ママライフ

3児の夫婦がトライ!週末のおひとり様ルール導入でイライラ軽減


子育てをしていると、精神的にドッと疲れが出ることもありますよね。私には子どもが3人いますが、特に子どもたちが未就園児の時には、突然涙が止まらなくなることがよくありました。

そんなわが家で、夫婦ともに気持ちをリフレッシュさせるために導入したのが、「週末おひとり様タイム」です。

イライラの原因は、「ひとりでリフレッシュする時間がない」から?

子育てをしていると、どんなに時間があっても足りないと感じます。

子どもたちの安全を第一に考え、気が張り詰める日々。次から次へとやってくる家事と育児。子どもたちから「ママ―!」と呼ばれるたびに、そのときやろうとしていたことを中断して対応。そんなこんなであっという間に1日は終了。夜は子どもとそのまま寝落ちしてしまうというパターンも多いです。
夫は平日は仕事で忙しく、「家事や育児にもっと協力してくれてもいいのに!」とイライラが募ることも。

そんな時、ふと、「なんで私はこんなにイライラしているんだろう?」と、その原因を考えてみることにしました。人ぞれぞれ回答は違うと思いますが、私の場合は「独身時代のようにひとりでリフレッシュする時間がない」ということに行きつきました。
自分の生活が子ども中心になるので、「自分のペースで何かをする」という機会がほとんどなかったのです。

もちろん、家族のことは大好きですが、それでも「たまにはひとりでゆっくりしたい」と思うように。

「1か月に1回、2時間のおひとり様タイムを作る」ルールを導入

夫婦でこのことについて話し合ってみました。すると、夫自身も同じような点でストレスを感じていたと分かりました。
そのため、わが家では、夫婦それぞれが1か月に1回、2時間のおひとり様タイムを作ることにしました。

これは1人目の子どもが4か月の時から実践しているのですが、なぜ2時間で設定したかというと、
・子どもの授乳の間隔を見計らうと、2時間がちょうどよかった
・2時間あれば、自分のやりたいことが比較的何でもできる
・2時間程度なら、ママがいなくても子どもが泣かない
という点からです。

なお、もしその月におひとり様タイムを使う機会がなかった場合、翌月に合算して使える仕組みも導入しています。
利用したい日にちが決まったら、最低でも2週間前には家族に伝えるようにしています。もし日にちがかぶってしまった時は早い者勝ちなので、なんだかんだで1か月以上前には日にちを決めていることが多いです。

私の使い方としては、マッサージに行ったり、気になっていたカフェでゆっくりお茶するなど、小さな子どもを連れてはなかなか行きづらい場所に出向くことが多いです。または、数か月分貯めて、学生時代からの友人と半日おでかけしたりもしています。夫は主にスポーツをしたり、バイクツーリングに行くことが多いです。

夫いわく、子どもたちは、最初は「ママが家にいない」状況にドギマギすることもあったようです。しかし、平日は仕事で忙しくなかなか会えないパパと週末にじっくり遊べるのはとてもうれしいようで(ママの目がないのをいいことに、いつもとは違うお菓子を食べたり!?)、今ではおひとり様タイムを歓迎してくれています。

わが家はまだ3人目が幼稚園児ということもあり、おひとり様タイムは今も1回2時間を継続しています。全員小学生以上になれば、少しずつ手もかからなくなってくるでしょうし、1回あたりの時間を少しずつ延ばしていけたらいいなと思っています。

夫婦の笑顔は、明るい家族を作ることを実感!


パパやママが笑顔でいれば、家族みんなが幸せな気分になりますよね。

家族はいつも全員一緒に過ごすのがよいことではありますが、パパやママもひとりの人間。わが家の場合は、「たまには週末にひとりでゆっくり過ごす時間がほしい」というので意見が合致しました。
月1回のおひとり様タイムを導入してみて、パパやママは自分の好きなことをしてリフレッシュできますし、子どもたちもいつもとはちょっと違う週末を楽しめるということもあり、家族みんなにとって有用だと感じています。私自身も、お出かけから戻ってきた後は、すっきりとした気持ちで家族とも向き合えるようになりました。

「最近、なんだかイライラが止まらない」と感じているパパやママに、少しでも参考になればうれしいです。

この記事を書いたライター

nanahiさん

小学4年生の女の子、6歳と3歳の幼稚園児の男の子のママ。元メーカー人事で、採用・育成・労務管理など幅広く担当。夫の転勤を機に退職し、現在はフリーランスとして活動。国内・海外を子どもと一緒に旅しては、雰囲気の良いカフェに訪問するのが大好き。語学学習も趣味で、今は英語と中国語を学習中。

nanahiさんの記事一覧

 

関連記事

関連記事

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。