ママライフ

家庭で親が教えておきたい 入学前に必要なこと3 増田修治さん(教育研究家)

教えて!あんふぁんサポーター

家庭で親が教えておきたい
入学前に必要なこと3

今回のあんふぁんサポーター増田修治さん(教育研究家)

白梅学園大学子ども学部子ども学科教授。小学校教諭として28年間勤務後、現職。あんふぁんWeb「困ったら増田先生に聞いてみよう 放課後職員室」にて、小学生ママのお悩みに答えるコラムを連載中。

あんふぁんサポーターとは…育児や家事、仕事も頑張る子育てママの応援団。さまざまな業界の専門家がメンバーとなり、ママたちが元気になる情報を発信していきます。

  • 平仮名の読み書きができる

小学校では、遅くとも5月に平仮名の学習が終了します。幼稚園の今から手紙交換をしたり、カレンダーに予定を書かせたりして、文字が大切なツールであることを伝えましょう。授業では「右上・左下」などの言葉を使って書き順を教えますので、8方向が理解できることも大切です。

  • 持ち物を自分で用意する

自分でできるためには次のステップが必要です。(1)親子で一緒に用意する(2)親が見守りながら用意させる(3)子どもが用意し親が確認する(4)子どもだけで用意する。きょうだいがいる場合は「上の子ができたから下の子も大丈夫」と思わず、その子に合ったサポートをしてください。

  • 感情を言葉で表す

小学校で困るのは「感情をコントロールできない子」。以前教え子が「一番になれなかった。殺してやる!」と言った時、僕は「“悔しい”と言いたかったんだよね」と言い換えました。親が子どもの感情を翻訳し表現の仕方を教えることで、子どもは適切な表現を学んでいきます。

関連記事

関連記事

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。