ママライフ

ラグやカーテン…色が子どもに意外な影響を与えている!?

子どもは十人十色と言われるように、それぞれに個性があります。また、成長段階やそのときの状況によって、心理状態も変わるものですよね。そんな子どもに合わせて、リビングや子ども部屋に変化をつけると、事態が好転することも。
今回は二級建築士の筆者が、子どもの個性や状態に合わせた部屋の配色についてお伝えします。

少し落ち着いた生活をしてほしいときには【青】


「うちの子、寝るとき以外は少しもじっとしていられなくて…」という子どもにオススメなのは、気持ちを静め、心を落ち着かせてくれる“青”です。青は副交感神経に作用し、リラックス効果があります。
子ども部屋ならラグや寝具、棚や小物などに、リビングであればカーテンもいいですね。これからの季節は涼しさももたらしてくれるでしょう。手軽に取り入れるのであれば、マルチカバーに青系の色を用いてソファーにかけたり、クッションに青色を用いるのもおすすめ。

青色は食欲減退の効果があるため、青いテーブルクロスはダイエット中のママにはおすすめですが、育ち盛りの子どもには避けたほうが無難でしょう。

環境の変化でナーバスに…背中を押してあげたいときには【オレンジ】

何に対しても積極的な子がいる一方で、怖がりだったり人見知りだったり、あと一歩が踏み出せない子もたくさん。そんな子どもに取り入れてほしいのが、オレンジ色です。
太陽をイメージさせるオレンジ色は、活力をもたらし、勇気を与えます。親しみやすいカラーであることから、人見知り改善にも。協調性を高めてくれるため、リビングに使用すると家族仲が深まるかもしれません。
カーテンなど広範囲に取り入れると部屋全体の印象が明るくなりますし、子ども部屋の収納BOXなどに使うと、アクセントカラーとして目を引きそうです。洋服など身に着けるものにオレンジ色を用いてもいいですね。

思春期でギスギス!? 穏やかさを求めるときは【ピンク】

思春期に突入すると、親子間の関係もギスギスしがち。そんなときにはピンクを利用しましょう。
ピンク色は心を穏やかにしてくれ、優しい気持ちをもたらす効果があります。リラックス効果もあるため、イライラした心にはぴったりのカラー。親子間に限らず、夫婦間をよくしたいときにも使用したい色です。リビングにピンク色の花を飾るなど、ちょっとしたインテリアに用いてみてください。
子ども部屋となると、女の子であれば比較的取り入れやすい色だと思いますが、男の子の場合だとちょっと難易度が上がりますね。そんな時には、ピンク色と相性のいいネイビーを一緒に合わせることをオススメします。ネイビーとピンクの対のクッションを置いたり、ピンクの含まれたボーダーのラグを敷いたり。ピンクは上手に使うとぐっとオシャレに仕上がりますよ。

目指せ合格!受験を視野に入れるなら【緑】

緑は見る人への刺激が少なく、緊張感を緩和します。森林浴にリラックス効果があるように、緑は落ち着きや安心感を与え、疲労を軽減してくれる作用も。
そんな緑は受験時期にオススメです。学習環境に取り入れると、落ち着いて勉強に取り組むことができるため集中力も増します。また、目の疲れを緩和させる働きもあるため、長時間学習するときにもベストな色でしょう。
ぜひ観葉植物などで、緑を取り入れてみてくださいね。

モノトーンが好きなんだけど…【白や黒】は?

大人であればモノトーンが好きな人もいますが、黒は子どもにとって圧迫感のある色です。インテリアに用いるとおしゃれなのですが、不安感を強めたり、閉鎖的になる色なので、黒の多用は控えることをおすすめします。
白も多用は禁物です。清潔感があり、落ち着きそうなイメージですが、光を反射する白はまぶしさを感じ、緊張感を高めるため精神的にも落ち着きません。部屋を明るくするのであれば、オフホワイトやベージュといった淡い色でまとめるといいでしょう。

色は想像以上に心理状態に影響します。リビングや子ども部屋は長時間子どもがいる場所ですから、上手に配色してみてくださいね。

この記事を書いたライター

沖田 かへさん
okitakahe.jpg

2級建築士、照明コンサルタント、FP、心理カウンセラー、食育実践プランナー資格など所持する3児の母。夏はキャンプ、冬はスキーと、家族でアウトドアなライフスタイルを送る。ママ向けサイトを中心に、複数の媒体で活動中。

沖田 かへさんの記事一覧

 

関連記事

関連記事

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。