ママライフ

私のしかり方はNG!? 子どもの自尊心を傷つけているかも

子どもが悪いことをしているのを見たとき、思わずガミガミ叱ってしまうこと、ありますよね。私も3人の子どもを叱るときに、ついつい言いすぎてしまうことも…。
子どもの叱り方が、日本と海外では大きく異なるのを知っていますか? 今回の記事では、筆者が外国人ママ達から聞いた日本と海外での叱り方の違いや、子どもを叱る際に意識したいポイントについて紹介します。

日本の叱り方は、海外から見たら異様!?

日本では、子どもが何か悪いことをした時に、その場で「ダメ!」と叱責することが多いように感じます。特に公共の場だと「静かにしなさい」「まわりの人に迷惑がかかるでしょ」など、まわりの目を気にするあまり、子どもを意図的にきつく叱ることも。
子どもはなぜそうしたのか、理由を聞いたり、釈明する機会も十分与えられないままに叱られているようにも感じます。
これは大人になってからも続いていて、日本の会社では「上司に叱られている部下」という構図もよく見る光景です。

しかし、この「人前で叱る」というのは、海外から見たら異様なのかも。
私の友人の外国人ママ達に話を聞いたところ、「人の前で叱責することは、その人の尊厳を傷つける行為のため、決してやってはいけない」とのことでした。
アジア圏、欧米圏の友人達が口を揃えて言っていたので、「日本の叱り方って、世界から見たら特殊なの?」と、この時初めて感じました。会社で上司がみんなの前で部下を叱責することも、海外ではありえない(場合によっては、上司が退職させられる)そうで、注意するときは別室に移動しているとのこと。

また、悪さをした子どもに対して「出て行きなさい!」と言ったり、部屋にひとりで閉じ込めたりすることは、日本では古くからしつけのひとつとして容認されている雰囲気があります。しかし、海外ではこの行為が虐待と取られる可能性もあります。

では、海外では実際どのように子どもを叱っているのでしょうか? 友人のひとりが実践している方法が参考になったので、紹介します。

海外での叱り方は「他人の目がない場所」で「タイムアウト」制

子どもが悪いことをした場合、まず子どもと2人きりになるために、他の人の目がない部屋に移動します。外出中の場合は、なるべく人が少ない場所へ行きます。それは、上述の通り「自尊心を傷つけないため」です。
なお、褒めるときは自尊心を高めるために人前で盛大に褒めます。日本の場合は自分の子どもを他人の前で褒めるより、むしろ謙遜する場合が多いので、正反対ですよね。

2人きりになって、いざ叱るときには「タイムアウト法」を取ります。自分の目の届く範囲内で場所を決め(主に部屋の隅っこ)、じっと立たせる、あるいは座らせます。子どもの場合、年齢×1分程度を基準に、なぜ悪いことをしたのか、その原因は何なのか、どうすべきだったのかなど、自分自身で考える時間を与えます。
時間が来たら、子どもに自分の考えを話をさせて、それを元に親子で一緒に今後の対策を考えます。
この時、子どもの前に立って上から見下ろすのではなく、子どもと目の高さを揃えて向き合って話を聞くようにします。最後にはギュッとハグをして締めくくります。

なお、この方法は、親との意思疎通ができるようになる時期を目安にすると、2歳前後から使えるようになるとのことでした。

叱るコツは「自尊心を傷つけない」「自分で考える時間を与える」こと

友人達の話を聞いて、私自身、見習うべきポイントがたくさんあると感じました。特に「自尊心を傷つけずに叱る」、「冷静に考える時間を与える」というのは、当時考えたことがなかったので、大きな気づきでした。

ちなみに、子どもに反省させている間、常に自分の目の届く範囲で子どもを観察し、動いたら指摘するという話も聞き、なるほどなと思いました。この叱り方を知った後、わが家でも実際にタイムアウト法を使っているのですが、動かずにじっとしているのは、普段元気に動き回っている子どもにとって想像以上に辛そうでした。

タイムアウト法を取り入れてからも、残念ながらわが子を叱る機会が減ったわけではないのですが、叱るときに親子ともにひと呼吸とれるようになりました。双方が冷静に対処できるようになったという意味で、とても有効だと感じています。

もしお子さんを叱るときに思わず感情的に叱りすぎてしまうと感じるなら、今回紹介した方法を試してみてください。

この記事を書いたライター

nanahiさん

小学4年生の女の子、6歳と3歳の幼稚園児の男の子のママ。元メーカー人事で、採用・育成・労務管理など幅広く担当。夫の転勤を機に退職し、現在はフリーランスとして活動。国内・海外を子どもと一緒に旅しては、雰囲気の良いカフェに訪問するのが大好き。語学学習も趣味で、今は英語と中国語を学習中。

nanahiさんの記事一覧

 

関連記事

関連記事

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。