ママライフ

【共働き夫婦必見】子どもが発熱!会社を休むのはママ・パパどっち?


今春から子どもは保育園や幼稚園に入園、ママもいよいよ職場復帰という家庭も多いことでしょう。
職場復帰で代表的な心配事といえば、「保育園からの呼び出しコール」。
ある程度は覚悟していたとはいえ、いざ自分の身に降りかかると、突然会社にかかってきた電話にどう対応してよいのか困ってしまうこともあるかもしれません。

今回の記事では、10歳、6歳、3歳の子どもがいるわが家で、子どもの急な発熱や感染症に夫婦でどう対応しているのか、参考まで紹介します。この機会に夫婦で話し合い、対応策を考えてみませんか?

0歳児の年間病欠日数は20日!子どもは親が思った以上に体調を崩す

「長かった育休も明け、意気揚々と職場復帰したのに、復帰初日から保育園の呼び出しがあって、泣きそう!」
このセリフ、私のまわりで毎年春によく聞きます。
今朝、保育園に連れて行ったときには、熱なんてなかったのに!
これから重要な会議なのに!
明日は客先に出張なのに!
「なんで今なの?」が膨らみ、辛い気持ちになるかもしれません。でも、子どもが保育園や幼稚園で集団生活を始めたばかりだと、新しい環境に適応するまで、体調を崩しやすくなるのが現実です。

東京女子医科大学が2017年に発表した調査結果では、園児1人当たりのクラス別の年間病欠日数は、以下の表のようになっています。

出典:東京女子医科大学『保育園児の病欠頻度に関する研究』

個人差はありますが、0歳児だと平均20日前後休み、年齢が上がるごとに欠席回数も減っていく結果になっているようです。

わが子の場合、3人とも気管支が弱いこともあり、入園してから1年くらいは体調を崩しやすかったです。特に鼻風邪による発熱が多く、毎週のように保育園から呼び出しがあったことも。
しかし、1年を過ぎたころからその回数もどんどん減っていき、今では3人とも年に数回熱を出すかというくらいに体が強くなりました。
「子どもは親が思っているよりもずっと体調を崩しやすい」ということを、ぜひ心の片隅に置いておいてください。

「どっちが休む?」パパとママがもめないように、準備しておくことは4つ

子どもが病気で辛い思いをしているのだから、パパもママも自宅で子どもをゆっくり休ませてあげたいと思うでしょう。
しかし、夫婦ともに仕事があると、「急に休む」ことに大きな心理的ハードルを抱えてしまうことも。
事が起きてから「どっちが休む?」と悩むことがないよう、事前に準備しておくとよいポイントを4つお伝えします。

1.夫婦それぞれの職場環境の把握
・フレックスや在宅勤務など、柔軟な働き方が可能な制度があるか?
・子育てに対して、会社や職場(特に直属の上司)の理解はあるか?
を確認する。
2.夫婦間のスケジュールの共有
どうしても外せない会議や出張の日時を入力できる共通スケジュールツールを用意する。
3.(自分の職場に対して)仕事の見える化
自分が急に休んでも業務が滞ることがないよう、上司や同僚に対して自分の業務内容を常にオープンにしておく。
4.病児保育の受け入れ先の確保
夫婦どちらも休めない場合に備えて、自宅の近くで利用可能な病児保育(あるいはベビーシッターなど)をリスト化したり、親族にお願いできるようにしておく。

特に、1.については、職場の風土の違いなどもあるため、事前に確認しておきましょう。
例えば、夫自身は「子どもの病欠の時は仕事を休みたい」と思っていたとしても、職場の理解を得るのが難しくて休めないという状況も起こり得ます。
わが家の場合、第1子が保育園に通い始めた頃は、夫の業務内容的に突然休むことは難しく、とはいえ私も週に何度も休めなかったので、病児保育に毎週のようにお世話になっていました。
第2子、第3子の頃になると、夫の職場環境が変わったこともあり、協力してくれる機会も多くなりました。夫婦で半日ずつ休んで子どもの面倒をみたり、1日交替で休んだりなど、病児保育を使わずとも夫婦で乗り切れる回数も増えていきました。

また、4.について、インフルエンザが流行する時期には、病児保育にも空きがない日が続きます。わが家では、毎年この時期だけは、子どもの感染や学級閉鎖などに備えて、実家の両親に協力をお願いしています。

学校保健安全法(学校保健安全法施行規則 第18条)に、出席停止期間が定められている感染症一覧が掲載されています。事前に確認しておきましょう

「備えあれば憂いなし」夫婦協力して子どもの病気に対応しよう!


まずは、日ごろから子どもの体調には夫婦で気を配りましょう。少しでも「熱が出るかも?」と感じることがあったら、夫婦で対策を検討しておくことも大切です。事前にしっかりと準備しておけば、子どもの急な体調不良にも”笑顔”で対処できるようになります。

家庭と仕事の両立は、夫婦で試行錯誤しながら、前向きに乗り切っていきましょう!

この記事を書いたライター

nanahiさん

小学4年生の女の子、6歳と3歳の幼稚園児の男の子のママ。元メーカー人事で、採用・育成・労務管理など幅広く担当。夫の転勤を機に退職し、現在はフリーランスとして活動。国内・海外を子どもと一緒に旅しては、雰囲気の良いカフェに訪問するのが大好き。語学学習も趣味で、今は英語と中国語を学習中。

nanahiさんの記事一覧

関連記事

関連記事

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。