ママライフ

絵本は壁収納で省スペースに!ママ支持率の高い、わが家の本棚

okita1

子どもの絵本はどこに収納していますか? 本棚は意外とスペースをとり、リビングに配置したいと思う一方で、収納場所に頭を悩ませる人も少なくありません。
筆者宅では本を壁収納しています。壁に取り付けるだけなので、省スペースで済むというのが最大のメリットです。今回は、家に遊びに来たママのほとんどが「これ欲しい!」と言う、わが家の壁収納をご紹介します。

狭い部屋に絵本を置くために

fe85c8b289129709667e356c68aea4b0_s[1]筆者は、長男が赤ちゃんのころから「絵本は壁収納にしたいなぁ」と思っていました。過去記事の『本好きな子どもに育てるための3つのポイントを保育士に聞いてみた』でもお伝えしましたが、子どもを絵本好きにするためには、手の届く場所にいつでも絵本があることが大切。そのため、リビングの狭い家に住んでいた当時は、いかに絵本を配置するかが重要課題だったのです。
もともとインテリアにこだわりをもっているため、妥協はできません。「絶対にあるはず!」とイメージに合うものを徹底的に調べあげました。簡単に見つかると思っていた本の壁収納ですが、意外とこれがないのです(絶対に需要はあるはずなのに)。
最終的に行きついたのが通販会社の『セシール』。これならわが家でも絵本収納ができる、と即買いしました。

<記事が続きます>

ひと目見てすぐわかる絵本収納

実際に配置した様子が下の写真です。
okita2

スペースをとることなく、絵本が収まっています。一度にたくさんの絵本は収納できないのですが、ひと目見て何の絵本があるのかがわかるため便利です。
とはいえ、家にある絵本は現在200冊以上。この壁収納はリビングに2つ配置しているのですが、とてもではないけれど収まりきりません。そのため、残りの絵本は寝室と子ども部屋、ロフトに置いています。
「最近あまり絵本を取らないな」と思ったタイミングで、違う部屋のものと交換。子どもたちは変化に敏感です。すぐに並んでいる絵本が違うことに気づき、「この絵本、久しぶり!」と手に取ってくれます。

壁収納のメリット・デメリット

かれこれ5年以上この収納を利用していますので、個人的に思うメリットとデメリットをお伝えします。
【メリット】
・省スペース
・表紙が見えるので、何が置いてあるかわかりやすい
・壁や天井に穴を開けないので、賃貸住宅にも使用可能
【デメリット】
・絵本をたくさん置くことはできない
・上段は子どもの手が届かない
・1か月に1度メンテナンスが必要

狭い部屋に配置できることはもちろん、子どもがいる部屋は広いに越したことはないので、どんな部屋でもコンパクトに本を収納できてしまうのは魅力です。
一方で、上の方は絵本を置いても子どもの手が届かないため、「あの絵本取って~」に対応しなくてはならないというデメリットがあります。そのためわが家では、上段に大人の本を並べることもあります。
また、突っ張り収納になるため、しっかり突っ張りが保たれているか定期的にメンテナンスが必要です。特に木造住宅においては、木は気候のような環境に応じてある程度の伸縮があるため、何をしていなくても突っ張りがゆるむ可能性があります。
実際に一度、子どもが室内でつまずいた拍子に絵本収納に勢いよくぶつかり、突っ張りが少しゆるんでいたのでしょう、突っ張っている右側の棒が天井から外れてしまったことがあります。特にケガもなく大事に至りませんでしたが、月に1度はしっかりと突っ張っているか確認する必要があると感じました。

子どもの成長において絵本は大事なツールであり、親子のコミュニケーションにも役立つものです。いつでも手に取れるように、壁収納を利用してみてはいかがでしょうか?

【参考】
つっぱりスチール頑丈壁面本棚 – セシール

この記事を書いたライター

沖田 かへさん
okitakahe.jpg

2級建築士、照明コンサルタント、FP、心理カウンセラー資格など所持する3児の母。夏はキャンプ、冬はスキーと、家族でアウトドアなライフスタイルを送る。ママ向けサイトを中心に、複数の媒体で活動中。

沖田 かへさんの記事一覧

関連記事

関連記事

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。