ママライフ

乳幼児2人との海外旅行、わが家が絶対持っていく6アイテム

寒い年末年始に、あたたかい海外リゾートで過ごす人も多いですよね。これまでヨーロッパなどのタウン派だった私達夫婦も、子どもが産まれてからはハワイやバリ島や沖縄など、リゾート旅を楽しむように。
今回はリゾート旅に持って行って良かったと思えるアイテムを紹介します。

日焼け止め代わりに「長袖ラッシュガード」、部屋着には「甚平」

リゾート地では1日に何度もプールや海を楽しみますよね。その度に動きまわる息子を捕まえて、日焼け止めを塗るのはひと苦労。
そこでわが家は長袖のラッシュガードを準備し、着用させています。顔に日焼け止めを塗れば良いだけなので、お互いラク!

また部屋着として持って行った甚平が思いのほか重宝しました。着せやすく、速乾性もあり、動きやすく、さらに外国人からも好評で、お話しするきっかけになりました。

体の中から温めて、整える「即席スープと整腸剤」

0歳と3歳を連れての旅行中、毎回細心の注意を払っているのが体調管理! プールや海で遊んだあとは、部屋に戻って仮眠をとるように心がけています。
その際、日本から持って行った即席スープを飲ませて、身体の中から温めるようにしています。その甲斐あってか、大人はもちろん、子ども達も体調を崩したことはなく、めいいっぱい楽しめています。
即席スープは袋入りのものもありますが、スーツケースに空きがあればカップに入ったものがおすすめ! 食器を借りる必要がなく、お湯を注ぐだけで食べられ、さらに食べ終わったら捨てるだけなのでお手軽です。
ほかにも整腸剤のビオフェルミンを持参し、毎朝飲むようにしていました。

離乳食はライスシリアルが便利!

わが家では、普段からライスシリアルを愛用しているので、旅行にもライスシリアルを持参しています。お湯を注ぐだけで完成するので、簡単だし衛生的。キッチンのついていない宿泊先でも、すぐに作れます。
不足しがちな鉄分などの栄養素が含まれているのもありがたく、他の粉末のベビーフードと合わせれば、毎食味も変えられます。
写真のライスシリアルは、現在日本で販売している店舗はありませんが、海外のスーパーではよく見かけるので、機会があればチェックしてみてください。

ベビーカーはレンタルが便利!

0歳と3歳との子連れ旅行、毎度最後まで悩むのがベビーカーをどうするか問題。今までわが家は、レンタルしたことも、現地購入したことも、持参したこともあります。

ハワイでは、ベビーカーを現地でレンタル。抱っこ紐で空港まで行き、空港内では空港のベビーカーを使いました。現地に着いてからは、ホテルの近くでベビーカーをレンタルしました。
空港内のベビーカーは無料、現地では4日間で7ドルととても安く済みました。
ベビーカー本体はレンタルとは思えないほどキレイで、さらにストローラーマットはクリーニング済みのものをつけてくれたので安心して使えました。

現地購入したベビーカーは、安価で簡易的だったこともあり、息子は気に入らずあまり乗りませんでした。
結果、歩かない時は抱っこ紐を使う羽目になり、購入したベビーカーは荷物になるので、現地で処分しました。

国内からベビーカーを持参した際は、乗り慣れているということもあり、いつものようにベビーカーでお昼寝をしたり、操作がスムースだったりととても便利でした。
子どもが新しいものに慣れるまで時間がかかる場合は、持参するのもありだなと思います。しかし預けた際に傷がつくこともあるので、その辺りを許容できるかどうかがポイントになってくるように思います。

ママはここよ!と主張できる「派手派手ワンピ」

普段はシンプルな服が好きな私ですが、リゾート旅へ行く際は、派手なワンピースをたくさん持っていきます。リゾート気分を満喫したいという思いからでしたが、これが意外な面で活躍。
ちょっと離れた場所からでも、子どもがママの位置を認識しやすいのです。わが家はパパと子どもたちがプールに入って、ママがプールサイドでゆっくり…なんてこともしばしば。
そんな時もワンピースのおかげで、私もことをすぐに見つけられるようで重宝しています。

これからリゾート地を楽しむ家族が、渡航先で快適に過ごせますように。

この記事を書いたライター

かつきさん
narukekatsuki.jpg

育児も家事も仕事も副業も120%頑張りたいし、楽しみたい欲張りママッ♪ 3歳差の兄弟(3歳&0歳)育児に奮闘しながらも、「小さなしあわせ」を見逃さないようアンテナを張っています!

かつきさんの記事一覧

 

関連記事

関連記事

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。