ママライフ

2027年まで待てない!親子で超電導リニアの体験乗車に行こう

IMG_1583
2027年開業予定のリニア中央新幹線。時速500キロというスピードで、品川~名古屋を最速40分、品川~新大阪間を最速67分でつなぐと言われています(品川~新大阪は最短2037年開業予定)。大人も子どもも、その日まで期待が高まりますね。
わが家のように、鉄道好きの子どもがいるお宅ならなおさらのことでしょう。そんな子鉄が憧れる超電導リニアに、筆者家族一同で体験乗車してきました! 今回は乗車に至った流れと、その体験談をお伝えします。

抽選で当たれば誰でも体験できる!

超電導リニアの体験乗車をJR東海で募集していることを知ったのは2016年のこと。2014年から応募が始まり、年に数回に分けて募集をしているようです。
うちの子鉄のために、筆者も応募すること3回。見事2017年の秋に当選し、当時6歳だった息子は大喜びです。場所は“山梨県立リニア見学センター”。体験乗車は夕方だったため、リニア見学センターに併設されている“どきどきリニア館”でそのときを待ちます。

“どきどきリニア館”も見どころ満載!

“どきどきリニア館”は、超電導リニアについて楽しく学べる施設で、実際にリニアが走行している様子を見ることもできます。リニアの体験乗車とは関係なく、入館料を支払えば入ることが可能です。

館内に入ってすぐ、大きなリニアがお出迎えです。試験車両として使われていた実物で、その姿は迫力満点!
IMG_1531
リニア開発の歴史では、歴代リニアの模型を見ることができます。
IMG_1536
小さな子どもでも楽しめるのが、ミニリニア。実際に磁力で浮上し、磁力走行を体験することができます。
IMG_1543
小学生以上であれば、超電導のしくみが装置を使って体験できるスペースが楽しめそうです!
IMG_1552
ちなみにわが家の子鉄がはまったのが、リニアのジオラマ。本物の街の模型のなかでリニアが走る様子は大人が見ても面白いものでした。
IMG_1556
ジオラマと同じ3階フロアにあるリニアシアターでは、時速500キロの走行を映像や振動で体感ができ、見学ラウンジでは外を走る超電導リニアの走行試験を見ることができます。短い距離をリニアが走り抜けるため、その姿を目撃できるのはわずか2~3秒!

そのほか、超伝導体の特性がわかる実験は大人でも食い入るように見つめる人が多数。
“リニアどきどき館”にはキッズコーナーもあるため、子どもが飽きてしまったり、乳児がいるご家庭でも安心です。

いよいよリニア体験!

時間がきたらリニア体験会場へ向かいます。
待合室で乗車の説明を聞き、リニアに搭乗。リニアの中は普通の新幹線とさほど変わりありません。
約40kmの区間を往復走行、30分ほどの乗車です。
IMG_1576
リニアは磁力で浮上して走行します。実際に動き出してみると…想像していた以上に走る音が大きく、スピードを上げてほどなくして浮き上がる感じは飛行機の離陸に似ていました。
乗車中はその速度がわかるように、何km地点を走っているか、どれほどのスピードが出ているかを画面で表示してくれます。
すぐに時速は320kmを突破。現行している新幹線は320kmが最高時速ですから、この時点で新幹線と同じ速さ、こののちに時速500kmをマークします。
IMG_1579
リニアはほとんどがトンネルのため、風景を楽しむといったことは期待できません。夕方でお疲れの時間のため、当時3歳の娘は走行中に眠ってしまいました…。

乗車時間の30分はあっという間に終了。乗ったリニアと記念撮影をしてその場を後にしました。子鉄はもちろん、親も楽しめた1日でした!
息子は初めてのリニアに「すごかったね!」と興奮気味ではありましたが、山梨に向かうまでに乗った特急列車の“かいじ”の初体験も嬉しかったようで、子鉄にとってはリニアも在来線もあまり変わらなかったのかも…?(笑)でも、どちらも特別なこととして心に刻まれたようです。

今すぐ申し込もう!

2019年第1回リニアの体験乗車応募は2月4日(月)まで。募集案内にもあるように、週末や早い時間の体験乗車は応募が殺到するようですので、それを避けて応募すれば当選確率が上がりそうです。筆者も平日の夕方を狙って当たりました。興味のある方はぜひ応募してみてくださいね!

【参考】
JR東海
山梨県立リニア見学センター

この記事を書いたライター

沖田 かへさん
okitakahe.jpg

2級建築士、照明コンサルタント、FP、心理カウンセラー、食育実践プランナー資格など所持する3児の母。夏はキャンプ、冬はスキーと、家族でアウトドアなライフスタイルを送る。ママ向けサイトを中心に、複数の媒体で活動中。

沖田 かへさんの記事一覧

関連記事

関連記事

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。