ママライフ

朝にしっかり準備することが 心の余裕につながっています

朝にしっかり準備することが
心の余裕につながっています

 
どんな失敗も次につなげればOK、できないことは無理せず明日に回す心の余裕を大事にしているという浅見さん。その心の余裕は、どんなところから生まれるのでしょうか?

Morning
朝食までにできる家事を済ませる

 朝のうちに夕食の食材を切って冷蔵庫に保存しています。そのおかげで、夕食の準備は30分以内で終わらせることができます。洗濯物をたたむのも朝。夜の時間をゆったり過ごせるよう、家事はできるだけ朝の時間で済ませてしまいます。

主菜、副菜、おみそ汁用に容器を色分け

主菜、副菜、おみそ汁用に容器を色分け

Working
付箋メモを活用してタスク整理!

 残業しないで済むように、その日の優先事項を付箋にメモ書きしてパソコンに貼っています。また、次の日にできることは無理せず次の日に回し、それもメモしておきます。保育園のお迎え後はまっすぐ帰宅できるよう、買い物は昼休みに。
 

Evening
準備の時間を飽きさせない工夫を

 夕食準備は子どもが飽きないよう、なるべくお手伝いしてもらいます。自分で作る市販のお菓子を1つ渡し、それに集中している間に夕食を作ることも(笑)。粘土のように練って作る、5色のソフトキャンディーがお気に入りです。
 

創作お菓子で自家製ペロペロキャンディーが完成!

創作お菓子で自家製ペロペロキャンディーが完成!

ママの気分転換方法

疲れたときほど「じっくり作業」が効く

 じっくり作業するのが好きで、子どもの写真をアルバムに整理したり、アレンジして壁に飾ったりしています。仕事で疲れていて子どもを強く叱ってしまった後、小さな頃の写真を見返すと「こんなに小さかったのに、自分の意見を言えるまでよく成長したな」と感じて反省することも。寝顔を見比べると、小さな頃も今も変わらなくて癒やされますね。

写真に日付と場所などのコメントを書くと、いつのものかすぐに分かります

写真に日付と場所などのコメントを書くと、いつのものかすぐに分かります

頑張った日のごほうびは、ランチをデザート付きに!

頑張った日のごほうびは、ランチをデザート付きに!


こんな工夫も!

料理を通じ、失敗から学ぶことと達成感を教える

 焼きそばは具材を切るところから味付けまで手伝ってもらいます。卵を割る作業は何度も失敗して上手になりました。危険なことは教えますが、怒らずに励まし、見守ることがコツです。

お麩を戻してすまし汁に入れるのも役割

お麩を戻してすまし汁に入れるのも役割

浅見えりなさん

(36歳・金融系事務)

 パパの彰夫さん(38歳)、文哉(ふみや)くん(3歳)の3人家族。「時間は決まっていないけれど毎日一度必ずする抱っこタイム。保育園のことを自然に話してくれるときは耳を傾け、何も話さず抱っこだけするときも。ただ子どもと向き合うこの時間がとても好きです」。

頼れるサポーター
子どもも“じぃばぁ”が大好き!

 週1回保育園のお迎えをしてくれる祖父母。週末や子どもの体調不良時にもお世話をしてもらっています。この日は実家近くの小さな遊園地へ。“じぃばぁ”をお客さん役に、子どもはバスの運転手になりきっています。

浅見さんの1日

6:00
ママ起床
身支度、朝食・夕食準備、洗濯物をたたむ、片付けなど
7:00
パパと子ども起床
7:30
朝食
子どもの朝食の手伝いはパパ。ママは食後の食器洗いと子どもの歯磨きの手伝い
8:15
家を出る
送迎はママの担当。パパの出勤が遅い日は3人で保育園へ
8:30
登園
8:45
出社
17:20
退社
17:30
園へお迎え
17:50
帰宅
保育園道具の片付け、夕食準備。配膳は子どもが担当
18:30
夕食
夕食後、子どもが下げてくれた食器をママが洗います。その後は一緒にDVDを見たり、ごっこ遊びをしたり
20:00
お風呂
パパが早く帰宅した日は、パパと子どもが一緒に入ります
21:30
寝かしつけ
布団に入って絵本を読んだり、目を閉じてトントンしながら入眠
22:30
就寝

関連記事

関連記事

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。