ママライフ

子どもとの距離を縮めたい 父親としての僕の心得3 北澤豪さん(元サッカー日本代表)

教えて!あんふぁんサポーター

子どもとの距離を縮めたい
父親としての僕の心得3

今回のあんふぁんサポーター北澤豪さん(元サッカー日本代表)

2003年のプロ引退後はサッカー解説者を務める傍ら、サッカースクール「FOOT」を主宰。「世田谷フットボールアカデミー」総合監修を務める。大学1年、高1の男の子と、小6の女の子のパパ。

あんふぁんサポーターとは…育児や家事、仕事も頑張る子育てママの応援団。さまざまな業界の専門家がメンバーとなり、ママたちが元気になる情報を発信していきます。

  • 子どもを玄関まで見送る

東日本大震災後、生活の中の小さなことを大切にする気持ちが、より強まりました。「今、出かけていくこの姿が、最後かもしれない」。そんな思いがふっとよぎることもあり、子どもが出かけていくときは、何かやっていることがあっても中断して、玄関まで見送っています。

  • 父親としてロールモデルになる

将来、長男や次男が結婚したとき、家事や子育てを分担できるような男でいてほしいと思っています。息子たちには「お母さんがやっていることを、自分でできるようにならないとだめだよ」と口で言うだけでなく、ロールモデルになるために掃除や家事を率先してやっています。

  • 子どもの選択尊重する

幼稚園のときからサッカーを続けていた長男が、小学生になって突然「やめたい」と言い出して「続けるべきだ」と喉元まで出かかったけれど、大事なのは親の願望より子どもの気持ちだと気付き見守ることに。そうすることで、子どもが自分でどうしたらいいのか考えるようになるので。

関連記事

関連記事

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。