ママライフ

超スボラな家庭菜園!20種にトライして分かった、初心者にオススメは

家庭菜園は採れたての野菜や果物を食べられるだけでなく、子どもと一緒に植物を育てる楽しさも魅力。ですが、初心者だと失敗してしまうことも多いものです。
わが家では今まで20種類もの植物の家庭菜園に挑戦してきました。ズボラな育て方で失敗が多かったものの、中には水やりだけでスクスク育った植物も。筆者の経験から超ズボラでも育てられる初心者にオススメの植物を紹介します。

栽培に失敗した野菜&果物

今までに筆者が栽培したことのある植物はトマト・キュウリ・サツマイモ・ナス・オクラ・ゴーヤ・エンドウ豆・スイカ・イチゴ・シソ、ハーブ類など。芽かきや追肥、受粉、害虫対策といった世話はほとんどせず、1日1~2回の水やりのみ。

キュウリは初心者にオススメと聞いたので期待していましたが、水やりのタイミングや量に問題があったようで、2年連続で失敗。同じく簡単に栽培できると聞いたサツマイモもヒョロヒョロでうまく育ちませんでした。シソは栽培して以来、毎年自生しますが、虫食いがひどくて、ほとんど収穫できた試しがありません。

初心者にオススメなのは…トマト!

ズボラな育て方で失敗ばかりの筆者ですが、トマトの栽培だけは失敗したことがありません。
育て方は毎年3~4月ごろに肥料を混ぜた土に苗を植えつけ、あとは水やりを毎朝1回するのみ。茎を支えるために支柱立てをしたり、伸びすぎて邪魔な茎葉を切ったりはしましたが、それ以外の世話はしていません。

夏にはおいしいトマトをたくさん収穫でき、暖冬の年には12月ごろまで実をつけました。
トマトにはさまざまな品種がありますが、特に品種によって失敗したことはありません。ただ、大玉トマトは小ぶりになりやすいといった経験から、初心者が育てるならミニトマトをオススメします。

果物は意外にもイチゴ&ブドウが育てやすい

果物を栽培するなら、イチゴとブドウがオススメです。

イチゴは寒さに強い特徴があるようで、庭に植えて2年以上経った今でも枯れていません。お店で売られているような立派な実を育てるのはなかなか難しいものの、見た目がかわいくて庭がオシャレに見えるので、栽培して損はないと思います。

ブドウは収穫するのが楽しい果物。わが家では庭に柵を立てて育てていますが、コンパクトなプランターでも育てられるようです。
ブドウは品種によって収穫までの期間が異なり、早いものだと1年で収穫可能。収穫まで待てない人はなるべく早く収穫できる品種を選ぶといいでしょう。
ちなみに、ほかの果物ではスイカにも挑戦したことがありますが、実が大きく育たなかったうえに味も淡白で失敗でした。受粉したり、実が腐らないように対策したりと手間がかかったので、初心者には難しい果物だと思います。

ハーブはどれもよく育つ!

パセリ・オレガノ・ミント・バジル・ローズマリー・マジョラム・コリアンダーなど、ハーブ類はどれもよく育ちました。小さなプランターで育てられて場所を取らないので、毎年4種類くらいのハーブを同時に育てています。

ハーブ

左はバジル、右はマジョラムシリアカというオレガノの仲間のハーブ

ハーブには1年しか花を咲かせない一年草と、同じ株から繰り返し花が咲く多年草がありますが、適当に水やりだけする育て方だとどちらも1年経たずに枯れてしまいます。実際、筆者も何種類かの多年草ハーブを育てましたが、2年以上収穫できた経験がありません。
たとえワンシーズンでも、スーパーで買うと高価なハーブを自宅で収穫できるのは嬉しいものです。普段作らないようなハーブ料理を試すきっかけにもなり、料理のレパートリーが広がります。

苗は安いものであれば100円以下で購入可能です。家庭菜園は子どもにとっても貴重で楽しい体験になるはず。これから5月ごろまでは、苗の種類が豊富な上に、成長もしやすい時期。簡単なものから挑戦してみてください。

この記事を書いたライター

奥汐紀さん
okuyuuki.jpg

一男一女の母。夫は学生時代、イギリス留学中に出会ったルーマニア人。 独身時代にノベルゲームのディレクターを務めていた経験を生かし、現在はフリーランスでシナリオライター&WEBライターとして活動中。 読書好きで純文学から流行りの漫画まで幅広く愛読し、テレビゲームで遊ぶのも好きなインドア派。子どもと一緒にほのぼのとアニメを見るのが大好き。

奥汐紀さんの記事一覧

関連記事

関連記事

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。