ママライフ

働くママのリアルライフ

今回の働くママは、時短勤務を利用して残業はせず、子どもとの時間を優先しているという日西さん。寝かし付けまでのリズムを大切にしているという一日をリポートします!

  • 今回の働くママ

    日西由美さん(33歳・保険事務)

    パパの峰夫さん(30歳)、柚乃(ゆの)ちゃん(2歳)の3人家族。「一対一で向き合える寝かし付けの時間がとても幸せ。ベッドでゴロゴロして絵本を読んだり、一日を振り返っておしゃべりしたり。親バカですが、寝顔を見てかわいいなぁとニヤニヤしています」。

帰宅後は休まず一気に乗り切る!
寝る前が大切なコミュニケーションタイム

日西さんの一日
  • お弁当のおかずは冷凍が基本

    園は給食かお弁当か選べるのですが、節約のためお弁当にしています! おかずは週末作り置きしたり、平日の夕飯の残りを冷凍したり。朝はいつもバタバタするので、家事はゴミ捨てをするくらい。時間があれば簡易モップをかけています。

    冷凍枝豆とひじきふりかけを混ぜた豆ご飯が好評

    時間内に終わるよう、とにかく集中!

    時短勤務で慌ただしいので、やるべきことはすべてパソコンのスケジュールに入れて、アラームが鳴るようにしています。ランチはお弁当か社食が基本ですが、週1回は職場の人と外食してリフレッシュ! 会社の図書室で雑誌を読むことも。

    寝かし付けまで一気に頑張る

    帰宅後ゆっくりするとやる気をなくしてしまうので、帰ったらすぐ行動! 寝る前はテレビを見せず、お風呂の後はなるべく早めに布団に入ります。一時期は寝ぐずりもありましたが、「寝ない子のところには鬼が来るよ」と脅かしていました(笑)。

    「しろくまちゃんのほっとけーき」がお気に入りの絵本

頼れるサポーター

両親や妹に助けられています

私の母も働いているのですが、休みが月曜日なので、子どもが風邪をひいてしまったときなどは見てもらっています。毎日テレビ電話をしてくれる妹や、いつも優しく相談に乗ってくれる夫の両親も頼れる存在です。

ママの気分転換方法

おいしいものは、気分転換に必須!

私の母も働いているのですが、休みが月曜日なので、子どもが風邪をひいてしまったときなどは見てもらっています。毎日テレビ電話をしてくれる妹や、いつも優しく相談に乗ってくれる夫の両親も頼れる存在です。

夜のママタイムのお供に欠かせない、お茶やお菓子

夜のママタイムのお供に欠かせない、お茶やお菓子

こんな工夫も!

食材やオムツの注文は通勤時間にスマホで

冷凍の豚ひき肉やカット野菜は便利!

食材宅配サービスの注文は、電車の中で済ませます。週1回の注文を忘れてしまったときは、当日配達OKのネットスーパーを利用することも。お弁当の彩りに使えるカット野菜は愛用品。

関連記事

関連記事

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。