ママライフ

山と海で遊べるコタキナバルは子どもと行きたい注目のリゾート

夏休みの旅行計画、そろそろ本腰を入れて立て始める時期ですね。
近年では子連れで海外旅行をするのも珍しくありませんが、予算や現地アクティビティなどを鑑みると、ついつい同じ行き先ばかりに目が行きがち。たまには新しい場所にも行きたいものです。でも、山にしようか海にしようか、迷いだしたらもうキリがない…。
そこで見つけたのが、マレーシアのコタキナバル。ボルネオ島西部にある地方都市で、マレーシア最高峰「キナバル山」とビーチリゾートが点在する、山海のお楽しみが詰まったよくばりデスティネーションです。

001_001_image1

アクティビティてんこ盛りのサピ島。ビーチサイドで遊ぶだけでもたくさんの魚が見られて楽しい。マリンアクティビティができる無人島があるので、混雑を避けたい場合はそちらもチェック

直行便もある安・近・短な旅先

コタキナバルまではマレーシア航空の直行便でひとっとび。成田空港からわずか6時間ちょっとと、子連れ・ベビ連れでも気軽に行ける距離感なのもうれしいところ。なにより、子ども大好きなマレーシア人。マレーシア航空の機内は子連れにやさしい雰囲気で、泣いている赤ちゃんのお母さんをCAさんが気遣ったりする様子が見られ、ほっこりします。
今年の5月7日より成田/コタキナバル線は運休していますが、7月23日から再開。週2便で日本とコタキナバルを結びます。夏休みにはばっちり間に合いますね!

理想的なファミリーリゾート

まずは拠点となるホテルにチェックイン。『シャングリ・ラ タンジュンアル リゾート&スパ コタキナバル』へ。コタキナバルにはシャングリ・ラ系列ホテルがほかにもありますが、このタンジュンアルはウォーターパークやキッズクラブを併設しており、見渡す限り家族連ればかり!というファミリーフレンドリーなリゾートです。
朝食会場にはキッズ向けに低い場所に設置されたビュッフェがあり、また、低めのテーブルや随時キッズチャンネルが見られるモニターなどを備えた一角が。5歳から12歳までの子どもを無料で預かってくれるキッズクラブ、金曜日の夜やハロウィーンといったイベント時にはキッズだけのパーティを開催するなど、大人だけで楽しむ時間をも提供。クラブラウンジでもファミリータイムとアダルトタイムがわかれているので、気兼ねなく過ごすことができます。ちなみに、キッズクラブは保護者が一緒であれば5歳未満の子でも遊ぶことが可能。日差しに疲れたらエアコンの効いた室内でのんびりしましょう。

001_001_image1

ウォーターパークはなかなか本格的。プールも大人用、子ども用にわかれているほか、プールサイド・ビーチサイドにもライフガードがいて安心

001_001_image1

キッズクラブはハイハイの子、もう少し大きい子と遊ぶ部屋が別々。食事を注文しておけば1日預かってくれるほか、夕方からキッズのみ参加可能なパーティも開催されることも。ハロウィーンやクリスマスなどのイベント時は特に盛り上がりそう!

無人島で1日中マリンアクティビティ

ベビーよりもう少し大きな子どもと一緒なら、リゾートから車で10分程度の港からボートで20分程のところに位置する無人島、サピ島へ。ウォーターアクティビティが充実したレジャーアイランドです。ここでは波打ち際までかわいらしい魚がたくさん遊びに来るので、磯遊びやビーチアクセスでシュノケーリングができるほか、ボートでパラセーリングやヘルメットをかぶってのシーウォークといったアクティビティもあります。パラセーリングは3歳くらいから可能で、一度に3人飛ぶことができ、家族で楽しめます。ただ、ボートはかなり揺れるので船酔いの心配があれば薬を飲んでおいたほうがいいかもしれません。
シーウォークは7歳からとなっていますが、ヘルメットは重たく、また、耳抜きがうまくできないと小さい子にはキツいかも。とはいえ、魚の餌付けやクマノミ(あのオレンジ色の「ニモ」です)を間近で見せてくれたりと、なかなかユニークな体験をさせてくれます。水中でスタッフが撮影した動画もプレゼントしてくれるので、お得感もあります。

