのに、どうしてこんなにも学力が違うのでしょう?

 
この点については様々な専門家が調べていて、大きく2つの要因があるのではないかと言っています。

まずは、先生がたの指導の仕方。

子供の理解力も進行も個人差があります。シンプルに学習指導要領に沿っていればいいわけではありません。

もう一つは、地域のサポートの厚さです。

勉強は個人で頑張るものですが、頑張れる土台を作るのは教育関係者や周囲の大人たちです。

上位の福井県で、公立中学校で社会と国語を教えている先生にお話しを伺ってみると

「学力テストで上位の県で上がる福井県と秋田県には大きな違いがあると思います。福井県は家族レベルで子育てをサポートしているので、親が精神的にも余裕があるのではないでしょうか。それにお稽古にも3~4つは通っているという子どもが多いんです。それを親がしっかりとサポートしているので、家族で子どもの学習や教育を応援しているという印象があります。
それと比べて、いつも1位か2位の秋田県は家庭レベルだけでなく、地域全体で子どもたちの教育に力を注いでいるのがわかります。秋田県の教育委員会は、様々な方法で先生たちと共に学びのサポートしています。
例えば、こんな「学びの十ヶ条」なるものを作成して県内の学校に提示しているんです。これって当たり前のことですが、それを根付かせていること自体すごいことなんですよね。

一 早ね早おき朝ごはんに家庭学習 規則正しい生活がスタートライン
二 学校の話題ではずむ一家団らん 笑いが脳を活性化
三 読書で拓く心と世界 めくるページ、広がる想像力
四 話して書いて伝え合う国語 国語力は学びの基本
五 難問・難題にも挑戦する算数・数学 あきらめずやりきることで能力アップ
六 新発見の連続、広がる総合 総合の時間は脳のビタミン
七 きまり、ルールは守ってあたりまえ 落ち着いた教室で高まる集中力
八 いつも気をつけている言葉づかい 相手意識でみがく活用力
九 説明は筋道立てて伝わるように 整理する工夫が脳のトレーニング
十 学んだことは生活で学校ですぐ活用 活用できて本当の生きる力

これを達成させるために学校の先生や大人たちが具体的に何をやればいいのかを考えて実行に移しています。例えばノートの取り方に工夫をさせたり、小さな頃から読み聞かせを習慣づけたり。それらを学校や家庭と連携して根付かせているのが秋田県だと思います」

 
当たり前のことですが、それを県内の子供たちに習慣づけさせるのは本当に大変です。わが子を勉強させるのだって一苦労なのに、県内の子供全員に向けるとなると、相当むずかしいでしょう。

秋田県の教育の取り組みはいくつかの書籍にもなっていますし、具体的なワークブックも販売されています。とくに秋田県式家庭学習ノートの取り方は、amazonなどのネットの本屋さんでも注目されています。

 
子供の勉強は周囲の人たちの助けが必要なんですね。まずは、親の私たちが、子供の勉強方法を考えて実践することが大事!

秋田県の学び十ヶ条を理解して、具体的に何をしたらいいのかをパパと一緒に考えてみませんか。これが子供に根付いた時、わが子の学力はきっと上がると思います。

知育アドバイザー&編集者 いしびき きょうこ

プロフィール

いしびき きょうこ
いしびき きょうこ
書籍・雑誌の編集者であり、編集者・知育アドバイザー。絵本をはじめ、子育て、知育、教育、学習など、乳幼児から親向けの雑誌や書籍の企画編集に携わる。また、知育アドバイザーとして幼児向けデジタルコンテンツ、幼児教室のカリキュラムづくり、キャラクタープロデュースも行う。学研教室、小学館ドラネットキッズデジタル学習システム、ベビーザらス会員向けおよび全国の産婦人科向け情報誌『babyco』プロデュースと企画編集やNHK「みんなのうた」イラストディレクション、NHK「みんなのうた ありがとうグラスホッパー!」舞台のキャラクターデザイン、及び ビジュアルデザインディレクションと幅広く活躍中。

関連記事

関連記事

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。