ママライフ

子どもを狙った「エルサゲート」って知ってる?YouTube恐怖体験記


「子どもがYouTubeを気に入って、つい見せすぎてしまう」ということはありませんか?

学習要素の高い子ども向け動画も多く、見るのは楽しいYouTubeですが、使い方次第では子どもによくない影響が出てしまうこともあるかもしれません。
今回の記事では、わが家の子どもたちの恐怖体験と、そこから辿り着いたわが家なりのYouTubeとの上手なつき合い方をご紹介します。

わが家の子どもたちのYouTube恐怖体験記

わが家では、語学学習も兼ねて、英語のYouTube動画に限り、時間を決めて見せています。
ある日の午後、小学生の娘と3歳の息子が、いつも通りYouTubeを見ていました。すると、突然、小学生の娘だけが泣き出しました!

「どうしたの?」と聞いても、恐怖で何も言えません。しばらくしてから、「動画の途中におじさんが出てきて、こっちを見て何かを言っていた。今にも画面から出てきそうで、とても怖かった!」と。

実は娘が泣き出した瞬間にYouTubeを切ってしまい、その動画自体を私は確認できなかったのですが、調べてみると「エルサゲート」に当たるものだったと判明。

子どもにYoutubeを見せるなら、「エルサゲート」の存在を知っておくべき

「エルサゲート」とは、YouTube上の子ども向け動画の中に、暴力的・性的・残虐性が高いなど、子どもが見るにはふさわしくない動画が紛れ込んでいる状態をいいます。2017年頃から欧米を中心に問題になっており、最近では日本の動画にも入っていることがあるようです。
※エルサゲートとは、ディズニー映画「アナと雪の女王」の“エルサ”と、事件や不祥事などを表す“ゲート”を組み合わせた造語です

そして、さらに怖かったのが、その動画を見ても、3歳の息子は無反応だったこと。
画面から目をそらすことはありませんでしたし、「怖かった?」と聞いても、特に返答はありませんでした。ということは、誰かが気づかなければ、その映像をずっと見続けていたかもしれないのです。

今までは、子どもたちも私が指定した英語学習動画を見るだけでした。しかし、何度も見るうちに、3歳児ですらタブレット端末の操作方法を覚え、見たい動画を(英語とはいえ)自由に見られるようにしていました。親として監督不足だったと猛反省です。

動画サイト閲覧は家族のルールのもとで!上手につき合おう


今回の経験を受けて家族で話し合った結果、わが家ではYouTube Kidsを導入することにしました。
YouTube Kidsは、子ども向け動画に特化したアプリで、不適切な動画は(100%ではないですが、高い確率で)自動削除される仕様になっていたり、保護者による視聴体験管理の機能も多数用意されています。

そして、この恐怖体験の後、改めて以下のルールを設けました。

  • ・YouTube Kidsを見るときは、親の横で見る
  • ・視聴時間は1人1日30分のみ(タイマー機能あり)
  • ・通常のYouTubeを見るときは、必ず親と一緒に見る(親が検索する)

YouTubeでは学習要素の多い優れた動画もたくさんあるので、わが家では「子どもにまったく見せない」という方法はとらないことにしました。
ただ、子どもが小さいうちは、家族で一緒に見る、YouTube Kidsなど子ども専用のアプリに限る、有料動画コンテンツの活用で安全性を確保するといった対策をとることも大切だと考えました。

エルサゲートなどの不適切な動画によりお子さんが傷つくことがないよう、これを機に家族で視聴ルールを再徹底してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いたライター

nanahiさん

小学4年生の女の子、6歳と3歳の幼稚園児の男の子のママ。元メーカー人事で、採用・育成・労務管理など幅広く担当。夫の転勤を機に退職し、現在はフリーランスとして活動。国内・海外を子どもと一緒に旅しては、雰囲気の良いカフェに訪問するのが大好き。語学学習も趣味で、今は英語と中国語を学習中。

nanahiさんの記事一覧

 

関連記事

関連記事

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。