001_001_image1

未就学児でもトライできるパラセーリング。上空では意外と安定性があり、爽快! でも、ボートがものすごく揺れるので、酔いやすい人は要注意

001_001_image1

島と島の間に張られたロープに滑車をつけて一気に海を渡るジップライン。これはかなりユニーク! ほかの島にはなく、サピ島のみのアクティビティ

民族の生活を体験できる文化施設

マレーシアといえば多民族国家で多彩な文化が楽しめる国。特にボルネオ島では少数民族文化が色濃く残っていることもあり、マリマリ文化村はぜひ訪れたい場所のひとつです。
ここでは主要な5つの民族の家屋や文化を再現しているだけでなく、試食や吹き矢体験などにトライするチャンスが。展示の見学だけではないため、非常に興味深く楽しむことができます。グループごとにガイドさんがついて説明をしてくれ、質問などもその場で答えてくれるので、文化学習にももってこい。筆者が訪れたときには地元のインターナショナルスクールの子たちが社会科見学に来ていて、みんなとても楽しそうにしていたのが印象的でした。

001_001_image1

ムルット族のロングハウスでは木製のトランポリン風な仕掛けが。タイミングを合わせてジャンプし、天井に取り付けられたプライズに手が届けば商品がもらえるという伝統の遊びを体験。ほかに吹き矢やヘナタトゥー、はちみつやどぶろくのようなお酒の試飲なども

自然アクティビティも充実

もうひとつ、ボルネオまで来たのならぜひとも体験してほしいのがリバークルーズ。街からは車で2時間とちょっと遠いのですが、ここではボルネオ島にしか生息しないテングザルをボートから見ることができます。夕方、陽が傾いて気温が下がってくるとサルたちのアクティブタイム。家族で木の枝から枝へと移動したり、プチプチと葉っぱをちぎって食べる様子が見られます。運が良ければワニなどほかの生物にも遭遇の可能性あり。望遠鏡を持っていくのがおすすめです。
サルの様子を観察したら、いったん桟橋に戻り夕食を。しばし休んだらまたボートで出発。今度はホタルを見に出かけます。

001_001_image1

ボルネオ島にのみ生息するテングザル。ちなみに、ボルネオ島といえばオランウータンだが、コタキナバルの保護センターは現在一般公開されていない

もう少し長く滞在できるのであれば、マレーシア最高峰のキナバル山まで足を伸ばしてみましょう。
キナバル山は4000m超の高山で、ガイドをつければ頂上まで登ることができますが、子連れの場合は700m付近にある植物園で楽しむのがいいでしょう。街と比べかなり涼しく、いい気持ち。また、2000種類にもおよぶランや鳥類などが見られ、中には世界最小のランや食虫植物など興味深い植物もいっぱい。付近にはウサギとふれあえるウサギ園や牧場もあり、1日かけて遊ぶことができます。
リゾート内だけでも、外へ出かけても。のんびりムードが漂う、ぜひ家族で訪れたいデスティネーションでした。

シャングリ・ラ タンジュンアル リゾート&スパ コタキナバル
マリマリ文化村

取材協力:マレーシア航空マレーシア政府観光局

<文・写真:フリーランス記者 岩佐 史絵>

この記事を書いたライター

岩佐史絵さん
shieiwasa.jpg

トラベルジャーナリスト。数えきれないほどのベビ連れ・子連れ旅の経験から、子連れ旅にぴったりの旅先、旅スタイルを提案。また、海外に幅広いネットワークを持ち、発達障害や教育法、子育て法などについて知る機会が多いことから、そうした情報をも発信している。

岩佐史絵さんの記事一覧

関連記事

関連記事

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。