小学生ママ

読書が苦手! という子どもの意識を変えるステップ

勉強好きを育てるツボ

読書が、子どもの学習に良い影響を与えることはだれもが知っていますよね。

でも、すべての子どもが本が大好きとは限りません。

ママたちのお悩みには
「うちの子は本を読まないんです」
「学年に合った読み物が読めないみたい」
という声がものすごく多いんです。

本を読むことで
・集中力が上がる
・漢字への認識が高まる
・文章を読み解く力がつく
・語彙が広まる
などの良いことが挙げられます。

じゃあ、本を読まないと、そういう力はつかないの?
と思いきや、じつはそうはないことも研究者のあいだではわかっています。

本をあまり読まないのに、国立大学に進むお子さんもたくさんいますし、学習意欲ももちろんあります。

それでも、本を読むことで「知らないことを身につける」ことができますし、やりたいことを見つけるヒントにもなるかもしれません。

ですから、読まないよりは 読むほうがずっといい ことは確かだと思います。

じゃあ、本を読めない子、読書が苦手な子を 読める子にするにはどうしたらいいのでしょうか。

国立大学を卒業後、会社員として働いたのちに起業をし、30年以上国語塾を運営している塾長にお話を伺ってきました。

 
「本を読まないのは、本が嫌いというのとはちょっと違うと思います。

本を読まない子は、本を読む必要がない子が多いんです。学校の教科書以外に本にふれるシーンがあまりないのだと思います。ゲームやテレビ、動画に簡単にふれあえる時代です。本がなくても知識を得ることができますし、いちいち本を見つけなくても、インターネットで知りたいことを調べればいいのですから。

でも、インターネットにある情報はかならずしも確かなものではありませんし、ほとんどが浅い情報しかありません。まずは、親がそれを子どもの伝えてほしいと思います。

漠然と、本を読みなさい! と言われても、読み慣れていないお子さんにはどうしていいかわかりません。そこで、お母さんが本を読む必要を作ってあげてみてください。たとえば、学校の教科書でわからないことばや、事柄を見つけ、それを自分で調べさせるのです。答えを見つけることができると、子どもは達成感をあじわうことができて、さらに答えをもとめて本を読んでいくことになります。

本は好きだけど長い文章に慣れていないお子さんには、読み聞かせをしてみましょう。お母さんの心地よい声で面白いお話を聞くのは、子どもにとってしあわせのひと時です。本に対して良い印象を根付かせられたら、自分でも読んでみたいという気持ちになってくると思います」

 
塾長に伺っていると、やっぱりステップアップなんだなと思います。

いきなり本が大好きになる子もいますが、ほとんどのお子さんは、本を読むのが楽しい! もっと読んでみたい! という良い印象があってこそ、読書好きになっていくものです。

お子さんの弱点をこんなふうに強さに変えていくのも、親の役目なんでしょうね。

がんばらなくっちゃ!!と改めて思いました。浜田先生ありがとうございました!

知育アドバイザー&編集者 いしびき きょうこ

プロフィール

いしびき きょうこ
いしびき きょうこ
書籍・雑誌の編集者であり、編集者・知育アドバイザー。絵本をはじめ、子育て、知育、教育、学習など、乳幼児から親向けの雑誌や書籍の企画編集に携わる。また、知育アドバイザーとして幼児向けデジタルコンテンツ、幼児教室のカリキュラムづくり、キャラクタープロデュースも行う。学研教室、小学館ドラネットキッズデジタル学習システム、ベビーザらス会員向けおよび全国の産婦人科向け情報誌『babyco』プロデュースと企画編集やNHK「みんなのうた」イラストディレクション、NHK「みんなのうた ありがとうグラスホッパー!」舞台のキャラクターデザイン、及び ビジュアルデザインディレクションと幅広く活躍中。

関連記事

関連記事

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。