ママライフ

道民から愛されている北海道のお菓子・ドリンク!お土産にも

「今年の夏は避暑もかねて北海道旅行」というファミリーに!
せっかく行くなら、地元民”どさんこ”たちに愛されているソウルフードを食べてみませんか?

北海道出身の筆者が小さい頃から愛してやまない、そしてわが家の子どもたちも北海道への帰省のたびに食べたがるソウルフード7選を紹介します。

おやつ代表:カステーラ、日本一きびだんご、しおA字フライ

まずは、子どもたちが大好きなおやつ部門から紹介します。

【カステーラ】
いわゆるしっとりしたカステラとは見た目も製法も異なります。水分を減らして長期保存を可能にした商品のため、食べてみると「普通のカステラよりもパサパサ?」と感じるかもしれません。しかし、その食感が一度食べるとクセになるんです! わが家では牛乳と一緒に食べるのが定番です。
※写真(左)は、旭川の高橋製菓が作っている『ビタミンカステーラ』です。ビタミンB1とB2が含まれていることから命名

【日本一きびだんご】
「え? 岡山じゃないの?」と思われるかもしれませんが、北海道にもきびだんごがあるんです。駄菓子屋さんで見たことがある人もいるかもしれませんね。
砂糖、水あめ、もち米などから作られており、しっかりした歯ごたえのあるのし餅というイメージです。オブラートに包まれているので、手を汚さずに食べられますよ。
※写真(中)は、七飯町の天狗堂宝船の『日本一きびだんご』

【しおA字フライ】
創業100年を超える北海道の坂栄養食品がつくるビスケットです。見ての通り、アルファベットの形にかたどられていて、小さい頃にアルファベットを覚えながら食べていた記憶があります。
1つの袋にすべてのアルファベットが揃っているわけではないので、「今回は揃うのか!?」とスリル満点で開封していました!

ドリンク代表:乳酸菌飲料『ソフトカツゲン』、ガラナ飲料

旅の途中でノドが渇いたらぜひ試してほしいのが、この2商品。

1つ目は、北海道のドリンクとして60年以上にわたって愛されている、雪印メグミルクの『ソフトカツゲン』です。
ジャンルは乳酸菌飲料。少し甘く感じるかもしれませんが、飲み心地はさわやか!

2つ目は、北海道内で多くの飲料ブランドから発売されているガラナ飲料。ブラジル原産の植物ガラナの実を使った炭酸飲料です。
最初に甘さが来て、後味はちょっと苦め。どちらかというと子どもより大人に人気があるドリンクです。
※写真のガラナは、後述の北海道のコンビニ、セイコーマートオリジナルブランドのもの

コンビニエンスストア代表:セイコーマート

北海道でコンビニエンスストアといえば、「セコマ」「セイコマ」の愛称で親しまれているセイコーマート。今では埼玉県と茨城県にも進出しています。

セイコーマートの魅力は、なんといってもオリジナル商品の強さ。北海道産の素材を生かした商品が多数とり揃えられているので、ばらまき用のお土産を買うのにも最適です。
個人的には写真の「北海道メロンソフト」が大ヒット! メロン感たっぷりなので、メロン好きの人はぜひ試してみてください。

食事代表:ぎょうざの「みよしの」

最後に食事部門として紹介するのが、ぎょうざの「みよしの」。
創業は昭和42年、北海道でぎょうざといえばみよしのの「ぎょうざカレー」を思い浮かべる人も多いです。
札幌近郊をメインに店舗を構えており、週末は子連れファミリーに大人気! わが家は主にスーパーマーケットでチルド版を買って、家で焼いて食べることが多いです。

北海道の旅のお供に最適!子どもと一緒に味わおう

紹介した商品は、どれも北海道内のスーパーマーケットやコンビニエンスストアで手に入ります。低価格なので、財布に優しいのもうれしいですね。

これらのソウルフードで、北海道旅行を新たな面から楽しむきっかけにしてみてください。

この記事を書いたライター

nanahiさん

小学4年生の女の子、6歳と3歳の幼稚園児の男の子のママ。元メーカー人事で、採用・育成・労務管理など幅広く担当。夫の転勤を機に退職し、現在はフリーランスとして活動。国内・海外を子どもと一緒に旅しては、雰囲気の良いカフェに訪問するのが大好き。語学学習も趣味で、今は英語と中国語を学習中。

nanahiさんの記事一覧

 

関連記事

関連記事

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。