ママライフ

都内・横浜から約1時間!子連れで高級懐石料理旅館へ行ってみた

21370965_1516067435180578_4837403030604312500_n
育児も家事もお仕事も副業も、どれも頑張りたいし楽しみたい! 最近、そんなママが増えているように感じます。
私自身もそんな思いで、去年の4月から職場復帰し、さらに今年の4月からはあんふぁんWebの公式ライターとなり、何事にも精力的な夫とやんちゃな息子と充実した毎日を送っています。
しかし、ふとした瞬間にとてつもない疲労感を感じることも。そんな疲れを吹き飛ばすべく、家族で高級懐石料理旅館「海石榴(つばき)」へ行きエネルギーチャージしてきました。奥湯河原へ1泊2日の小旅行でしたが、心身共にリフレッシュすることができました。
今回は、そんな素敵な時間を過ごさせてもらった「海石榴」の魅力をお伝えします。

最大の魅力は、部屋で高級懐石料理を楽しめること

21432990_1516067085180613_7875853468728240158_n
「海石榴」最大の魅力は、何と言っても食事です。高級懐石料理旅館とうたわれていることもあり、一品一品が作り込まれていて、至福の時間を過ごせました。蓄積していた疲れが、一気に吹き飛ぶような美味しさでした。
また「懐石」という日本が独自に生み出し、守ってきた文化を息子に伝えることができたのも、良かったと思えることの1つです。
お部屋で、家族のペースに合わせて食事ができることも、子連れには嬉しいサービス。食事の途中、息子は寝てしまいましたが、周りに気兼ねすることなく懐石料理を夫婦で楽しむことができました。 

<記事が続きます>

1時間しかじっとできない息子もOKの立地

21430058_1516067155180606_8628711981034110644_n
子連れとなると、まず考えてしまうのがアクセス方法。
乳幼児の頃は動き回ることがなかったので、飛行機やクルージングなど、様々な方法で海外旅行を楽しんできた我が家ですが、当時1歳8ヶ月の怪獣息子にとって、座っていられる時間は1時間が限界。そんな中、「海石榴」は都内からでも約1時間でアクセス可能! たった1時間で非日常を味わう空間へ行くことができました。
最寄り駅からは送迎バスも出ています。

翌日の着替えだけでOK!身軽に宿泊できる

21430353_1516067098513945_4109713123894055437_n
子連れ旅行となると、ママは荷物の準備が大変になることもしばしば。
しかし「海石榴」では、子供用の浴衣から、ボディーソープ、歯ブラシやスリッパ、食事まで準備いただけるので、翌日の着替えを持つだけで身軽に行くことができます。
もちろん子供用の準備だけではなく、大人用の浴衣や部屋着、高級アメニティ-も各種揃っていました。

本格的な真壁和室に宿泊できる!

image5
宿泊した部屋は、2間続きの真壁和室でした。ハウスメーカーで設計や現場管理を通して、200件近くの物件に携わってきましたが、古くから日本建築に用いれられてきた真壁和室を取り入れる住宅が無くなってきています。
最近では中々見ることのできなくなった漆喰の壁に息子は興味津々でした。そんな本格的な真壁和室空間を身をもって体感できたことも「海石榴」へ宿泊してよかったことの1つです。

我が家専属の仲居さん!?

image6
親切で気の利く、我が家専属の仲居さんが、身の回りのことを何から何までやっていただけたことも非日常を味わい、リフレッシュできた理由です。
食事の準備はもちろん、ちょっとお散歩して帰ってきたら冷たい飲み物を準備しておいてくれたり、温泉から帰ってくると布団を準備してくれていたり、昔から我が家のことを知っているかのように、タイミング良く、さまざまなお世話をしていただきました。

21432990_1516067038513951_1947507959077479600_n
いかがでしたか? 今回紹介したことは、「海石榴」の魅力のほんの一部。実際に宿泊することでしか味わうことのできない魅力、感動を探しに、宿泊してみてははいかがでしょうか? リフレッシュできること間違いなしです!

公式HP: https://www.tubaki.net/

<文・写真:フリーランス記者 かつき>

この記事を書いたライター

かつきさん
narukekatsuki.jpg

2歳の男の子、2人目妊娠中のワーキングマザー!育児も家事もお仕事も副業もぜ~んぶ楽しみたい、欲張りママッ♪♪おうちじかんも旅行もお出掛けも大好きです!

かつきさんの記事一覧

関連記事

関連記事

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。