ママライフ

赤ちゃんも一緒に!離乳食に応用OKのクリスマスメニュー


クリスマスの色と言えば赤。食事にも赤い食材を取り入れて、クリスマスシーズンを盛り上げましょう。
どれも簡単にできて、離乳食への応用も可能です。

ミニトマトでちっちゃいカプレーゼ

812A8F08-1DB3-4E1E-A152-91FE3B7A44AD
トマト、モッツァレラチーズ、バジルで作るカプレーゼはイタリア料理の定番の前菜です。彩りも鮮やかでクリスマスカラーそのものです。
◆大人用
今回はミニトマトを使って大人がつまんで一口で食べられるようにしました。モッツァレラチーズは切れているタイプの商品を購入すれば切る手間も省けます。
(材料)
ミニトマト
モッツァレラチーズ
バジル

(作り方)
1. ミニトマトのおしり側から切り込みを入れる
2. モッツァレラチーズとバジルを適当な大きさに切って、ミニトマトの切れ込みに挟む
3. オリーブオイル、塩、こしょうをかける

◆離乳食後期~完了期
この時期の子どもはトマト、チーズ、バジルともに食べられますが、トマトの皮が苦手な場合は湯むきしてください。モッツァレラチーズが不安な場合はカッテージチーズや1歳から食べられるチーズを使うと安心です。バジルは香りが強いため嫌がる場合があるので、サラダ菜や茹でた小松菜など他の野菜と入れ替えてもOK。写真では枝豆を使っています。
(作り方)
具材をすべて一口サイズに切って和えます。お好みにより調味料を加えてください

☆離乳食期の注意
初期はチーズを使わない方がよいでしょう。代わりの白い食材には豆腐や白身魚を。またバジルは刺激が強いのでほうれん草や小松菜を使いましょう。

パプリカで鮮やかなゼリー寄せ

FFDF90C5-A47B-4008-B745-ACFEA0644750
赤い色が鮮やかな赤パプリカのほか、切り口がかわいいオクラやヤングコーンを使ったゼリー寄せです。食材は何を入れても大抵おいしくなります。
◆大人用・離乳食完了期
食べるときに切り分けることで具材が子どもの一口サイズになるので、子どもも一緒に食べられます。また、パプリカはピーラーで皮をむいておくと子どもも食べやすいです。ゼラチンの使い方は商品パッケージなどで確認してください。
今回はクリスマス用ということで、大根で雪、きゅうりとにんじんでツリーを表現してみました。切り口がツリーになるように重ねて配置します。上にのっている雪だるまは大根とにんじんです。
また、容器は牛乳パックを切って、内側にラップを敷いて利用。容器の大きさを自由に変えられることと、完成後に取り出しやすいというメリットがあります。

(材料)
コンソメキューブ
粉ゼラチン
赤パプリカ
オクラ
ヤングコーン
大根
きゅうり
にんじん

(作り方)
1. 食材を切る。オクラやヤングコーンはそのままでOK、その他の食材はオクラ等に合わせて細長く切る
2. 食材を茹でて、取り出す
3. ゆで汁にコンソメキューブなどで味を付ける
4. 茹でた食材を容器に並べ入れる
5. コンソメスープにゼラチンを溶かし、食材を入れた容器に流し入れる
6. 冷蔵庫で冷やし固める
※コンソメを入れるときに同時に牛乳を入れてクリーム味にすると全体が白くなって、それもクリスマスらしくてかわいいです

◆離乳食中期~後期
ゼラチンは完了期以降に食べられるようになるので、スープとして完成させます。パプリカ、オクラ、ヤングコーンは中期から食べられます。

(作り方)
大人用の工程の3が済んだら、別の鍋にスープを取り分け、食材を小さく切って鍋に入れ、水を加えて味を整えながら食材が柔らかくなるまで煮る。

☆離乳食の注意
初期はパプリカを使わない方がよいでしょう。オクラの種も除きましょう。ヤングコーンは通常のコーンのように薄皮を気にしなくていいので使いやすいです。ただし、水煮缶などを使用する場合は塩分が加えられている場合があるので注意してください。

イチゴでかわいいサンタさん

IMG_8830
子どもが好きなイチゴとバナナを使った、見た目がかわいいデザートです。
大人用はバナナの代わりに生クリームを使ってもおいしいです。また、顔をチョコペンで描くのも楽しいと思います(私は絵心がなくて断念しました)。

◆大人用・離乳食完了期

(材料)
イチゴ
バナナ
黒ゴマまたはチョコペン

(作り方)
1. イチゴのヘタ部分を切り落とし、さらに頭と胴体部分に切り分ける
2. バナナを切って、イチゴの間に挟む
3. バナナの顔部分に黒ゴマの目を付け、イチゴの切れ端で口を付ける
4. バナナの切れ端を帽子のポンポンとして一番上にのせる

☆離乳食期の注意
イチゴ、バナナは初期から食べられます。一口サイズやすりつぶしなど、月齢に合わせてください。

家族みんなで素敵なクリスマスを迎えられますように!

この記事を書いたライター

nekotaayaさん

元気すぎる息子(2歳)との毎日で、育児とは体力勝負であることを実感中です。子どもを保育園に預けて仕事をしているため、仕事以外の時間は子どもと遊びたいけど体力も温存したい…。そんなわけで、手間を掛けずに楽しくなる方法を日々模索しています。

nekotaayaさんの記事一覧

関連記事

関連記事

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。