ママライフ

もう無理…トイトレ初挑戦7日間でどん底まで追い詰められた話

夏は子どものトイレトレーニング(トイトレ)に最適なシーズンだと言われていますよね。気温が高いので洗濯物が乾きやすく、濡れてしまっても寒くない、またおしっこの間隔が空きやすいといった理由があるようです。
この機会を逃してはならない!と意気込み、我が家でも1歳の娘のトイトレを始めました。

誰でも乗り越えられることなんだから楽勝だろうと最初は甘く考えていたのですが…これが予想以上に大変でした。
今回は筆者が実際に我が子のトイトレに挑戦した7日間について紹介します。

【1日目】オマルを怖がる我が子

re_IMG_3768
どうトイトレを進めるべきか悩みましたが、我が家ではオマル・補助便座・踏み台にステップアップできる変形型のオマルを購入しました。

トイトレ初日、まずは簡単そうなオマルのステップからスタート。前々から教えていた「ちっちー」という言葉をささやきながら、娘をオマルに座らせようとしたとき…早速、出鼻をくじく事態が起こりました。

なんと、娘が突然、泣き出してしまったのです。オマルの穴が怖いのか、トイトレに意気込む筆者の顔面が不自然で怖かったのか分かりませんが、とにかく嫌がってオマルに座ってくれません。

同居している実母に「あんまりしつこくやると、オマルが嫌いになるよ」と言われ、この日は結局何もできずに中止。

娘は筆者と二人で自宅や外出先のトイレに入っているときは平然としており、試しに大人用の便座に座らせたときも平気そうでした。それなのになぜ、オマルは駄目なのか…と、トイトレ初日から問題にぶつかってしまいました。

【2日目】ぬいぐるみと動画でオマルに座る

re_IMG_3673
どうにかオマルに座らせなければと、思いついたのが娘の大好きなぬいぐるみを使うこと。「ぼくと一緒に今からちっちーしようよ!」とぬいぐるみで誘導すると、なんとかオマルに座ってくれました。

しばらくして娘がぬいぐるみに飽きてきたので、今度はトイトレ用の動画を見せることに。一緒に動画を見ながらおしっこを促しましたが、娘は動画に集中するばかりで一向におしっこをしてくれません。

時間を空けて何度かトライしましたが、結局成功することはありませんでした。

【3日目】トレーニングパンツ・パッドに初挑戦

re_IMG_3628
早くもトイトレの難しさを感じ始めた3日目、実母のアドバイスで前から買っていたトレーニングパンツ・パッドを導入しました。トレーニングパッドは一般的なオムツよりも濡れている感じが分かる仕組みになっており、お漏らしの不快感でオムツ外しを促すというもの。

何だか漏れやすそうだな…と不安に思っていたのですが、案の定、使ってからすぐにおしっこが漏れて、娘の服までびしょ濡れになってしまいました。

パッドの商品説明をよく見てみると、1.5回分のおしっこ吸収を目安にしているとのこと。オムツのような感覚で長い間取り替えないでいると、やはり漏れてしまうようです。

さらに大変だったのは、うんちのとき。うんちが落ちないようにパンツをゆっくり下ろすときは神経をすり減らしました。

肝心の娘の反応はどうだったかと言うと、よく分かっていないのかトレーニングパンツ・パッドを履かせてもあまり変化はない様子。本当に効果があるのか半信半疑でしたが、とにかく外出するとき以外はなるべく使うことにしました。

【4日目】トイトレ用の絵本を導入

re_IMG_3626
オマルでおしっこを一度もしないまま、トイトレ4日目に突入。この日は図書館で借りてきたトイトレ用の絵本を見せることにしました。

絵本好きな娘は、新しい絵本に興味津々。絵本の中のキャラクターがトイレをしているのだと正しく理解しているかは分かりませんが、自ら「ちっちー」と言って、オマルに座るようになりました。

少し成長したかな?と喜んでいたのですが、やはりおしっこは出ません。それどころか、オマルに座る=絵本を読んでもらえると思い込んでしまったようで、オマルに座りながら「ほん! ほん!」と何度もねだる娘にほとほと疲れ果てました。

【5日目】これって…うんち? 何も履かせない強硬手段に出た結果

トイトレを続けている中で困ったのが、娘のおしっこが出るタイミングがよく分からないこと。
そろそろおしっこが出るころだと思ってオマルに連れて行っても、すでにおしっこをしてしまった後だった…ということがよくありました。

そこで思い切って、娘に何も履かせないことに。床を汚されること覚悟ですが、おしっこが出るのを見たらすぐさまオマルに座らせようと考えました。

はじめのうちは注意深く娘を観察していたのですが、どんなに待ってもおしっこが出てきません。待ちくたびれ、筆者がちょっと目を離した隙に…とんでもないことが起こりました。

ふとキッチンの床を見ると、そこには茶色い固形物が…。言葉を失い、思わずその場で固まりました。

苦悩に苛まれながら床を掃除する筆者を尻目に、何食わぬ顔で遊んでいる娘。それからは家事をするのも嫌になり、トイトレ5日目にしてすでに「もう止めたい…」と泣きたくなりました。

【6日目】やっぱりおしっこが出ない!

嫌がらずにオマルに座るようになった娘ですが、どうしてもおしっこが出ません。タイミングを計りやすい寝起きを狙っても出ず、こちらがしびれを切らしてトレーニングパンツやオムツを履かせた途端におしっこをされてしまいます。

昨日の事故を考えると悩みましたが、覚悟を決めてすっぽんぽん作戦をもう一度実践することにしました。うんちに警戒しながら1時間ほどねばったものの、娘がおしっこをすることはなく、外出の用事ができてトイトレを断念。この日も成果はありませんでした。

【7日目】我が子はオムツ好き?

トイトレを開始して、1週間が経ちました。朝一番、起きてすぐにオムツを脱がせてオマルに向かおうとしたところ、床にチョロチョロとおしっこが…。ついにチャンスがやってきた!と慌ててオマルに座らせると、娘はピタッとおしっこを止めてしまいました。それほど量が出ていたようには見えなかったので、オマルに座らせたままねばりましたが、おしっこをしないまま時間だけが経過。諦めてオムツを履かせると、ほどなくして大量のおしっこをしました。

トレーニングパンツやオムツを履かせた途端におしっこをすることが今までも何度かあったので、もしかすると娘は何か履いていないと安心しておしっこができないのかもしれない…という疑念を持ちました。

【その後~現在】トイトレは焦らずのびのびと

re_IMG_3760
床にそのままうんちをされてしまうという衝撃的な経験をした今回のトイトレ。
夏だからという理由で急にトイトレを始めてしまった筆者ですが、準備不足が否めず、事前にもっと絵本を見せるなどしてトイレのイメージトレーニングをしてあげればよかったと反省しました。

そもそもトイトレ開始当初は、トイトレを始められる目安と言われているおしっこの間隔が2~3時間空いているか自体が怪しいものだったので、気が早すぎたのかもしれません。

その後も相変わらずトイトレには苦戦しており、床にうんち事件も何度か起こりました。
トイトレを始めたころは早く終わらせたい一心で神経質になっていましたが、オムツはずれには個人差があるものだと知り、今はのびのびと気長に進めていけたらと思っています。

<文・写真:フリーランス記者 奥 汐紀>

この記事を書いたライター

奥汐紀さん
okuyuuki.jpg

夫は学生時代、イギリス留学中に出会ったルーマニア人。現在はフリーランスでWEBライター&シナリオライターの活動をしながら、おてんばな2歳娘の育児に奮闘中。

奥汐紀さんの記事一覧

関連記事

関連記事

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。