ママライフ

赤ちゃんのおむつ代を節約する便利グッズ!漏れる・かさばるも即解決

わが家では息子が1歳半を過ぎた頃から、おむつをしていても睡眠中におしっこが漏れることが頻発し、毎日大いなる悩みとなっていました。これを解決してくれたのがおむつライナー。
使ってみると、漏れ防止のほか、荷物やゴミの軽量化、おむつ交換の簡便化、おむつ代の節約ができるなど、大変優秀なアイテムであることがわかりました。
今ではわが家になくてはならない存在となった、おむつライナーの魅力を紹介します。

おむつライナーとは


おむつライナーは、おしっこを吸収するもので、大抵はおむつ売り場に並んでいます。
使うときは、おむつや下着の内側にセット。濡れたらライナーだけを交換することができるので、必ずしもおむつごと交換する必要はありません。

睡眠中の漏れ防止

息子は普段から水分を多く摂る傾向があり、夜寝る直前にも水分補給しないと寝てくれません。その分おしっこの量も多くなります。
1歳半を過ぎた頃からはおしっこの量が増え、夜の間に漏れてしまうように。当然、息子も私も熟睡できません。洗濯物も増え、かわいそうに思う気持ちとイライラする気持ちとを抱える毎日をおくっていました。

そこで私は、漏れ問題を解決しようと以下にトライしてみました。

・夜専用おむつを使う→金額が高い割に漏れる場合もある
・おむつのメーカーを変える→どれも漏れる
・テープタイプを使う→吸収量が増えるわけではないので効果なし
・水分摂取を控えさせる→本人にとっての適量がわからないので制限したくない
・寝る前にトイレに行く→狙ったタイミングで排泄するのがまだ困難
・夜中におむつを交換する→目が覚めてしまい再度寝かしつけるのに時間がかかる

など、なかなか有効な方法は見つかりませんでした。

そんなときに偶然目についたのが、おむつライナーでした。
ダメ元と思って軽い気持ちで試してみたところ、朝になっても漏れていない! 毎日悩んでいただけに、濡れていないパジャマを見て感動しました。

今までなら、朝になるとおむつの全体がパンパンで限界でしたが、ライナー使用時はおむつ自体の吸収量にまだ余裕がありそうな感じでした。ライナーとおむつのダブルで吸収するので安心の吸収量となったようです。
この日から3歳になる今まで毎晩使用していますが、一度も漏れたことがありません。
息子もすっかり気に入っていて、おむつ換えのときには自分から「赤する?(パッケージが赤いことから)」と持ってくるようになりました。

濡れたおむつが気持ち悪くて起きてしまうタイプなら、夜中にライナーだけを取り除いてあげればOK。通常のおむつ交換よりも断然簡単なので子どもが覚醒する間もなく完了します。

外出時の荷物軽量化・おむつ交換の不安解消

おむつを持っての外出は荷物が多くて大変ですね。泊りがけとなればおむつだけでバッグがいっぱいになるほど…。そして外出先でのおむつ交換は場所を探すのも一苦労で、見つけても衛生面で不安なことも。
さらに使用済みおむつを持ち歩かなければならない場合もあります。
そんな悩みも、おむつライナーが解消してくれました。

おむつライナーは、おむつに比べて1/3程度の大きさなので荷物の量が圧倒的に少なく済みます。私はおむつを2枚持つところをそのうち1枚をライナーに代える感覚で使っています。これだけでも荷物量はぐっと減ります。
また、ライナーは個包装されている点も持ち運びに適しています。
使用済みのゴミも小さくて済むので、持ち帰るときもラク。家庭でのゴミ捨ても小さく軽くすることができます。

また、ライナーだけを取り外したり交換したりすることができるので、ちょっとズボンとおむつを下ろしてライナーだけを処理することが可能。交換場所が見つからない場合や車の中などでも簡単です。

トイレトレーニングの補助

息子は今3歳になったところで、トイレでおしっこをすることもありますが、基本的にはまだおむつを使用しています。
しかし、もうすぐお風呂というタイミングで交換しなければならないときなど、おむつを使うのがちょっともったいないと思うときには、布のパンツにおむつライナーをセットして履かせています。布パンツだけではちょっと不安なときも、ライナーがあれば安心です。

息子はパンツを履くことでお兄さんになった感覚を持てて、より一層トイレですることを意識してくれたように思います。

おむつライナーで、1か月1000円以上の節約

私が使用している商品はピジョンの「おしっこ吸収ライナー」で、価格は1枚あたり約13円。
ビッグサイズのパンツタイプおむつが1枚あたり約29円、夜専用タイプの場合は1枚あたり約60円であることに比べると格段に安いです。
例えば日中におむつを6枚、睡眠時は夜専用おむつを1枚使用した場合のおむつ代は1日234円。これを、日中のおしっこが少ないときはセットしておいたライナーだけを外し、夜は普通のおむつ+ライナーを使用した場合、1日200円以下に抑えることができます。
その差額は1か月で1000円以上、すなわちおむつ1パック分に相当する金額を節約することができます。

私は、さまざまな場面でメリットのあるおむつライナーを知ってから、大ファンになりました。
多くのママやパパにこの便利さを感じてもらえたらうれしいです。

この記事を書いたライター

nekotaayaさん

元気すぎる息子(3歳)との毎日で、育児とは体力勝負であることを実感中です。子どもを保育園に預けて仕事をしているため、仕事以外の時間は子どもと遊びたいけど体力も温存したい…。そんなわけで、手間を掛けずに楽しくなる方法を日々模索しています。

nekotaayaさんの記事一覧

 

関連記事

関連記事

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。