ママライフ

娘がいじめに!?怒りに震える私に夫が言ったひと言は


子どもが学校に通い始めると、今までとは異なる学習・生活環境にわが子が適応できているのか、楽しく過ごせているのか、と心配になりますよね。特に第1子の場合、子どもはもちろん、親にとってもすべてが初めて尽くし。私も少し緊張感のある毎日を送っていました。
そんなある日、「もしかして娘がいじめられているのでは!?」と、私自身が冷静さを失うできごとが起きました。

今回の記事では、その時の私がとった行動と、そこから学んだ教訓をお伝えします。

小学校に入学して初めて娘が泣いた日

長女は、小学校に入学してから毎日帰宅後に「今日も学校楽しかったよ!」と笑顔いっぱいで報告してくれていました。
しかし、入学から数か月が経過したある日、とても暗い表情で帰宅。気になって「どうしたの?」とたずねたところ、ポロポロと泣き始めました。
娘が絞り出した言葉は、「怖かった」のひとことのみ。

しばらく時間をおいて再度理由をたずねたところ、教室で1人ひとりが自分のイスを持って整列している時に、後ろに並んでいる男の子が、何かをきっかけにして怒り出し、イスを娘に投げつけようとしたとのことです。
娘いわく、「自分は何もしていないのに、そのような態度を取られてとても怖かった。先生もその時の状況を見ていなかった」と。

この話を聞いたとき、私は怒りに震えあがりました。
大事に育ててきた娘が、楽しく通っていた学校で初めて怖い思いをしたと聞いて、冷静でいられなくなったのです。
「ウチの子は何もしていないのに、なんでそんな怖い目に遭わされなきゃいけないの! その男の子の親はどんな教育をしているの!」

まず私は「その男の子の家に文句を言いに行かねば」と思いました(娘と学童が一緒だったので、その子の家の場所もわかっていました)。
ただし、私ひとりでは心細かったので、夫が帰ってくるのを一旦待つことに。

怒りに震える私が冷静さを取り戻すまで

夫が帰ってきて事情を話すと、夫は意外なまでに冷静でした。
「娘は自分に非はないと言っているけど、もしかしたらそうじゃないかもしれない。まずは担任の先生に相談してみよう。先輩ママにもこういうときどうしたらよいか、聞いてみたら?」

夫に諭されたこともあり、まずは連絡帳に娘から聞いたその日のできごとを記載し、先生からのコメントを待ちました。また、先輩ママたち数人にもすぐ連絡を取り、アドバイスをもらうことにしました。

先輩ママたちからは、
・決して男の子の親に直接話に行くべきではない(相手も突然のことで冷静さを失う可能性が高い)
・まずは教育のプロである先生にフォローをお願いする、それでも解決できない場合は学年主任、校長先生、教育委員会、外部機関など、順を追って対応していくとよい
と助言をもらいました。

特に、先輩ママのひとりには、「その男の子も、小学校に入学して環境が変わり、少し心に余裕がなくなっただけかもしれない。この行動がどんどんエスカレートするのか、落ち着きを取り戻すのか、経過を見守ってあげたら?」とのアドバイスが。

その言葉を聞き、自分の子どもを心配するあまり、視野が狭まっていたこと、まわりの子に気配りする(見守る)余裕がなくなっていたことに気づきました。

翌日、担任の先生からは、(列の先頭に立っていたため)その状況を見ていなかったことに対するお詫びと、
・男の子と娘、双方の言い分を聞き、今回の場合は男の子に非があった
・男の子から謝罪させ、娘もそれを受け入れた
と連絡があったこともあり、私の心も落ち着きを取り戻したのでした。

トラブルに冷静に対処できるよう、第三者の助言を求める意識を持とう


このできごとの後、先輩ママからの助言を自分なりにかみ砕いた結果、その男の子に学校や学童で会った時には、必ず笑顔で話しかけるようにしました。また、男の子の両親とも積極的にコミュニケーションを取るようにしました。
その後、娘はその男の子とも仲良く遊ぶ仲になったので、あの時見た娘の悲しい顔を再度見ることはなく、今はとても安心しています。

幼稚園や保育園とは異なり、小学校以降はどんどん子どもが親の手から離れていきます。友人同士のトラブルに巻き込まれることもあるでしょう。
だれでも、最初のトラブルには気が動転してしまうもの。そんな時は、自分ひとりでどうにかしようとするのではなく、子どもに寄り添いながら、家族で対応を話し合う、学校に相談する、先輩パパママにアドバイスをもらうなど、第三者の視点を踏まえて、最適な解決策を導くのが大切だと実感するできごとでした。

この記事を書いたライター

nanahiさん

小学4年生の女の子、6歳と3歳の幼稚園児の男の子のママ。元メーカー人事で、採用・育成・労務管理など幅広く担当。夫の転勤を機に退職し、現在はフリーランスとして活動。国内・海外を子どもと一緒に旅しては、雰囲気の良いカフェに訪問するのが大好き。語学学習も趣味で、今は英語と中国語を学習中。

nanahiさんの記事一覧

 

関連記事

関連記事

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。