ママライフ

元保育士ママがわが子の少食に悩んで出した答えは

せっかく作ったご飯を数口しか食べてくれない! 食の細い子どもにイライラしてしまうことはありませんか?

親になってびっくり!わが子が少食過ぎる

筆者が保育士をしていた頃、受け持ちの子どもたちは、好き嫌いがあったり、食べる量であったり、個人差があるものの、ほとんどの子が給食をある程度食べる、もしくは残さず食べる。それが当たり前の食事風景でした。
しかし、ママとしてわが子をいざ育ててみると、びっくりするほど食べないのです!

保育園の子どもたちが給食をよく食べるのはなぜ?

保育園でどの子どももよく食べていた理由は、友達の存在が大きいと思います。1~3歳は、友達がしていることは何でもしたくなる年頃。友達が隣で食べる、その環境だけで「ぼくも!」「わたしも!」と、自然に食事への意欲につながります。

また栄養士が食事を用意し、数名の保育士が協力して保育するので、子どもを待たせず楽しい雰囲気で食事をスタートできるところも、よいのだと思います。普段からおままごとや絵本、制作あそび、野菜を育てるなど、あそびの中で食育をしているということも意欲につながっています。ママがそれら役目をすべてひとりでこなすなんて、至難の業ですよね。

少食な子ども、解決策はあるの?

そんな時、一般的に言われているのが
・もっと運動をさせましょう
・一緒にいる大人がおいしそうに食べましょう(楽しい雰囲気作り)
・おやつを減らしましょう
・彩りや見た目を工夫しましょう
・絵本や遊びの中で食への興味をもたせましょう
このようなアドバイスです。筆者も保育士として勤務していたころ、保護者に伝えていたことです。

忙しいママでもすぐできる!おすすめの声かけ

忙しいママでもすぐできる、子どもの気分がのらない時におすすめの声かけ法を紹介します。

・「ごはんが逃げていくよ~お口で捕まえて!」
これはあまのじゃくな子どもにぴったり。食べたら「いててー!」と痛がると大笑い。
・「りすさんのお口で小さく食べよう」「次はライオンさんのお口で大きく食べよう」
変化をつけると楽しく食べられます。
・野菜を食べたら「わ!ほっぺがつるつるになったみたい!」、お肉を食べたら「あれ?筋肉ムキムキになったね!」
子どもが喜ぶ食べ物の効果を伝えます。なるべく具体的なことを伝えると、だんだんと自分から意識して食べるようになってくるのでおすすめです。

それでも少食、悩んだ日々から出した答えは

筆者は上記のことを心がけながら、息子に食事を与えていましたが、離乳食は数口食べればよい方、という感じで卒乳を迎えました。卒乳してから、とにかく栄養面が心配でした。数口食べたら「もういらない」となってしまうのであとは必死に気を引いて1時間近くかけてやっと用意した量の半分を食べる、なんてことも。毎食とても辛かったことを思い出します。

おやつを減らす作戦をした時は息子にぐずられて大変だったうえに、さらに不安になりました。おやつを減らしてもご飯の量は増えなかったので、単純に1日の食べる量が減っただけになってしまったのです。
どうしてこんなに少食なんだろう…と悩みに悩んだ結果、もしかして息子にはこれで足りているのでは?という結論に。

その理由は
・少しずつでも大きくなっている
・元気でよく動きまわっている
・ほとんど風邪もひかず体が強い
ということ。実は、少量しか食べなくて困る理由はなかったのです。

与えるものの質を変え、おやつもひと工夫

食事を摂取する量が少ない分、与えるものは、栄養価の高いものを選ぶよう気をつけました。おやつも大事な栄養摂取と考えひと工夫。

【おやつの一例】
・煮干し、プリン、チーズ、ゆで卵、ミートボール、お魚ソーセージ、枝豆などのたんぱく質
・おにぎり、パン、さつま芋、ジャガイモ、トウモロコシなどの炭水化物
・おからや野菜入りのパンケーキ、蒸しパン、お麩ラスク、クッキーなどの手作りおやつ
・バナナ、ミカン、リンゴなどのフルーツ

食事は、何種類も出しても手をつけないので、スープや炒め物1品の中に野菜もたんぱく質も入れて、おかずを1種類しか食べなくても栄養が偏らないような工夫をしました。
そして例え夕食を少ししか食べなくても、おやつで栄養を摂れているからOK!こう考えることが、お守りのように不安やイライラを和らげてくれました。この子はたくさん食べなくても大丈夫、と思うようになってかなり気持ちはラクになりました。

心配しすぎず、笑顔でごはん

そして現在6歳になった息子。

好き嫌いせず、何でも食べるけれどやっぱり少食。決して大きくはないものの、標準体重身長内、体は強く運動が大好き! 問題なくたくましく育っています。

驚くことに、最近よく食べるな、という日が数日続いたら背がぐーんと伸びて、また少食にもどることも多々あります。自分の必要な量をわかって食べているのかなと不思議な力を感じます。

健診や育児書などで「これくらい食べさせましょう」と提示される量はあくまでも目安。その目安に苦しむママはたくさんいるのではないでしょうか? うちの子、その量が本当に必要? 一度じっくり考えてみるとラクになるかもしれません。

ちなみに今3歳の娘の場合、ご飯が進まないのは、お兄ちゃんと同じ量のおやつを食べてしまうから。単純におやつの食べ過ぎですから、ママの対策が必要です…。

育児の悩みは尽きませんが、それはまた余裕のあるときに考えるとして、楽しく心の栄養いっぱいの食事タイムにすること、そのためにママが肩の力を抜くこと。これこそが、子どもの心身の健康な育ちに、1番大切なことだと思います。

この記事を書いたライター

nicoaiさん

小学1年生の男の子、3歳の女の子の2児のママ。 元幼稚園教諭、元保育士。わが子の子育て120%楽しみたい! 目指すは笑顔いっぱいのゆる育児。手作りオモチャやおやつが得意。家族と自身の健康のため、グルテンフリー、シンプル味付けの料理を研究中

nicoaiさんの記事一覧

関連記事

関連記事

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。