ママライフ

苦手なトマト・オクラ・ナス…子どもも食べられる!克服レシピ

夏野菜のおいしい季節になりました。夏バテ予防に効果があると言われている夏野菜ですが、野菜が苦手なお子さんに手を焼いている方も多いですよね。
そこで今回は上手に夏野菜を料理にとり入れるために、新鮮な夏野菜の見分け方と、栄養士のHARUKAさんに聞いた子どもの苦手を克服する夏野菜レシピをご紹介します。
d9b07d8a1408ee30a01d6cfdc7f90ca2_s[1]

おいしい夏野菜の選び方

夏野菜は夏に成熟し、収穫する野菜を指します。代表的なものといえば、トマトやナス、キュウリ、オクラ、トウモロコシ。
これらの野菜はハウス栽培などにより1年中スーパーなどで買うことができますが、本来は夏が旬の野菜。旬物は栄養価が高いうえに、安く買うことができ、料理に生かさない手はありません。
おいしい旬の野菜ですが、さらにおいしく食べるために、新鮮な野菜を見分けるポイントを押さえておきましょう。

トマト
・色むらがなく、全体的に赤い
・ヘタがピンと立っている
・ヘタと反対側に、放射線状の白い線が均等に表れている
・持ったときにずっしりと重みを感じる

ナス
・ハリがあってつやつやした紫色
・ヘタのとげがするどく、触ると痛みを感じる
・ヘタの筋がくっきりとしている
・ヘタのすぐ下が太い

キュウリ
・表面のいぼがするどく、チクチクする
・太さが均一
・ヘタがしっかりと立っている
・全体的に濃い緑色

オクラ
・全体的に産毛に覆われている
・成長しすぎていない、小ぶりなもの
・全体的に濃い緑色
・ヘタが黒ずんでいない

トウモロコシ
・ヒゲの量が多く、茶褐色
・皮がみずみずしく緑色
・持ったときにずっしりと重みを感じる
・中身を見ることができる場合、粒が揃っていること
なお、トウモロコシは鮮度を保つために皮つきを選ぶほうがおすすめです。

全体的に言えることは、見た目にみずみずしさがあり、色つやのいいものということです。また、手に持ったときに重いほど、中身が詰まっている証拠。ポイントを押さえていれば、買い物に行ったときに迷わずに済みますね。

夏野菜レシピ

今回は、トマトとオクラとナスを使った料理を教えてもらいました。どれも簡単なので、お子さんと一緒に作ってみてください。自分が作った料理は食べたくなる傾向があるようで、食べ物に興味をもつきっかけにも。

【トマトの苦手克服レシピ】
トマトが好きな子どもには、切ってお皿に盛るだけで手軽に食べられるのですが、好きでない子どもにとってはハードルの高いもの。そこでトマトを調味料と和えて、しっかり味付けし、独特の風味を抑えましょう。
IMG_2866
トマトの中華風サラダ
(材料)
・トマト中サイズ 2個
・砂糖 大さじ1
・ごま油 小さじ1.5
・中華だし 小さじ1
・酢 小さじ1
・しょうゆ 小さじ1
・すりごま 大さじ1
(作り方)
1.トマトは乱切りにする
2.トマト以外の材料を混ぜて、そこにトマトを和えれば完成

【オクラの苦手克服レシピ】
オクラを刻んでわからなくするのも1つですが、オクラに対する苦手意識を変えたいのであれば、あえて中身を見せるカットの仕方で包み隠さずオクラを全面に押し出してみましょう。
筆者の娘もオクラは苦手なので見た目で拒否していたのですが、「一口だけ」と食べさせたあとはパクパク喜んで食べ、おかわりをねだるほどでした!
dav
オクラバター
(材料)
・オクラ
・バター
・しょうゆ
(作り方)
1.オクラをさっと湯がいて、ヘタを切り落とし、縦半分に切る
2.切り口にバターを乗せ、しょうゆをほんの少し垂らして出来上がり

【ナスの苦手克服レシピ】
カレーライスは子どもの好きな鉄板メニュー。また作り手としても手軽にできるため、親子ともどもうれしい料理の1つです。ナスはしっかり炒めて食感と風味を変え、カレーになじませることで苦みを感じにくくさせることができます。
IMG_2873
ナスとひき肉のカレー
(材料)
・ナス 2〜3本
・豚ひき肉 200g
・サラダ油 大さじ3
・にんにく(すりおろし) ひとかけ
・しょうが(すりおろし) ひとかけ
・ローリエ 1枚
・コンソメの素 少々
・カレールゥ(好みの物)
(作り方)
1.ナスはヘタを切り落とし、1.5cm角に切る
2.鍋にサラダ油を熱し、にんにくとしょうがを弱火で香りが立つまで炒める
3.水気をきったナスを加え、弱火〜中火でじっくり、ナスがクタクタになるまで炒める
ひき肉を加え、色が変わるまで炒める
(お好みで、カルダモンを加えるととても良い香りに)
4.水、ローリエを加え、アクを取ったらコンソメを入れて10分ほど煮込む
5.火を止め、ルゥを割り入れ弱火で10〜15分煮込んだら完成

暑さで疲れやすい夏ですが、規則正しい生活習慣に加えて、食生活に旬をとり入れることで元気に夏を乗り切りたいところ。ぜひ参考にしてみてくださいね!

<文・写真 フリーランス記者:沖田かへ>

この記事を書いたライター

沖田 かへさん
okitakahe.jpg

2級建築士、照明コンサルタント、FP、心理カウンセラー資格など所持する3児の母。夏はキャンプ、冬はスキーと、家族でアウトドアなライフスタイルを送る。ママ向けサイトを中心に、複数の媒体で活動中。

沖田 かへさんの記事一覧

関連記事

関連記事

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。