ママライフ

春から小学生なのに読み書きできない!今からできることは?


わが家の6歳の息子。小学校入学を目前に控えても、ひらがなを覚える気も、書こうとする気もまったくありません。4つ上の長女の時は、入学前に完璧だったのに…このままで本当に大丈夫?

まわりのお友達がどんどん読み書きできるようになってくると、焦ってしまうママも多いですよね。
今回の記事では、わが家が発想を切り替えて別のことに力を入れた結果、現在小1の息子が入学後にあっという間にひらがなをマスターした話をお伝えします。

文字に興味がない息子。このまま小学校入学を迎えていいの?

当時6歳だった息子は、小さい頃からじっとしているのがあまり得意ではなく、とにかく体を動かすのが大好き。長女は、4歳から文字に興味を持ち始め、小学校入学前にはひらがなの読み書きは問題なくできるようになっていました。
息子の保育園のクラスメイトも、早い子で年少から文字を書き始めていたため、「さすがにこのままではダメなのでは?」と、私も不安を覚えはじめました。

小学校入学前の冬、市販のドリルなどを買って息子と一緒に取り組もうとしましたが、本人は一向に興味をもちません。悩んだ私は、保育園の先生や先輩ママに相談しました。

「読み書きできなくても、準備できることはある」と聞いて

息子が通っていたのは、のびのび系の保育園。担任の先生は、「ひらがなは小学校で学べるので、こちらから積極的に指導はしません。しかし、本人が興味をもっている場合は、喜んでサポートします」とのことでした。
保育園での息子の様子を聞いてみると、「友達と一緒に読み聞かせにも参加しています。息子さんは絵を描くのが大好きで、絵本や図鑑を見ながらの模写が本当に得意ですよ」ということでした。

先輩ママにもアドバイスを聞いてみたところ、保育園同様、「たしかに、できないよりはできたほうがいいというのはあるかもしれない。でも、そこまで心配しなくても、小学校に入ればあっという間に覚えられるよ!」とのことでした。「どうしても不安なら、鉛筆を持つとか、指先を使うとか、読み書きの練習以外にもできることはあるよ」との助言をもらいました。

ひらがな習得に向けて、耳と指先を鍛えてみた!

保育園の先生や先輩ママのアドバイスから、「文字」そのものからは、あえて離れてみました。私が息子と一緒に取り組んだ対策は以下です。

<耳で覚える>
読み聞かせには反応しているとのことだったので、ひらがなを音で覚えることにしました。
わが家が使ったのは偕成社の『あいうえおにぎり』です。かわいい絵とともに、リズムよく「あいうえお」を学べます。想像以上に短い期間で50音の”音“は覚えられたように感じます。

<指先を鍛える>
息子の家の中での行動を見ていても、たしかに模写が好きだというのは感じていたので、カラフルな色鉛筆を与え、自由に絵を描かせるようにしました。また、手の大きさに合う子ども用ハサミで自由に工作もさせました。
色鉛筆とハサミを使い慣れておけば、文字を書く際にも指がすんなり動くようになるのではと考えたからです。

ひらがな力ゼロでも一瞬で書けるように!

入学後、国語の授業では音読とひらがなの書き取りが毎日の宿題として出されますし、連絡帳も毎日自分で書く必要があります。
息子は入学してすぐのころは、とても苦労していましたが、指先を動かすのには慣れていたことと、クラスメイトを見て「僕も頑張ろう」という気持ちになったことが影響したようで、家でも自ら進んで練習するようになりました。

その結果、なんと入学から1か月程度で、ひらがなの読み書きをすっかりマスター! 「あの時の心配は何だったんだろう?」と私も思わず拍子抜けでした。

ひらがなの先取りができなくても大丈夫! 別の力を伸ばそう

小学校入学前は、文字にまったく興味がなく、自分の名前すら書けなかった息子。しかし、耳でひらがなの語順を覚える、お絵描きや工作に取り組むことを通して、指先を鍛えたことが功を奏したのか、あっという間に書けるようになりました。

就学前の子どもが「文字を覚えない」と不安な場合は、一旦思い切って「文字」から離れるのも手かもしれません。
子どもが興味のあることを見つけ、それを生かしながら間接的にうまくサポートできそうな方法を考えてみるのも、なかなかおもしろいですよ。

この記事を書いたライター

nanahiさん

小学4年生の女の子、6歳と3歳の幼稚園児の男の子のママ。元メーカー人事で、採用・育成・労務管理など幅広く担当。夫の転勤を機に退職し、現在はフリーランスとして活動。国内・海外を子どもと一緒に旅しては、雰囲気の良いカフェに訪問するのが大好き。語学学習も趣味で、今は英語と中国語を学習中。

nanahiさんの記事一覧

 

関連記事

関連記事

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。