ママライフ

乳幼児との海外旅行は<クルージング>が大正解!!

ゴールデンウィークやお盆休みなど、これから始まる長期休暇の計画を立て始めているママも多いのではないでしょうか? 今回0歳の息子との海外旅行にクルージングを選択し、大正解だったポイントを紹介します。

24時間体制の医療

乳幼児との海外旅行で一番心配なことは、子どもが体調不良になることではないでしょうか? 乳幼児だと自身の症状を言葉で伝えることもできないので、万が一何かあったことを考えるが故に、海外旅行に踏み出せないという話を多々聞きます。しかし、クルージング船内では医療体制が整っており、緊急時には24時間いつでも対応してもらえます。今回、我が家はイギリス船に乗船しましたが、日本語で受診できるサービスも整っていました。万が一に備えて、母子手帳のコピーを持っていくとさらに安心です。

船内どこでもベビーカー移動が可能

船内、どこでもベビーカー移動できるのも魅力の一つ。クルージング旅行は、老後の旅を応援する目的でツアーが組まれていることが多く、車椅子での乗船も視野にいれています。そのため、船内施設はバリアフリーが徹底されていて、ベビーカーでの移動に困ることは一度もありませんでした。
_DSC5031

一緒に温かい食事を楽しめる

軟らかい食事が豊富に用意されていることも、乳幼児連れには嬉しいポイントでした。おかゆやスープの他にも、焼き魚や湯豆腐など、毎回違うメニューを多く選べました。また、日によってさまざまな特技を持つウェイターが席まで来て、すぐ傍で楽器を演奏してくれたり、手品をしてくれたり、ある時は抱っこして近くを散歩してくれました。おかげで、ママはデザートまでゆっくり楽しめました。
_DSC3122
_DSC3130

荷解きが1度だけ!

クルージングでは荷解きが1度だけで済みます。寄港地では身軽なので、子連れでも移動が楽々でした。さらに宅配便を使えば、家から客室までの荷物の移動の心配もありません。帰宅時も、パッキングして部屋の前に出しておくと、自宅まで届けてもらえました。
_DSC4124

本格的なエンターテインメント

船内では終日、いたるところで本格的なエンターテインメントが繰り広げられています。バーやラウンジでは生演奏やダンスを楽しめ、シアターでは一流のエンターテイナーによるラスベガススタイルのダンスショーや、コンサート、マジックショーを鑑賞できました。息子も0歳ながら、生演奏に身体を揺らしてリズムをとったり、オシャレしてパーティーに参加したり、良い刺激になったと思います。
_DSC2988
そんな毎日を過ごしていたこともあり、最終日のイベントで、MCの方に選ばれて登壇しても、大歓声の中泣くことなく注目の的でした!乗船している子供の数が少ないため、1度会っただけでクルーザーはもちろん、一緒に乗船しているおじいちゃんやおばあちゃん、みんなが息子の名前を覚えてくれ、すれ違う度たびに名前を呼んでもらえたことも良い思い出です。
_DSC5249

いかがでしたか。
家族で海外旅行を検討している人はぜひクルージングを候補に入れてみてくださいね。

<文・写真:フリーランス記者 かつき>

この記事を書いたライター

かつきさん
narukekatsuki.jpg

2歳の男の子、2人目妊娠中のワーキングマザー!育児も家事もお仕事も副業もぜ~んぶ楽しみたい、欲張りママッ♪♪おうちじかんも旅行もお出掛けも大好きです!

かつきさんの記事一覧

関連記事

関連記事

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。