ママライフ

家に蚊を侵入させないために今すぐ対策できること

夏になると元気に遊ぶ子どもの体には蚊に刺された跡がいっぱい…。特に子どもは大人よりも体温が高いために、蚊の格好の的になってしまうと言われています。
せめて家の中くらいは安心して過ごしたいところ。今回は二級建築士である筆者が、家に蚊を侵入させない工夫をお伝えします。

1:網戸は右側にする

369dab6b5243fa9b13c1d90a9da8a19f_s[1]
風通しをよくするために窓を開けた際、網戸は右と左のどちら側にしていますか?
蚊を侵入させないためには、家の中から見たときに網戸を右側にするのが正解です。

網戸を左側にしていると、網戸とサッシの間に隙間ができます。これは、窓のサッシが家の中から見たときに“右側が手前、左側が奥”というところに関連します。
右側に網戸がある場合、窓が閉まっているのは左側です。網戸は最も奥に位置しているため、閉まっている左側の窓のフレームと網戸のフレームが重なり合います。そのため、網戸と窓の間に隙間ができません。
しかし左側に網戸がある場合は、閉まっている窓が右側ということ。右側の窓は手前のサッシですから、網戸のフレームと重なることはありません。網戸を左側にして窓を半開にしてみると、家の中と外に小さな虫が通れるスペースが確認できるかと思います。
人間にとっては小さな隙間でも、小さな蚊にとっては家の中に入れる通り道。どちらを網戸にしても問題がない場合には、右側の窓を開放して網戸にすることをおすすめします。

2:換気扇にネットをつける

611dbb63d6e6a3bc2785b0fbf51770d1_s[1]
「どこも開いていないはずなのに、どうして家の中に蚊がいるんだろう?」と疑問に思ったことはありませんか?
ドアや窓の開け閉めがなくても家の中に蚊がいる場合、換気扇から入ってきている可能性が考えられます。換気扇は開口部ではないため見落としがちですが、小さな虫が入ってくるのに十分なスペースがあるのです。
換気扇には換気扇用の虫除けフィルターを使用することで、蚊の侵入を防ぐことが可能です。もし余っているストッキングがあれば、換気扇カバーにかぶせるという方法でもOK。ストッキングの網目は細かいので、空気を通しながら虫の侵入を防ぐことができます。

3:水を溜めない

蚊は水場で卵を産みます。水場といえば川や池を思い浮かべますが、住宅街にも発生源はいくらでもあります。
筆者が過去に住んでいた家は、玄関の前に下の写真のようなグレーチングがあったため、蚊の温床になっていました。

8ccbeedff5cd5386eb43a0ce7fdb3247_s[1]
こういった水溜まりはもちろん、少量の水でも蚊は大量に卵を産みつけます。
たとえば家の前やベランダにバケツやジョウロなどがあれば要注意。雨が降るだけでそこは蚊の繁殖地になってしまいます。家庭菜園をしている場合など、鉢植えの受け皿に溜まっている水が蚊を大量発生させているかもしれません。
家の周りでできる限り、水場を作らないよう心がけたいところです。

そのほか、蚊が衣服についたまま家に入ってしまうケースもあります。家に入る際には、玄関の前で一度衣服をはたくほうがいいでしょう。

家で快適に過ごすために、ぜひ参考にしてみてくださいね。

<文・写真:フリーランス記者 沖田かへ>

この記事を書いたライター

沖田 かへさん
okitakahe.jpg

2級建築士、照明コンサルタント、FP、心理カウンセラー資格など所持する3児の母。夏はキャンプ、冬はスキーと、家族でアウトドアなライフスタイルを送る。ママ向けサイトを中心に、複数の媒体で活動中。

沖田 かへさんの記事一覧

関連記事

関連記事

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。