ママライフ

【100均】ワイヤーネットで本やおもちゃの収納を作成。仕切り代わりにも

子どもにテレビを見せるとどうしても画面に近づいてしまいます。
テレビ用のキッズパーテーションが市販されていますが、設置したい場所にピッタリのものを見つけるのはなかなか難しい…。
そこで100均でそろえた材料で自分仕様の物を作ってみました! サイズや形のアレンジは無限大、クギや工具を使わないので簡単かつ作業中も安全です。


材料

【基本の材料】
 ・ワイヤーネット
 ・結束バンド
【アレンジ用の材料(お好みで)】
 ・ワイヤーネット
 ・カゴ
 ・ブックエンド
 ・ステンレス製油切り網
 ・結束バンド(取り外し可能なタイプ)

いずれも一般的な商品で、どこの100均でも購入可能です。
私は「キャンドゥ」で基本用とアレンジ用合わせてワイヤーネットを21枚、「ダイソー」でプラスチック製のカゴを4個購入しました。そのほかに、2種類の結束バンドなどを購入し、材料費の合計は約3000円(税別)。市販のキッズパーテーションが1~2万円なので格段に安く仕上がっています。

ワイヤーネットは設置場所に合ったサイズ、枚数を用意してください。特に重要なのは高さです。子どもに適した高さを基準に選びましょう。
幅はネットの枚数を増やしたり、一部を重ねて設置することで調整できます。余った場合には変形を防ぎたい箇所に重ねて配置することで補強用として利用したり、収納棚の材料としても活用できます。

ワイヤーネットをつないでパーテーションに

テレビ台を囲むようにワイヤーラックを設置して、結束バンドで結びます。
結束バンドの余った部分は、ネットの網目に沿うようにすると目立たなくなります。ハサミで切ると見た目はスッキリしますが、切り口が尖ってしまい子どもにとって危険です。
ちなみにテレビの下に敷いてあるワイヤーネットは防災のため。ビニール紐でテレビ台と固定し、結束バンドでテレビの脚を固定しています。

収納棚を入れこむことで固定できる

パーテーションを組み立てただけだとちょっと押しただけで動いてしまいます。
パーテーションをテレビ台や壁に固定できないわが家の場合、試行錯誤の結果たどり着いたのが、パーテーションの一部を棚にして本やおもちゃの収納スペースにすること。収納物が重石の役割を担ってパーテーションが動くのを抑制してくれます。

プラスチック製カゴを本棚に


収納スペースはカゴやワイヤーネットを使っていろいろな形にアレンジできます。
たとえば、パーテーションの外側にワイヤーネットを追加して、上から見てコの字型になるように組み立てます。コの字の内側に結束バンドでカゴを固定します。
わが家では上段にこのカゴを取り付けて本棚やおもちゃ箱にしています。カゴの内側に仕切りを付けたい場合は結束バンドでブックエンドを取り付けます。本を並べると結構な重さになるので重石に適任です。

ワイヤーネットを棚板に


ワイヤーネットは力を加えると折り曲げることができます。壁の角やテーブルの端などを利用すると直角に加工しやすいです。ネットをコの字型に折り曲げて、折り曲げた部分を側面に連結して棚板にします。
この棚板は軽い物を載せるならいいのですが、1枚では本を収納するには強度不足でした。そこで棚板の底面側にステンレス製の油切り網を入れることで、なんとか本の重さに耐えられるようになりました。

ワイヤーネットをポケットに


ネットを折り曲げてポケット状に。これはちょうどいいサイズのプラスチック製カゴが見つからなかったときに思いついた方法です。ワイヤーネットの折り曲げた部分を前面に配置して固定します。パーテーションと同じ幅のワイヤーネットを使うことでピッタリの大きさのカゴになります。

カゴを直置き


重石に充分な重さが他の部分で確保できている場合には、棚板を付けずに収納スペースとして利用するのもアリです。
わが家ではおもちゃを入れたカゴを床に直接置いています。オムツ置き場にしてもいいですね。

開閉式の工夫


日頃の使い勝手としてはしっかり固定されていた方がいいですが、パーテーションの内側を掃除するためには分解しやすい方がいいです。
通常の結束バンドは一度取り付けたら切る以外には外せないので、繰り返し使用可能なタイプがおすすめです。
パーテーションのうち開閉したい部分にこのタイプを使えば、必要に応じて開閉することができます。子どもにバレると外されてしまいますので、目立たない個所で使用しましょう。

わが家では子どもがテレビに近づくことを防ぎながら、収納も兼ねて、とても便利に使っています。組み立て直すのも簡単なので時々アレンジしています。
また、キッズパーテーションは子どもが成長すればいずれ不要になります。専用の商品を購入した場合はその処分を考えなければなりませんが、ワイヤーネットなら分解して再利用することができることも利点です。

この記事を書いたライター

nekotaayaさん

元気すぎる息子(2歳)との毎日で、育児とは体力勝負であることを実感中です。子どもを保育園に預けて仕事をしているため、仕事以外の時間は子どもと遊びたいけど体力も温存したい…。そんなわけで、手間を掛けずに楽しくなる方法を日々模索しています。

nekotaayaさんの記事一覧

 

関連記事

関連記事

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。